8年半の体験談を告白しちゃいます。もとカーディーラーセールスマンの体験談ブログ 車庫証明の豆知識

8年半の体験談を告白しちゃいます。もとカーディーラーセールスマンの体験談ブログ(46) 車庫証明の豆知識(6)

車庫証明の保管場所使用承諾証明書は、自分の土地以外の場所を車庫として車庫証明の申請を行う場合に必要な承諾書です。保管場所使用承諾証明書は、月極等で駐車場を借りている場合は、駐車所の管理会社もしくは大家さんに必要箇所に記入してもらいます。

ただ、私は体験したことがないのですが、調べてみたら駐車場の大家さんや管理会社によっては、保管場所使用承諾証明書の記入に手数料として、何千円か請求される場合も有るそうです。もし、保管場所使用承諾証明書を作成してもらえない場合は、駐車場の契約書のコピーを保管場所使用承諾書に添付して使用します。

書き方ですが、まず保管場所の位置を書き、申請する駐車場の住所を記入してください。次に使用者の欄に、申請する本人の正式な住所と氏名と電話番号を記入してください。電話番号は自宅の電話番号を記入してください。自宅に電話がない場合は、携帯の番号でもOKです。

車を停める土地の所有者の方にサインをもらってから、何も書いてなければ 自分で現在の日付から3年後の現在の日付を記入してください。この欄は、土地の所有者の方が書かれる場合があります。土地の所有者の方に 記入してもらって押印しなければならないようになっていると思われますので、そのようにしてください。アパートやマンションの場合は、管理人さんに土地の所有者が誰か聞いてみてくださいね。駐車場が自分の家でも土地の名義が仮にあなたのお父さんだとしたら、もちろんあなたのお父さんに直筆で記入してもらってください。土地の名義が市や県などの場合、電話帳をめくって担当の部署を調べて連絡してみてください。

保管場所使用権疎明書面(自認書)は、すごく簡単に書けます。申請する駐車場が申請する本人の土地の場合ですから、「今日の日付(記入した日)」と 申請する本人の「住んでいる家の住所(現住所)」と、「電話番号」と「氏名」を 本人の直筆で記入して押印してください。印鑑は、認印でかまいません。

以上が「保管場所使用承諾証明書と保管場所使用権疎明書面(自認書)」の書き方です。

車庫証明の書類は以上で完成です。窓口でOKがでたら証紙を買って貼り付けて終了です。あとは指示された日に、受け取りに行けば大丈夫です。

いかがでしたか?結構面倒くさいでしょ?時間に余裕があるのであれば、ご自分で書かれるのをお勧めしますが、正直私のような経験者でも今書け、といわれたらかなり面倒くさいですから、車買った業者に丸投げしちゃうかもしれないですね。

my-story-car
%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%89%80%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc





follow us in feedly

-8年半の体験談を告白しちゃいます。もとカーディーラーセールスマンの体験談ブログ, 車庫証明の豆知識