[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 PEPSI MAN

[プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草

プロレス的音楽徒然草 PEPSI MAN

せかぷろのエース

今回は90年代末に北九州でひっそりと旗揚げされた謎の団体「世界のプロレス」におけるエース選手だった「コーラ・パワーズ」のひとりペプシ・ボーイのテーマ曲だった「PEPSI MAN」のご紹介です。

[プロレス用語辞典] (サ行) 世界のプロレス
(サ行) 世界のプロレス2つの意味今回の用語辞典は「世界のプロレス」です。「世界のプロレス」には大まかに分けて2つ意味があります。プロレス番組と団体①1984年10月20日から1987年3月までテレビ東京系列局で放...

おおもとのペプシマンとは1996年に日本のCMに登場した、コンピューターグラフィックによるキャラクターです。

アメリカでは

コンピュータグラフィックスの制作はアメリカのインダストリアル・ライト&マジックが担当していましたが、アメリカでは使用されていなかったため、ほとんど知名度がありませんでした。

公式設定ではNASAが研究していた謎の宇宙金属が意思を持って活動をはじめ、近くにいた研究員が飲んでいたペプシコーラと融合してペプシマンが誕生したとされています。

ドジでマヌケ

ペプシマンは正義のヒーローですが、かっこよさが15秒以上続かないため、ドジでマヌケな面があり、親しみやすいキャラクターとしてCMで表現されました。

このCMが人気を集め、シリーズ化されたのです。

JAMES&GANG

そのときにバックで流れていたのが、JAMES&GANGが演奏する「PEPSI MAN」でした。

JAMES&GANGは1966年オハイオ州クリーブランドで結成された、アメリカのハードロックバンドですが、結成当初からメンバーの入れ替わりが激しかったようです。

一貫してなかった

1971年に出した三枚目のアルバム「Thirds」から二曲のヒットが出て、ゴールドディスクとなりました。

しかし、リーダーが脱退したり、一旦解散した後にまた再結成されたりと、バンド活動も音楽性も一貫していなかったようです。

無許可でパクった?

ちなみに現在も時折再結成して演奏などをしているようです。

さて、世界のプロレスに登場したペプシマン・・・いや、ペプシ・ボーイはこのCMキャラクターであるペプシマンを、おそらく無許可でパクったと思われるマスクマンでした。

[プロレス観戦記復刻版]・99.6.5世界のプロレス中間大会
99.6.5世界のプロレス中間大会観戦記オープニング当日券を買ったのだが、当然席種はいい加減。このあたりは旗揚げ戦ですでに体験済み。というかむしろ「こうでないと」セカプロではない。なので委細かまわず最前列に陣取った。まず...

聖水パフォーマンス

強いてオリジナルのペプシマンとの共通項をあげるとしたら、ドジでまぬけなところでしょうか?

今でもはっきり覚えていますが、1999年の小倉北体育館での旗揚げ戦のメインで、リングの周囲を囲んだファンに対し、ペプシ・ボーイは大仁田厚ばりの聖水シャワーパフォーマンスをしようとしました。

ペプシの勇姿

しかし、口が覆われたマスクの構造と、口に含んだのが水ではなく、コーラだったため、リング上でペプシ・ボーイはむせてしまい、パフォーマンスは失敗に終わりました。

今でもこの曲を聴くと、あのときのペプシ・ボーイの「勇姿」が脳裏に浮かんで、思い出し笑いをおいさえられないのです。

プロレス的音楽徒然草
プロレス的音楽徒然草についてものがたまりやすいプロレス観戦記は、自分でブログの核にしたいという気持ちがあったんですが、プロレス入場テーマ曲記事「プロレス的音楽徒然草」に関して言うと、そこまで能動的な理由はありませんでした...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました