プロレス謎試合

チャンネルせかぷろ
YouTube「チャンネルせかぷろ」について全てのプロレスが・・・2020年に世界を襲った「コロナ渦」は、プロレスファンのライフスタイルをも大きく変えていきました。振り返ってみると、2月末までは普通に観戦できて、三月...

不穏試合とは

「プロレス謎試合」では主に不穏試合を取り上げています。不穏試合とは、まずレスラーがルールを無視して、ガチンコの勝負を挑んだ試合、あるいは事故ともいえる内容になってしまった試合というのが定義されるんではないだろうかという風に私は考えています。

要するにお客さんを無視して勝手に試合を進めてしまった結果、つまらない試合になってしまったものを含めて不穏試合になるのではないでしょうか?

プロレスではない

プロレスっていうのはお客さんあってのものですので、個人的な感情が先走りすぎて相手しか見えていない、相手のことを潰してやろうというものが優先されてしまうとこれはもうプロレスではなくなってしまうんです。

そういった私怨が過ぎてしまう試合をお客さんの前で見せていいものかどうかということに関して言うと疑問が残るわけです。

酒の肴には

ただ不穏試合というのは非常に謎が多いということもありまして、酒の肴にするのには非常にうってつけなのです。

プロレスファン同士が酒場でワイワイ言いながら「本当はああだったんじゃないだろうか」とか「こうだったんじゃないだろうか」と言いながら酒の肴にするには良い題材ではあったりするんですよ。

ところが、不穏試合だけをただ一人でずっと見てそれをアウトプットする機会がないということになるとかなりきついんですね。

ものすごく疲れた

私自身実はコロナ渦における1度目の自粛期間中にこの不穏試合というものを立て続けに見ることになりました。

それは動画を作ってくれと言うリクエストがあったから、ずっと見ていたんですが、さすがにですね立て続けに見るとものすごく疲れました。

不穏試合は「これはああだったんじゃないだろうか?こうだったんじゃないだろうか」という風にしてワイワイ騒いで想像するのが楽しいわけなんですね。

いろいろ削られるので

それをいわば手足をもがれた状態で、ひたすら見ていくっていうのは、拷問に近いものがありました。

ですから不穏試合というのは、本来あってはならないものなんだなぁというのはこのとき改めて思い知らされたんです。

個人的には不穏試合の記事はいろいろ削られるので、あまり多く書いて行く気にはなれないですね。

[不穏試合] プロレス謎試合~自分はこうみた!~#2神取しのぶ(現・神取忍)vs.ジャッキー佐藤
[不穏試合] プロレス謎試合~自分はこうみた!~#1力道山対木村政彦
[不穏試合] プロレス謎試合~自分はこうみた!~#3前田日明vs.アンドレ・ザ・ジャイアント

マイストーリー
怒り、苦しみ、破壊し、創造する!「プロレスモンスター」のマイストーリー七歳くらいから死にたい人間だった自分はいらない人間私、こう見えて七歳くらいからずっと死にたいと思ってきました。二歳くらいの時から「長男だから」「お...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました