プロレス映画鑑賞記

プロレス映画鑑賞記について

プロレスに纏わる映画

プロレス映画鑑賞記は、プロレスにまつわる映画をみて、私が感じた事を書いてます。

対象はプロレスを描いた作品、プロレスラー(あるいは、元プロレスラー)が出演している作品にしていますが、異種格闘技戦くらいまでは範疇にいれてます。

カンフー映画は

私はカンフー映画も大好きですが、あれもこれも入れてしまうと、収拾がつかなくなるため、一部の例外を除いてカテゴライズしないようにしています。ご了承ください。

「プロレス映画鑑賞記」は、いわゆる映画批評とか考察ではなく、あくまで私の感想文です。

私がどう反応したか?

ですから一番大切なのは、作品を鑑賞して「私がどう反応したか?」だけです。

作品という刺激に対して私の心情が揺さぶられ、記憶の扉が開いたら個人的には成功です。

映画評ではない

映画評ではないので、特別どなたかにおすすめする気もありませんし、元ネタの作品を広めたいという意志もありません。

強いて言えば、作品の根幹にあるはずの「プロレス」を広めたい、という気持ちならあります。

そこは、プロレス観戦記に近い部分かもしれません。

特に理解してほしいわけではない

共にお金を払って「作品」を観る、読みとくという作業で、プロレスと関わっているからです。

一番解説めいた内容になっている「音楽徒然草」も根幹にあるものは同じつもりで記事を書いています。

特にそれを理解してほしいわけでもなんでもありません。

根っこにあるのは

ただ、書いてる自分が飽きないように、一見するとバラバラなようなテーマで駄文を書き連ねてますが、根っこにあるのは皆同じなのです。

ブログ「せかぷろ」では様々なカテゴライズした記事がありますが、根っこにあるのは、私のプロレスに対する執着に近い愛情です。

プロレス=幅広い、けど

プロレスというジャンルの特異性から、かなり幅広い分野を「プロレス」と定義づけられる可能性があります。

最近見られる「お約束ごとありきのやりとり」=「プロレス」というのは、あまりに視野の狭い見方で、私的にも好きな比喩ではありません。

視野は広げすぎないように

だからと言って「あれもプロレス、これもプロレス」としてしまうと、自分でも訳がわからなくなるでしょう。

カンフー映画をカテゴリーから除外したのは、そういう側面もあるのです。

そのため、あまり裾野を広げすぎないように注意はしているつもりです。

[プロレス映画鑑賞記] 怒れ!力道山(1956年日本:上映時間・82分)
[プロレス映画鑑賞記] 片腕カンフー対空とぶギロチン(原題:獨臂拳王大戦血滴子・1975年香港・上映時間85分)
[プロレス映画鑑賞記] ミル.マスカラスのゴング2(1981年メキシコ・原題: EL ROBO DELAS MOMIAS DE GUANAJUATO:上映時間:90分)

サイトマップ
せかぷろ=運営者情報せかぷろの由来はじめまして、プロレス“ザ・モンスター”ハラダです。本来だと、ブログとかTwitterアカウントは、ブランド的に統一した方がいいのですが、気が付いたら「sekapro」も結構長寿なブログになってしまったん






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました