[プロレス用語辞典] (ハ行) ハードコア ・レスリング

せかぷろ

[プロレス用語辞典] (ハ行) ハードコア ・レスリング

[プロレス用語辞典] (ナ行) ノーDQマッチ
(ナ行) ノーDQマッチノーDQマッチとは今回のプロレス用語辞典は「ノーDQマッチ」です。「ノーDQマッチ」とは、英語のNo Disqualification Matchの略です。資格剥奪Disqualificat...

過激な試合を特徴とする

今回の用語辞典はハードコア・レスリングです。

ハードコア・レスリングは、プロレスにおける一種の形態を表す名称で、過激な試合を特徴とするプロレスを指します。

スリリングさをアピール

ハードコア・レスリングのルールとして、凶器の使用などの反則裁定が一切なく、またリングに限らず、どこでも決着がつけられるルールを主としています。

これは観客にスリリングさをアピールする狙いがあります。

わけられて考えられる

デスマッチもハードコア・レスリングの範疇に含まれますが、日本においては、デスマッチのほうが、危険度の高いルールや状況下で実施されることがほとんどなので、ハードコアとはわけられて考えられています。

デスマッチファイターの雄である、プロレスリングBASARAの木高イサミ選手は「突き刺さる利器を使うのがデスマッチ」、「椅子やラダーがハードコア」と区分しています。

エクストリーム

また、デスマッチが盛んな大日本プロレスでは「反則カウントがあり、指定された道具を使うことができるルール」がデスマッチ、「反則カウントがなく、レフェリーが特に危険とみなしたもの以外使うことができるルール」がハードコアという分け方をしています。

DDTやGCW、TNAのように、高度な空中技なども合わせた類似の区分「エクストリーム」が設けられているケースもあります。

FMWがルーツ

ハードコア・レスリングの歴史は遡ると、フレッド・ブラッシー選手らが繰り広げていた流血試合まで行きつきますが、現代のスタイルが確立されたのは、1990年代の日本になります。

それは、1989年に創設されたFMWが、過激なデスマッチを売りにしたことに起因しています。

大日本の登場

そして1995年に誕生した大日本プロレスは、画鋲、蛍光灯、炎などの小道具をふんだんに用いて、FMWを凌ぐほどの過激な試合を世に送り出し、台頭していきました。

アメリカでは、IWAミッドサウスが1997年から「キング・オブ・ザ・デスマッチ」というトーナメント戦形式の大会を開催しています。

フィラデルフィア

続いて1999年のコンバット・ゾーン・レスリング(CZW)誕生、そして20世紀終盤に、初期のFMWから着想を得たことで生まれたECWが有名です。

CZW、そしてECWはともに本拠を置いた場所が、フィラデルフィアでした。

メキシコでも

こうしたことからか、フィラデルフィアを「ハードコア・レスリングの聖地」と表現する場合もあります。

ハードコア・レスリングは、このようにアメリカと日本で盛んにおこなわれていますが、メキシコでも2001年にハードコアスタイルを取り入れたX-LAWが旗揚げされています。

プロレス用語辞典について
プロレス用語辞典について用語辞典を作った意味プロレス観戦歴も長くなると世間の常識と自分の常識が著しく乖離する場面に多々遭遇するようになりました。とはいえ、観戦記や通常の記事でいちいち説明していたら、本文が長くなりすぎて収拾が...







d払いポイントGETモール

タイトルとURLをコピーしました