8年半の体験談を告白しちゃいます。もとカーディーラーセールスマンの体験談ブログ 車庫証明の豆知識

8年半の体験談を告白しちゃいます。もとカーディーラーセールスマンの体験談ブログ(47) 車庫証明の豆知識(7)

今回は車庫証明のお話の「軽四」編です。軽自動車は車庫証明が必要な地域と不要な地域があります。

軽自動車の車庫証明の届出は、東京や大阪の中心から30km圏内にある市、県庁所在地の市、人口10万人以上の市などが車庫証明の届出が必要な対象地域になります。

車庫の新規届出・変更届出をしない場合、又は虚偽の届出をした場合は、10万円以下の罰金が科せられます。

山口県ですと、下関市・山口市・宇部市・徳山市・防府市・岩国市が。福岡県ですと、北九州市・福岡市・久留米市・大牟田市が対象になります。山口県の場合、適用地域は、平成12年6月1日現在の6市(岩国市、徳山市、防府市、山口市、宇部市、下関市)で、それ以降に合併した地域は適用地域外ですので、手続の必要はありません。山口県警のホームページによると、

 ・岩国市(旧美和町、美川町、錦町、周東町、玖珂町、由宇町、本郷村を除く)
 ・徳山市:現周南市(旧新南陽市、鹿野町、熊毛町を除く)
 ・防府市
 ・山口市(旧小郡町、秋穂町、阿知須町、徳地町、阿東町を除く)
 ・宇部市(旧楠町を除く)
 ・下関市(旧豊浦町、豊北町、菊川町、豊田町を除く)

となっております。

私が勤務していた時代には、軽四を扱っていなかったのですが、実は軽四の車庫証明の申請手続きは、普通車の車庫証明の申請とほとんど変わりません。

軽自動車の手続きの場合は、車庫証明の申請(保管場所届出制度)が必要な地域と、必要でない地域があるので、軽自動車を所有する場合などは予め調べておく必要があります。都市部の場合は、ほとんどの軽自動車の所有者は車庫証明(保管場所の届出)が必要となります。

軽自動車の車庫証明の申請は、ナンバーの取得後に届け出ることが、普通車と手続きの流れが違います。軽自動車の車庫証明の届出は、「ナンバー取得後15日以内に届けでること」とされいているので注意が必要です。

軽自動車の車庫証明の場合、普通車との違いは、「自動車保管場所証明書」が普通車に必要なのに対して、軽自動車は、「自動車保管場所届出書」がその代わりに必要となるだけです。

軽自動車の車庫証明の届出に必要な書類である「自動車保管場所届出書」は警察署の窓口又はインターネットよりダウンロードする事ができる地域もあります。

軽自動車の車庫証明の申請の場合は自動車保管場所届出書の必要な記入箇所を埋め提出する必要があります。保管場所標章交付申請書の必要記入箇所に記入して警察署へ提出します。自認書は、車庫証明の申請の際に自分の所有する土地を車庫として申請する場合に使用します。保管場所使用承諾書は、必要箇所に記入し警察署へ書類を提出します。

警察署で、車庫証明を申請する際に確認のために「電気・ガス等の公共料金の領収書」、「消印のある郵便物」、「住民票」、「運転免許証」など自動車の使用の本拠の位置が確認できる物が必要となる場合があります。代理人が車庫証明の申請を行う場合は、それら確認書類のコピーが必要です。

以上が軽四の車庫証明の取り方になります。

my-story-car
%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%89%80%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc





follow us in feedly

-8年半の体験談を告白しちゃいます。もとカーディーラーセールスマンの体験談ブログ, 車庫証明の豆知識