*

YouTube「チャンネルせかぷろ」について

YouTube「チャンネルせかぷろ」について

全てのプロレスが・・・

2020年に世界を襲った「コロナ渦」は、プロレスファンのライフスタイルをも大きく変えていきました。

振り返ってみると、2月末までは普通に観戦できて、三月からぼちぼち中止が目立ちはじめ、春先の非常事態宣言を契機に、全てのプロレスがなくなるという事態を経験しました。

巣ごもりではじめた

今でこそ配信が新しいスタイルになり、生観戦を補完する形でプロレスライフを楽しんでおりますが、2020年の春は一部を除いて全くなかったですからね。

そこで、ふと動画に手を出してみようと思ったのです。これは私だけでなく他の方々もそうだったようですが、コロナ渦による巣ごもりでYouTubeをはじめたプロレスファンは多かったようですね。

BLOGの「YouTube」版

そこで、BROG「sekapro」のYouTube版として誕生したのが「チャンネルせかぷろ」でした。文章に関しては多少ノウハウがあったものの、動画は全くの未知の領域でした。

誰からも習うことなくいちから試行錯誤しながら作っていく作業は、楽しかった反面、大変でした。

文章化もした

最初はカメラを回して「あーでもないこーでもない」としゃべっていたんですが、途中からきちんと台本を作って、それにそって喋るようにしていきあした。

その台本として書いた部分を改訂して、文章化したのが「私的プロレススーパースター烈伝」の記事群です。

遺言・終活のつもりで

動画を初めてから、しばらくはコメント欄も解放していたんですが、ちょっとでも間違うと容赦なく矢のような指摘もくるし、最初は知らないプロレスファンとの交流ができればと甘い考えでいた私のもくろみは、大きく打ち砕かれました。

そんな中にあっても、まだ私が動画にこだわっているのかというと、肉声で自分の体験を遺しておきたい想いがあったからです。ようするにプロレスファンとしての「終活」、もっといえば「遺言」のつもりではじめたのです。

自分のプロレス観を

受取り手がどう思うとかより、自分のしたいことを優先したいと思ったので、コメント欄も閉鎖しました。遺言ですから、内容に関して言えば受取り手の意図に沿う必要はないですからね。

2021年の「チャンネルせかぷろ」は結局、2020年にあげた動画の修正がメインになりましたが、一段落したら自分のプロレス観を語っていく動画を中心にあげていく予定です。需要はまったくないですが、自己満足でやっているので、私の気が変わらない限りは、この路線で行こうと思っています。






follow us in feedly

更新日:

執筆者:sekapro

『FREEDOMS vs がむしゃらプロレス 対抗戦』

Copyright© sekapro , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.