[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 スターサイクル(ワールドプロレスリング次期シリーズ予告BGM)

[プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草

プロレス的音楽徒然草 スターサイクル(ワールドプロレスリング次期シリーズ予告BGM)

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 Olympicは火の車
プロレス的音楽徒然草 Olympicは火の車面白すぎるスポーツ番組の登場!今回は入場テーマ曲ではないのですが、ワールドプロレスリングのオープニング曲に使用されていた「Olympicは火の車」をご紹介します。ワールドプ...

次期シリーズ予告

今回は、1980年代のワールドプロレスリングで、次期シリーズ予告のBGMとして使用されていた、ジェフ・ベックさんの「スター・サイクル [Star Cycle (Hammer)]」をご紹介します。

私はそれほど音楽に詳しいわけではないのですが、ちょうどこの時期に洋楽を聴き始めた事もあり、この曲でジェフ・ベックさんを知りました。

3大ロック・ギタリスト

ジェフ・ベックさんは、日本では、エリック・クラプトンさん、ジミー・ペイジさんと並ぶ3大ロック・ギタリストの一人とされています。

イギリス生まれのジェフさんは、12歳になるとジュニア・アート・スクールに通い始め、ギターに目覚めます。

自作のギターで

当初はギターが高価で手に入れられず、自作のギターで演奏していたそうです。

16歳になると通っていたアートスクールを退学し、バンド活動の傍ら、ギタリストとして様々なセッションにも参加していきます。

フュージョンギタリストへ

アートスクールでは、ジミー・ペイジさんとも出会っており、ジミーさんの紹介で、ヤードバーズというバンドのギタリストとしてデビューします。

当初はロックギタリストとして活動していましたが、次第にフュージョンギタリストへと移行していきます。

フュージョンブーム

フュージョンとは、1970年代初頭にに発生した、ジャズを基調にロックやラテン音楽、電子音楽、時にはクラシック音楽などを融合(フューズ)させた音楽のジャンルです。

ちょうど「スター・サイクル [Star Cycle (Hammer)]」が発表された1980年ごろは、日本でもフュージョンブームがおきており、その波に乗って「スター・サイクル [Star Cycle (Hammer)]」もよく流れていた記憶があります。

華やかなりし時代

「スター・サイクル [Star Cycle (Hammer)]」は、ジェフさんにとってはソロ3枚目となるアルバム「ゼア・アンド・バック(There and Back)」の一曲目に収録されています。

80年代といえば、まだプロレス中継も華やかなりし時代で、次期シリーズ用の煽りVなども番組中で流れていました。

空前のブームに

入場テーマ曲を最初に手がけた国際プロレスや、「スカイ・ハイ」でプロレスに入場テーマ曲を根付かせた全日本に比べると、新日はやや遅れを取っていたのです。

そんな中、80年代に入り新日本が空前のブームになってくると、ワールドプロレスリングも入場テーマ曲に力を入れてきました。

猪木さんと藤波さんにも

異種格闘技戦から芽生えた友情により、モハメド・アリさんから贈られた「アリボンバイエ」をカバーして、1977年に「炎のファイター 〜INOKI BOM-BA-YE〜」がアントニオ猪木さんのテーマ曲となりました。

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 炎のファイター INOKI BOM-BA-YE
プロレス的音楽徒然草 炎のファイター INOKI BOM-BA-YE今まで避けてきた今回の音楽徒然草は、今まで避けてきた「炎のファイター」です。ずっと以前にジャイアント馬場さんの「王者の魂」は取り上げたのですが、猪木さんの「...

そして、一番弟子の藤波辰巳(辰爾)さんにも、1978年にオリジナルテーマ曲「ドラゴンスープレックス」が与えられるなど、徐々に陣容が整っていきました。

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 ドラゴンスープレックス
プロレス的音楽徒然草 ドラゴンスープレックス実は二種類ある!基本的にマイナーどころのネタが尽きてきたため、そろそろメジャーどころも扱っていこうと思い、今回は藤波辰爾さんの「ドラゴンスープレックス」をご紹介したいと思います...

カセットテープにも

そんな新日本黄金期に、次回予告ながら「スター・サイクル [Star Cycle (Hammer)]」は、存在感を放つ曲として、当時のプロレスファンの記憶に刻まれました。

私ごとですが、今は亡きブルースブロディ氏からいただいた、プロレス入場テーマ曲を集めたカセットテープにも「スター・サイクル [Star Cycle (Hammer)]」が入っていました。

ブルースブロディ氏との奇妙な縁

ブルースブロディ氏との奇妙な縁

1月10日に

そんなスターサイクルを生み出したジェフ・ベックさんですが、細菌性髄膜炎を患い、2023年1月10日にお亡くなりになられました。

亡くなられる直前まで意欲的に音楽に取り組まれていたそうで、2020年4月16日、ジョニー・デップさんとコラボした「孤独」をニュー・シングルとして公開されています。

哀悼の意を

ベックさんの訃報には多くの音楽関係者、ファンが哀悼の意を示しました。

私はいちプロレスファンですが、友人との想い出に刻まれているスターサイクルは、欠かす事のできない名曲です。

ジェフ・ベックさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

プロレス的音楽徒然草
プロレス的音楽徒然草についてものがたまりやすいプロレス観戦記は、自分でブログの核にしたいという気持ちがあったんですが、プロレス入場テーマ曲記事「プロレス的音楽徒然草」に関して言うと、そこまで能動的な理由はありませんでした...
プロフィ―ル~MY STORYについて
プロフィ―ル~MY STORYについて自分が何者かを紹介自分が何者かを紹介するのに、自分のブログ「せかぷろ」ではめちゃくちゃ長いプロフィールを載せています。それくらい語れる内容があるからこそ長いんですが、長すぎて読まれな...







d払いポイントGETモール

タイトルとURLをコピーしました