[プロレスブログ] プロレス的発想の転換のすすめ(112)心の境界線とプロレス

[プロレスブログ] プロレス的発想の転換のすすめ

プロレス的発想の転換のすすめ(112)心の境界線とプロレス

[プロレスブログ] プロレス的発想の転換のすすめ(111)自己評価とプロレス
プロレス的発想の転換のすすめ(111)自己評価とプロレス自信がないと今回は自己評価とプロレスのお話です。自信がない人は仕事でもプライペートでもチャンスを逃しがちになります。負のスパイラル私がズバリこのタイプで、なかな...

心の境界線

今回は心の境界線とプロレスのお話です。

「自分以外の外界」とを区別する「心の境界線」ができていると、「踏み込まない」「踏み込まれない」人間関係が築けて、精神状態は安定します。

苦しい気持ち

しかし、境界線があいまいだったりぼやけたりしていると、大きなストレスをまともに受けてしまい、苦しい気持ちに苛まれることになります。

プロレスファンを長くやっていると、プロレスラーとの付き合いというものも自然に発生してきます。

大変重要

最近はレスラーとファンの距離を敢えて近くする団体も多くあります。

ここで、心の中の境界線を考えることは大変重要です。

客観的に考えてみる

そのときの感情がどうであるかを感じることや、自分と相手との関係を客観的に考えてみること。

そして、自分と相手との関係を客観的に考えてみることで、自分の中の問題解決に向けて動き出す事ができるからです。

自分なりのルール

「相手に良く思われたい」と思うより、「そこに心を砕くことで、大切なものを犠牲にしていないだろうか」と振り返り、自分なりのルールを設ける姿勢が自身の心を大切にすることにもなっていきます。

私も初期の頃は確かにレスラーと繋がれるということで、すごくテンションがあがったことも覚えています。

自制したかった

しかし、レスラーになろうというぐらいの人って、基本的に「面倒臭い」ということに後々気が付いてくると、だんだん距離を置くようになっていきました。

あと、選手に言われるがまま、グッズ等を買い続けていると、自宅がとんでもない事になりますし、そこは自制したかったのです。

なるべくひっそりと

今でもどちらかと言うと、選手から自分を覚えてもらえないように、なるべくひっそりと息を潜めております。

それでも観戦記などを書いていると、どうしても目立ってしまうものだから、選手から見つかってしまうこともあるわけです。

ファンとしては、かえって

それを羨ましがられるというのは正直不本位ではあるのです。

確かに選手と繋がれるというのは特典かもしれませんが、繋がることで裏側をたくさん見すぎてしまうと、プロレスファンとしては、かえって楽しめなくなってしまうのです。

相手の尊重にも

自分としてはなるべく選手関係者とは距離を置きたいな、と今は考えています。

心の境界線は、「ここまで」と具体的に決めておくことが自分を守り、相手の尊重にもなっていきます。

過度な犠牲の上に成り立つ関係性は、決して健全とはいえないと私は思うのです。

発想の転換のすすめ
プロレス的発想の転換のすすめについて書き出した2つの理由「発想の転換のすすめ」記事を書き出した理由は大きく分けると2つあります。一つは、ハラダのプロレス 観を文章にしたいという気持ち、もう一つは、40代に心理カウンセラーとし...
プロフィ―ル~MY STORYについて
プロフィ―ル~MY STORYについて自分が何者かを紹介自分が何者かを紹介するのに、自分のブログ「せかぷろ」ではめちゃくちゃ長いプロフィールを載せています。それくらい語れる内容があるからこそ長いんですが、長すぎて読まれな...







d払いポイントGETモール

タイトルとURLをコピーしました