8年半の体験談を告白しちゃいます。もとカーディーラーセールスマンの体験談ブログ あなたの車の値段はどうやって決まる?

8年半の体験談を告白しちゃいます。もとカーディーラーセールスマンの体験談ブログ(2) あなたの車の値段はどうやって決まる?PART2

2016/08/31

*査定で意外と重要な「色」

こんにちは。カーブロガーのcocoro.haradaです。

私は昭和62年に日本最大メーカーの看板を掲げたディーラーに入社しました。このブログはそこから8年半働いた私の体験談を主に綴っていきます。折々に実際にハンドルを握ったクルマのレビューもお伝えしていこうと思います。

本日はクルマの値段を決める重要ポイントについてお話します。

クルマの買取値段を出す際に、車種・走行距離・年式が必要だということは、査定・買取のコマーシャルで散々流れていますので、もしかしたらこれをお読みのあなたも、一度くらいは耳にされたことがあるのではないでしょうか?もちろんこれだけだとCMがいっているように「だいたいのお値段」しかわかりません。これを見積もりといいます。より正確な値段を出すためには、あなたがそれ以上の情報を開示して、査定を受ける必要があります。では査定に必要なポイントとは何でしょうか?

細かく言っていくといっぱいあるので、今回は一つに絞ってお話します。今回のポイントはずばり色です。今でこそ街中を色とりどりの車が走るようになりましたが、30年前はとある色が絶対的な割合を占めてました。

さて、その色とはなんでしょう?次の3つから選んでください。

(1)白
(2)グレー
(3)黒

あなたはおわかりになりましたか?

ちなみにこれはあなたが好きな色を聞いている質問ではありません。どの色の車が中古車として売りやすいかというお話なんで、そこは頭に入れておいてくださいね。





*売りやすかった白

では正解です。

答えは・・・・

そう、(1)番です。白なんですね。

ではなぜ白が売りやすい色なのか?をこれから説明していきましょう。

白がなぜ売りやすいか?主に理由は3つあります。

(1)万人受けする無難な色だから
(2)傷が目立ちにくいから
(3)塗料(タッチペイントなど)が安いから

(1)の万人受けする無難な色だから、という理由ですけど、30年前は「白い車に乗っておけばとりあえずOK」みたいな風潮さえありました。まあ新車売り上げでベスト10に入る車のほとんどが白だったような時代でしたから、中古車も必然的に白が多くなるわけです。

ではなぜ個性的な色がNGなのか?答えは簡単です。オンリーワンだと売れないからです。例えばあなたが個性的で、街を走ると誰もが振り返るようなちょっと個性的な色の車に乗っていたとしましょう。問題はその色を好む人の割合が、あなた以外にどれくらいいるかという話なんです。

もちろん色的にも車的にも気に入っていて、「私はこれを乗りつぶす」という意思が堅いのであれば、私は特にとめもしません。しかし、今後下取りとして、あるいは転売をお考えなでしたら、私なら個性的な色はお勧めしません。

こういう個性的な色のクルマのユーザーさんは色だけでなく、本人も個性的だったりするので、営業マン的には非常に苦労させられます。一番難儀なのは頑なに「自分の色の基準は絶対だ。この色の車が売れないはずがない」あるいは「色をいいわけにして、高く売れないのはセールスマンの腕が悪いんだ」とか思っていらっしゃる方が少なからずいることですね。

もしその個性的な色が絶対的基準だったのであれば、街中はその色の車であふれかえっているはずです。しかし個性的な色だからこそ街を走ると道ゆく人に振り返ってもらえるのですから、世の中的にも個性的で珍しいということが証明されていると思います。それだけその色を好む絶対数が少ないのですから、当然買ってくださる方を探すのも至難の業になります。これはセールスマンの腕でどうこうできる問題ではありません。たとえば影響力の強い有名芸能人が同じ色の車に乗っているとかして、一時的にブームになったりすることはあるかもしれませんが、あくまで一時的なものです。

むしろ同調圧力の強い日本人は遠くの芸能人をまねるより、近所のご主人のセンスをまねるケースの方が圧倒的に多いのです。以前、試乗されたいというお客様のところに試乗車(白)をもっていったところ、それを見に来た隣のご主人に、同じ車種の同じ色の車をお買い上げいただいたことがあります。それくらいクルマの白というのは影響力ももっているのです。

