[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 約束の橋(三沢光晴のテーマ)

[プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草

プロレス的音楽徒然草 約束の橋(三沢光晴のテーマ)

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草スパルタンX
プロレス的音楽徒然草スパルタンX本編の中では今回は故・三沢光晴選手の入場テーマ曲としてあまりに有名なスパルタンXのご紹介です。スパルタンXはいうまでもなく、ジャッキー・チェンの同名映画のタイトル曲なんですが、実はスパルタ...

約束の橋

今回は、三沢光晴さんが、二代目タイガーマスクから、素顔になったばかりの頃に使用されていた、佐野元春さんの「約束の橋」です。

実は、「約束の橋」が入場テーマ曲として使われていた事実を、私は長いこと知りませんでした。

スパルタンX以外

後年有名なスパルタンXに至るまで、三沢さんは、映画「惑星大戦争」のサントラ曲や、アニメ「メガゾーン23PART II」のサントラ曲「レッド・ゾーン・ファイター」、そして佐野元春の「約束の橋」を使用していたのです。

「約束の橋」のオリジナル版は、佐野さんのアルバム「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」の先行シングルとして、1989年4月21日に発売されています。

自身を励ますために

当時スランプに陥っていた自身を励ますために書いた楽曲です。

自己を鼓舞するために作られた楽曲が、巡り巡ってプロレスの入場テーマ曲になるというのも、縁を感じずにはいられません。

調べがつかず

アルバム「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」に収録されたバージョンと基本的に同じですが、曲冒頭のカウントがカットされています。

「約束の橋」は、1992年にフジテレビ系「二十歳の約束」の主題歌となったため、ボーカルなどをレコーディングし直して再リリースされています。

残念ながら、三沢光晴さんが使用した「約束の橋」のバージョンがオリジナル版か、アルバム版か、再レコーディング版かは調べがつきませんでした。

サウンドストリート

今回「約束の橋」を取り上げたかったのは、1978年11月23日から1987年3月20日までNHK-FMで放送された「サウンドストリート」の事を書いておきたかったからです。

特に私がよく聞いていた1980年代は、月曜・佐野さん、火曜・坂本龍一教授、水曜・甲斐よしひろさん、木曜・山下達郎さん、金曜・渋谷陽一さんという布陣でした。

プロレス入場曲にも

このうち、音楽評論家・編集者である渋谷さんを除く月〜木はミュージシャンで、しかもプロレス入場テーマ曲に関わっているのです。

(月)「約束の橋」(佐野元春)…三沢光晴のテーマ
(火)「“カクトウギ”のテーマ」(坂本龍一&カクトウギセッション)…全日本プロレス引き分けのテーマ
(水) 「HERO(ヒーローになる時、それは今)」…ハイパーミサヲのテーマ

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 HERO(ヒーローになる時、それは今)(ハイパーミサヲのテーマ)
プロレス的音楽徒然草 HERO(ヒーローになる時、それは今)(ハイパーミサヲのテーマ)愛と平和を守るニューヒーロー今回は「東京女子の愛と平和を守るニューヒーロー」ハイパーミサヲ選手の初代テーマにして、2021年1月現在も再度使用...

(木) 「クリスマス・イブ」(山下達郎)…全日本プロレス最強タッグ最終戦武道館大会エンディング(達郎さんは他の曲も使用歴あり)

こんな感じです。

当時のリスナーとしては

甲斐さんを除くと、使用歴は全日本プロレスで占められていますね(笑)

しかし、後年サウンドストリートのメンバー達が、こんな形でプロレスに関わるとは思ってもいませんでした。

それゆえに、当時のリスナーとしては非常に感慨深い思いでいっぱいなのです。

プロレス的音楽徒然草
プロレス的音楽徒然草についてものがたまりやすいプロレス観戦記は、自分でブログの核にしたいという気持ちがあったんですが、プロレス入場テーマ曲記事「プロレス的音楽徒然草」に関して言うと、そこまで能動的な理由はありませんでした...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました