[プロレス用語辞典] (ハ行) ベビーフェイス

せかぷろ

[プロレス用語辞典] (ハ行) ベビーフェイス

[プロレス用語辞典](ハ行) プロレス記念日
(ハ行) プロレス記念日プロレス記念日今回は「プロレス記念日」を取り上げます。1953年7月30日、プロレスラーの力道山が中心となり、日本プロレス協会が結成されました。それに由来する記念日です。公式に暦で使われているプロレス...

元々は幼顔

今回のプロレス用語辞典は「ベビーフェイス」です。

ベビーフェイス(Baby Face)は元々、幼顔という意味があります。

主な意味

ベビーフェイスの主な意味としては

①童顔、赤ちゃんのようにあどけない顔
②プロレスで善玉役のレスラー
➂ベビーではないが、ベビーに見える顔

という3つがあります。

英語圏では

プロレスにおけるベビーフェイス(Babyface)は、ギミック上の、プロレス興行のストーリー上の善玉として振舞うプロレスラーやチームのことです。

日本では「ベビー」と略されることが多いのですが、英語圏では「フェイス」と略すのが一般的なんだそうです。

対義語として

対義語として悪玉のヒール(Heel)が存在します。

[プロレス用語辞典](ハ行) ヒール
(ハ行) ヒール怒らせる立場今回のプロレス用語辞典は「ヒール」です。ヒール(Heel)は、プロレス興行のギミック上、悪役を務めて、観客や視聴者を怒らせる立場のプロレスラーのことを指します。元々はスラングヒールは、...

主にアメリカンプロレスではこの区分がハッキリしていて、片方がベビーフェイスなら、もう一方はヒールを演じる事が多くあります。

業界のスラング

プロレスにおけるベビーフェイス(Babyface)は、プロレス興行のストーリー上の善玉として振舞うプロレスラーおよびプロレスラーのチームという意味があります。

ベビーフェイス、および対義語のヒールは、元々アメリカのプロレス業界のスラングです。

「正義」対「悪」

それが日本にもたらされて用語として定着したものです。

ヒール同様、プロレス興行において「正義」対「悪」という観客がわかりやすいアングルを展開していく上で欠かせない存在です。

勧善懲悪的な考え

団体の看板レスラーは、通常ベビーフェイスのレスラーが務めます。

これは、プロレスの古くからのストーリー展開である勧善懲悪的な考えから、悪役を前面に押し出し過ぎないようにするためです。

ダークヒーロー

近年ではヒール的側面を維持したまま、ベビーフェイスとなったレスラーも少なくありません。

これは個人的にヒールというより「ダークヒーロー」的なとらえ方をした方がいいのかもしれません。

スーパーベビーフェイス

キャリアのすべて、ないしほとんどの期間をベビーフェイスとして活動している選手は「スーパーベビーフェイス」と呼ばれます。

日本でいうと、藤波辰爾選手や棚橋弘至選手らが「スーパーベビーフェイス」に相当します。

フェイスターン

また、ヒールのレスラーがベビーフェイスに転向することを「フェイスターン」と呼びます。

日本では「ベビーターン」「ヒールターン」と呼ばれる場合が多くあります。

団体の看板として

フェイスターンは新たなストーリーを展開する上で行われたり、ヒールとして人気が出てきたレスラーを、団体の看板として売り出すことを目的として行われます。

ベビーターンは、新日本プロレスでいうと、レインメーカー・オカダカズチカ選手、ヒールターンはHOUSE OF TORTUREに移籍したSHO選手がそれぞれ相当します。

メキシコでも

最近ははっきりと「善玉転向」「悪玉転向」という形をとらず、「気が付いたらそうなっていた」パターンも多いように思います。

なお、メキシコのルチャリブレでは「ベビーフェイス」は、「リンピオ」もしくは「テクニコ」と呼ばれ、「ヒール」は「ルード」と呼称されます。

こちらも、ルード的役割がダークヒーロー化しており、昔ほどはっきりした役割は薄れつつあります。

プロレス用語辞典について
プロレス用語辞典について用語辞典を作った意味プロレス観戦歴も長くなると世間の常識と自分の常識が著しく乖離する場面に多々遭遇するようになりました。とはいえ、観戦記や通常の記事でいちいち説明していたら、本文が長くなりすぎて収拾が...
プロフィ―ル~MY STORYについて
プロフィ―ル~MY STORYについて自分が何者かを紹介自分が何者かを紹介するのに、自分のブログ「せかぷろ」ではめちゃくちゃ長いプロフィールを載せています。それくらい語れる内容があるからこそ長いんですが、長すぎて読まれな...







d払いポイントGETモール

タイトルとURLをコピーしました