[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草Dynamite(AEWダイナマイトのテーマ)

[プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草

プロレス的音楽徒然草Dynamite(AEWダイナマイトのテーマ)

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 Tarzan Boy(高野拳磁のテーマ)
プロレス的音楽徒然草 Tarzan Boy(高野拳磁のテーマ)大型新人として今回は野良犬の異名で、90年代インディシーンを席巻した高野拳磁選手の入場テーマ曲、バルティモラ(Baltimora)の「Tarzan Boy」を取り上げ...

プロレス中継のテーマ

今回はアメリカのプロレス団体オール・エリート・レスリング(AEW)が制作し、TBSで放送されているプロレス中継「ダイナマイト」のテーマ曲「Dynamite」のご紹介です。

今回は翻訳ツールを使いながら、拾った情報がほとんどなんで、ところどころ間違っているかもしれません。わかり次第随時直していきます。

「No One Hero」とは

Dynamiteは、「No One Hero」というアーティストの名義で2019年に発表されています。各ストリーミングサービスや、アップルストア、Amazonなどでもダウンロード購入が可能です。

「No One Hero」は、AEWの音楽担当で、レコーディングアーティスト 、テレビ映画・ビデオ ゲームの作曲家でもあるMikey Rukusさんの別名、もしくはアーティストネームのようです。

はじまりは

公式に「No One Hero」のTwitterとYouTubeがあることは確認できています。

AEWダイナマイトは、2019年4月、AEWと契約したプロレス実況アナウンサーであるジム・ロス氏によって、2時間のライブショーを行うテレビ番組として放送を計画されたのが、はじまりです。

ジム・ロス氏とは?

ジム・ロス氏は、プロレス団体WWEの経営戦略部門の副社長を務め、WWEの看板番組の実況を担当していたことで知られ、WWEではたびたびレスラーと抗争も繰り広げました。

2013年、WWEを退社すると、2015年1月4日、新日本プロレスの「WRESTLE KINGDOM 9 in 東京ドーム」において、北米のPPV放送の実況アナウンサーも担当しています。

毎週水曜放送

さて、AEWダイナマイトは、最初アメリカTNTで2021年まで放送されましたが、2022年からTBSへ移動しています。

基本は現地時間の毎週水曜放送です。

ランペイジとダークも

またAEWダイナマイトではAEW RampageとAEWダークも同時収録されています。

前者は日本時間土曜昼にFITE(少し遅れて日本語版がNJPW WORLDで配信中)、後者は翌週水曜日朝にAEW公式YouTubeチャンネルで配信されています。

導線番組

「ダイナマイト」は基本、有料のPPVに至る導線番組であることには違いないのですが、結構な大物が突如登場したり、第一試合にビッグネームが登場することが通例となっていたりします。

個人的にはこの「Dynamite」は番組オープ二ングを飾るに相応しい、戦いのはじまりを想起できる名曲だと思っています。

末永く番組で

WWEなんかですと、結構煩雑に番組のテーマ曲を変えたりしますが、私的には番組のイメージに合っているなら、なるべく変えないでほしいと思っている人間です。

ですので、今後もできたら末永く番組で「Dynamite」が聴けると嬉しいですね。

プロレス的音楽徒然草
プロレス的音楽徒然草についてものがたまりやすいプロレス観戦記は、自分でブログの核にしたいという気持ちがあったんですが、プロレス入場テーマ曲記事「プロレス的音楽徒然草」に関して言うと、そこまで能動的な理由はありませんでした...







d払いポイントGETモール

タイトルとURLをコピーしました