[プロレスイベント] 私的プロレスイベントレポートDDTレスリングとんこつ打ち上げ(2011年6月12日)

[プロレスイベント] 私的プロレスイベントレポート

私的プロレスイベントレポートDDTレスリングとんこつ打ち上げ

(2011年6月12日:プロレス居酒屋がむしゃら)

[プロレスイベントレポート] 私的プロレスイベントレポート・全日本プロレス小倉大会打ち上げ(2011年5月27日)
私的プロレスイベントレポート・全日本プロレス小倉大会打ち上げ(2011年5月27日:プロレス居酒屋がむしゃら)貸し切りの文字全日本の小倉大会終了後、後片づけで残るがむしゃらのみなさんに礼をいって徒歩で来た道を戻っていった。...

たっぷり汗かいて

博多から小倉に戻ったのが16時半。

[プロレス観戦記復刻版] DDTレスリングとんこつ 2011(2011年6月12日)
DDTレスリングとんこつ 2011(2011年6月12日・日・博多スターレーン)イントロダクションこの日は朝から雨。早朝の用事をすべてかたづけて、軽い昼飯食って外出。案外すいすいと小倉入りしたが、この時期は修学旅行シーズン。だか...

まだ早いよなあと思いながら、しばらく雨の中小倉駅周辺を散策。

最近雨続きで満足に歩いていなかったせいか、たっぷり汗かいていい運動になった。

これだけ歩くんだったら

多分大日終わりでマスターたちはお帰りだろうと思っていたのであまり早くいってても無意味だからだ。

でもこれだけ歩くんだったら総合展示場停めるのは無駄だったなあ。昭和町にとめればよかった。

服薬の関係で

まあ仕方ないんで展示場に戻って車を出して、昭和町へ。

ここでもまだ19時前。ただあまり遅い飯は身体によくないんで19時にはがむしゃら入りして早めに飯食おうと思っていた。服薬の関係もあったし。

足の負傷で

また昭和町から小金町あたりをプラプラ。もう天気は大分よくなっていたのであちこち歩いていたらさすがに疲れてきたのでがむしゃらにチェックイン。

先に戻られていた晴シェフから来店予定だった大石選手が足の負傷で来られない事を知る。やはりか・・・残念だが仕方ない。

スーパーJrの決勝

まあ、でもたまたまサムライでスーパーJrの決勝を再放送していたので見ながら(ほとんど画面にくぎ付けだった^^)私にしては遅い夕飯をいただくことに。

運よく最初の方からみられたんでJrのレジェンドタッグも見たし、ヘビー級の絡みはもちろん、この日のトーナメントの準決勝から決勝まで見ることができた。

試合があると

飯伏は、こんな過酷な闘いをしてきたのか。唖然茫然しながら見てると第一陣でブル健さんご一行が到着。

いや、やっぱ試合があるとみんな見ちゃうよね。

永田のはじけっぷり

しかし後藤のコスはいくら若武者っていっても機能性を著しくそがれた感があるんで、あれじゃ上にはいけないぞ。

そして年々はじけて壊れてる永田のはじけっぷりが潔い。アマレスエリートで黙っててもチャンカン制覇しちゃう実力者なのにちゃんと棚橋をたてている。

棚橋はまあもとからうまいんだけど。

試合を見ていたら

飯塚見てたら対AKIRA戦がみたくなった。まあこの日放送があったかどうかは定かではないが。

・・・てな感じで試合見てたらあっという間に2時間は軽く超えていた。普段こんなに時間かけて飯食わないんだが^^

ご一行到着

そうこうしてる内にDDTの選手ご一行が当着!!

今回は以前も来られたマイケル、ケニー選手に加え、何とピンチヒッターで男色先生登場!!!!!これは意外だった。

出た人たちと一緒に

席についてしばらくは談笑していたがすぐ画面のスーパーJrの方にくぎ付けになる3選手。

はからずもスーパーJrに出た人たちと一緒にスーパーJr決勝を見るという贅沢な会が始まってしまった。

本音が見えた瞬間

で、飯伏を見てる男色先生の目がマジだったんだよなあ。それはリング上で獲物をねらってる目ではなくあきらかにプロレスラーとしての目。

三田佐代子さんがツイートしてた通り「悔しくないといったらウソになる」という男色先生のレスラーとしての「本音」が見えた瞬間だった。

ちゃんと見えてる

なんってことを感心しつつ試合を追っていくとこれが凄いのなんのって!!!

なんか見てもいないように空を翔る飯伏だが三選手によると「ちゃんと見えてる」らしい。

いや、どんだけだよ!

神がかっていた

田口もすげえが飯伏は神がかっていた。

ところがこれでハッピーエンドになるのかな・・・と思ったんだがそうは問屋が下ろさない。

マイケルさん!

祝杯をあげる飯伏に寄り添う形でマイケルさんがいたのを見つけた男色先生「中澤さん!なんであそこにいるんですか?しかもシリーズ全戦戦い抜きましたって顔して!あなた関係ないでしょ?なにあのドヤ顔?」と突っ込みまくる先生^^

まあ確かに飯伏よりめだってはいたなあ。さすが男色先生見逃さないなあ。 あわててマイケルさんは釈明開始。

おいしいところを

「いや、自分は遠慮したんですよ。でも三田さんに乾杯に加わってっていわれて。自分、断ったんですよ」と説明するも画面にはどう見てもドヤ顔マイケルが^^

なんかこういうところでおいしい所をもっていくマイケルさんってある意味すげえなあと^^

宴開始

そうこうしてる内にマスターはじめ皆さんが帰ってきて一通り飲み物がいきわたった所でマイケルさんの乾杯の音頭で宴開始!

でもここから先は・・・・・・

書けない話

一切書けません!!あまりにも凄い話が連発して、男色先生にも書かないようにとくぎさされたので・・・・というより良識があったら口にもできんわ!

しかし死ぬほどおかしくて死ぬほど笑わせてもらいましたがね^^

ファンサービスに徹して

でも三選手とも本当ファンサービスに徹していてやっぱすごいなあと思った。

男色先生はツーショットでこれぞという人の唇を奪いまくっていたし^^本当なごりおしかったけど。各選手と写真をとってもらって会は無事終了。

人間の奥深さ

はしょったけど実は会話しながら女子プロ評やニアライブの全日やらかなり濃いプロレス談義もしてたんですよ^^

でもメインの話があまりに濃すぎて^^あ~あれは・・・・・・ある意味人間の奥深さを思い知らされた。本当人生勉強になった。

帰路に

またしても12時まわってしまったんで笑い死にそうで疲れ果てたんで、清算すませて、しばらくして三々五々で解散。帰途に就いた。

飯伏の決勝がみられたのは思わぬ副産物だったが、満足のいく濃い一日でした。関わって下さった全ての皆さんに感謝します。ありがとうございました。

私的プロレスイベントレポートについて
私的プロレスイベントレポートについて各種イベントのレポートプロレスイベントレポートは、もともとプロレス観戦記としてあげていた、プロレス関連の各種イベントのレポート(書けるやつ限定)を独立させたものです。イベントの種類をざっく...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました