[プロレスイベント] 私的プロレスイベントレポート・殿の宴!inがむしゃら ~小倉の夜は激しくバキュ~ン!~

[プロレスイベント] 私的プロレスイベントレポート

私的プロレスイベントレポート・殿の宴!inがむしゃら ~小倉の夜は激しくバキュ~ン!~

(2012年7月8日(日)21時~23時・プロレス居酒屋がむしゃら)

[プロレス観戦記] プロレスリングFREEDAMS「小倉 西の聖地化計画第二弾」北九州パレス大会
プロレスリングFREEDAMS「小倉西の聖地化計画第二弾」北九州パレス大会観戦記(2012年7月8日:北九州パレス)前日までの梅雨曇りはどこへやら。晴天に恵まれていい天気になった。やっぱ外出するならこういう日がいい^^何と前...

基本はずれなし

最近この手のイベントには参加してなかったんで久々参戦。前回も楽しかったし殿の宴には基本はずれがない^^

今回参加選手は殿(佐々木貴)、SUSUMU、HIROKIの三選手が参戦とあったが、まず殿がいきなり今や九州のTVスターになったがむしゃらプロレスの鉄生さん(実は密着取材されたものがこのあいだ放送されたばかり。オチはもう公開してるけど一応簡単に説明しておくと・・・・

もう一度

好きな女の子にリング上から鉄生さんが告白して「ごめんなさい」される内容。ちなみに現場に自分もいました)を呼びつけ「俺、あの時(巌流島)いたんだけど(自分の試合の後で)おぼえてないんだよ」というと、この日試合を終えて帰ってきた久保さんがさっと再生する手はずを・・・・

ということで殿の横に座らされた鉄生さんとみんなでもう一度番組を見ることに。

テンション高い

まあゴールデンタイム放送とはいえ九州地区限定放送なんで殿はむろん初見。そのせいかやたらテンションが高い殿^^

そして件のごめんなさいが出ると店内大爆笑。知ってて見てもやっぱ面白いわ。

無茶ぶり

でも実はこの後「お友達から」ならということで番組はめでたしで終わってるのだが殿は「友達なら今日きてないの?じゃ今から電話しろよ」といきなり無茶ぶり。

その口の重い鉄生さんからなんとか「その後」を執拗に聞き出そうとする殿。ついに「水族館にいって食事した」ことまで聞き出すことに成功。「それでどうなった?」と目を輝かせて聞く殿に鉄生さんの返事は・・・「かえりました」・・・

殿の反応も

「お前!中学生のデートじゃね―んだからよ!」と笑いながら怒る殿^^フリーダムだなあ^^

でも鉄生さんにしてみればそれが精一杯だったとは思うんだけど^^よくやったと思う^^まあでも殿の反応ももっともだし・・・^^

シークレットゲスト

さて宴が進むとなんとシークレットゲストで高岩選手も参戦!これはびっくり!やっぱ圧力が違うというか、

半端ない存在感!なごやかでにこやかにしてるんだけどやっぱ新日育ちはものが違うというか・・・でも盛んに「貴にはよくしてもらっててこうして皆さんが集まってくれるのも貴の人望があってのことだと思います」といってらした。

気に入っている参戦

FREEDAMS参戦は本人も気に入ってるらしい。でもやっぱ先輩なんで特に最年少のSUSUMU選手あたりはやたら気を使っていた^^

で高岩選手提供の高岩Tシャツをめぐってじゃんけん大会をやったら2枚中1枚をなんとがむしゃらレスラーのYASUさんがあててしまった。

盟友の活躍を

後で本人に聞いたら滅茶苦茶よろこんでいた。仕事終わりで飛んできた甲斐があったというもの^^

実はこの日かつて高岩選手が所属していたゼロワンでかつての盟友大谷が20周年記念大会をやっていたのだが最初「ゼロワン?」という感じで興味しめさなかった高岩さんがいざサムライでその試合が流れると真剣に見始めた。

翌日は上海へ

やっぱ同期だから気になるのかな?相手もテンコジなんで勝手知ったるとばかりに「こうきたらこうくるよな」とか「小島まだ全日のイメージ残ってるよな」とかいってたんだけど試合展開がだんだん予想外の方向にいきだして田中が小島に勝つと「あれ?そうきたか」と驚いていた。まあ、こういうリラックスできる場所ならではの光景だろう。

そんな高岩選手実は翌日早朝からなんと別団体(多分猪木さんのとこ)のオファーで上海にいくという。かなり早朝に空港にいかないといけないのに割と遅くまで付き合ってくださった。

初凱旋では

最後写真とサインをお願いしたとき「これからもFREEDAMSをよろしくお願いします」といわれた。結構感動した!

終盤なぜか飛び入りで小川内選手もきて「久々九州で試合できてうれしかったです」とあいさつ。あ、初凱旋じゃなかったんだ。でも舌の音も乾かぬうちにシークレットベースのチケット売ろうとしていた^^

たっての希望で

そうなんだよな。ヤマダもそうだけど小川内選手も微妙に都市部から遠いところの出身なんで自団体で小倉や博多で興業うつのは難しいんだよなあ。伝え聞くところではヤマダの初凱旋時は相当チケットさばくの苦労したみたいだし^^

今回はそういう事情もあってなんとか地元で試合がしたかった小川内選手のたっての希望での参戦だったようだ。

カットしても

締めは殿が「こういう場を設けていだけたことは自分たちの力だけでできたことではありません。がむしゃらの皆さん、ここに集まって下さった方々のおかげでできたと思ってます。また第3弾、第4弾と続けてかならず小倉をFREEDAMSの西の聖地にしたいと思います!」と謝辞を述べて解散となった。

いや~料理もうまかったし、書けない話も山ほどあったけどそれカットしてもこれだけ内容濃かったんだから本当参加してよかった^^ありがとうございました!

私的プロレスイベントレポートについて
私的プロレスイベントレポートについて各種イベントのレポートプロレスイベントレポートは、もともとプロレス観戦記としてあげていた、プロレス関連の各種イベントのレポート(書けるやつ限定)を独立させたものです。イベントの種類をざっく...







d払いポイントGETモール

タイトルとURLをコピーしました