(2)傷が目立ちにくいからという理由は、これも重要なポイントです。傷が目立ちにくいというのは、査定に大きく反映されます。自分の運転が荒くてこすったりぶつけたりというのは論外ですが、一番気が付かないでやっちゃうパターンは、メタリック系の色のクルマを洗車機にかけてしまうことですね。今はもちろん機械も進化してますので、昔ほどひどくはないでしょうけど、それでも有人のガソリンスタンドでいまだに手洗いの有料サービスが存在している以上、絶対傷がつかない保証はどこにもありません。メタリック以外だと、黒も傷の目立つ色ですね。ちなみに最初に出したクイズで、白の次にグレーをあげたのですけど、これは傷の目立たない順でもあったりします。ですから白の次に売りやすい色はグレーなんですね。それでも白よりは傷が目立ちますけど。

ちなみに私は、8年半のディーラー生活の中で、一番うまくなったのが洗車でした。自分が売った分だけでなく、トップセールスマンの納車も手伝っていましたから、1000台とまではいかないにしても数百台の新車を手洗いで納車してきているので、今でもそこら辺のスタンドで働いているお兄ちゃんよりはうまい自信もあります。もっとも若いころと違って無理がきかない分、最近はさぼりがちですけど、洗うときは絶対自分の手で洗車しています。ディーラー時代から数えても様々な車に乗ってきましたが、洗車機にかけたマイカーは一台もありません。これは自分的に誇れるところですね。

30年前と違い、今は塗装もけた違いに進歩してますが、それでも傷がつくときには傷がつきます。本人責任かどうかは微妙なところですが、保管場所によっても左右されます。たとえば海っぺりにとめていることが多いと、潮風にやられて目に見えないような小さな傷から、錆が出たりすることもあったりします。もしあなたが海沿いにお住まいでしたら、こまめな洗車をお勧めします。もしくは屋根付きシャッター付きの車庫に、愛車を入れておくかですね。

(3)の塗料(タッチペイントなど)が安いから、というのも結構重要なポイントですね。

30年前は絶対的な地位にあった白ですから、当然タッチペイントや塗料自体もたくさん作られていました。またメタリック系の特殊な色はどうしても塗料自体の値段も高く、また生産量もそう多くないので、白と比べると補修に時間がかかったりします。また白は塗り斑が目立ちにくいという点も大きいですね。あくまでも「遠くからみたら」という話なんで、近づけば見えちゃいますけど、走っている分はそう問題ないのも大きいと思います。

個性的な色の車というのは、いろいろ手間もお金もかかることが多く、その手間を惜しまないで、なおかつ査定に出しても、それほど高くはなんだという認識をもっている人だけが乗っていいものだと私は思っています。





*奇抜な色は飽きられる

なお、余談ですが、新車のコマーシャルとか、各種モーターショー、あるいはディーラーの展示車両などにはかなり派手な色が使われていることがあります。これは商品のイメージとして絵作りしやすいようにしていることが多くあるためでもあります。ディーラーという現場にいたので、CM効果でそうした色が売れないわけではないことは承知してますが、その効果はそう長持ちはしません。やっぱり売れ線の色に落ち着くというのをどのモデルも例外なく繰り返していますね。

また突飛な色というのは買ってしばらくはテンションもあがっていいものなのですが、5年7年と長く乗ってくるとさすがに新鮮味はなくなります。そういう意味では白というのは非常に無難ではあるのですが、売れるだけの理由があるということなんです。

最後に私が働いていた時からすでにあったことですけど、白系でもメタリック系やちょっとクリームがかったような色、あるいはパール色といった白だけど白でない色の車があります。これらは実をいうと白としては扱われません。今はどうなっているかはわかりませんが、30年前に私が営業に持って歩いていた査定表にもしっかり色を記載する欄があり、明確に記すように教わってきました。

ちなみにパール系やメタリック系の色は当然ですが、傷も目立ちます。

ですから、売りやすい色というのはあくまで純粋に、その車のメーカーが白と定めた色の車だけといって間違いないと思います。

いかがでしたか?

もっとも白色は清潔感が演出しやすかったからという理由で、特に家電に多く採用されたのだとも言われてますが、近年では必ずしも白物家電が白い色をしているとは限らないらしく、白色がラインナップされていない機種も少なくないそうです。

ただ、今回は個性的な色がお好きなあなたには少々つらい話だったかもしれません。また人間はクルマではないのでオンリーワンがむしろ称賛もされますけど、機械ものの場合はオンリーワンが足を引っ張ることが多々あるのです。

クルマも家電もそうですが、基本長く使う機械ものですから、あなたがどんな色を選ばれるにしても買って後悔だけはしないよう、慎重に選んでくださいね。






-8年半の体験談を告白しちゃいます。もとカーディーラーセールスマンの体験談ブログ, あなたの車の値段はどうやって決まる?