8年半の体験談を告白しちゃいます。もとカーディーラーセールスマンの体験談ブログ 車を買う時に気をつけておきたい10のポイント

8年半の体験談を告白しちゃいます。もとカーディーラーセールスマンの体験談ブログ(35)車を買う時に気をつけておきたい10のポイント(5)

最近は車を長く乗るユーザーも増えてきました。私もディーラーを退職してからは長く乗るようになりました。そもそも自家用車で営業させるディーラーのある意味いい餌になっていたことへの反発があったのですが、正直最近の車は燃費以外には魅力を感じないもので、買い替えたいという気持ちも起きないわけです。まあ若者の車離れとかいうことで若者の消費ばかりが取りざたされてますが、別に初老であろうとなんであろうとつまらないものはつまらないですから、買いたいとは思わないわけです。中学生の頃が一番純粋に車が好きだったなあと今では思いますが、いったんプロの世界を知ってしまうとやはり単純に好きだけではない、複雑な思いがありますね。

そういうことで最近は足代わりとして優秀であれば正直なんでもいいとさえ思うようになりました。ですから外見よりは長く目にするであろう室内デザインの方に目が行くということで、まあそこそこのものが付いていればオプションもいらないかなとさえ思っています。ところがまあ最初から外せないものはさておき、本当に欲しくもないオプションをつけてまで買うの?というところが今回の主題になります。

よく新車購入の虎の巻とかを目にすると「オプションをつけてもらった方が得」ということが書いてあります。しかしあなたが本当に必要でほしいと思わなければ、実はいらないオプションはつけなくてもいいのではないかと思います。私が働いていた時分には、内装ですと高級スピーカーとかをのせたり、オーディオにこだわってみたりというお客さんも多かったのですが、今ではそこまで音質にこだわる人もあまり見かけないようになりました。そもそも車を重くするいうことは肝心かなめの燃費を得歩くすることでもあります。ましてや最近ではMP3くらいの音質で皆さん満足されているようだし、昔ほど室内をオーディオルーム化する人も少なくなったのではないかと思います。

ですから強いて必要だと思うなら足下マットくらいはあってもいいけど、ほかは極端な話、いらないと考えてもいいでしょう。よく宣伝に出てくるナビだって、今ではスマホで位置情報を追跡してルートが出るんですから、あってもなくてもいいかなとさえ思います。

そう考えていくと、あなたにドレスアップの趣味でもない限りは極めて実用的な目で車選びをした方がいいのかなと思ったりもします。昔のコンセプトカーの市販車だったセラみたいに夏場はとても乗っていられないとかいう車だったら、まあ通勤兼用とかいう使い方はありえないことです。そういう意味ではつまらないけど、車が必要なら足代わりと割り切って、デザインより実用性を重んじたほうが後々後悔しなくていいかもしれないですね。

 

my-story-car
%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%89%80%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc





-8年半の体験談を告白しちゃいます。もとカーディーラーセールスマンの体験談ブログ, 車を買う時に気をつけておきたい10のポイント