[プロレスアルバムレビュー] NJPWグレイテストミュージック CLASSIC

[プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草

[プロレスアルバムレビュー] NJPWグレイテストミュージック CLASSIC

[プロレスアルバムレビュー] 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージック 50th. SP
新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージック 50th. SP40周年記念アルバムの方が・・・「新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージック 50th. SP」は、新日本プロレス50周年を記念して10年ぶりに...

大好評?

大好評の「NJPWグレイテストミュージック50th.SP」に続く、新日本プロレス旗揚げ50周年記念アルバム第2弾!

と、Amazonにある。

星五つが68%

見ると、確かに前回はなぜかあの出来で星5つが68%もある。

これを持って「大好評」としときたいんだろうな。

辛辣なコメントも

しかし、Amazonのレビューも下の方まで読むと、結構ユーザーが辛辣なコメントを寄せているのがわかる。

全員が満足しているわけではないのだ。

JOE版ドラゴンスープレックス

さて、今回は50周年記念版第二弾。

クラシックと題して、前回批判を浴びたであろう、猪木、坂口の両巨頭をはじめ、初CD化となるJOE版「ドラゴンスープレックス」などが収録されている。

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 ドラゴンスープレックス
プロレス的音楽徒然草 ドラゴンスープレックス実は二種類ある!基本的にマイナーどころのネタが尽きてきたため、そろそろメジャーどころも扱っていこうと思い、今回は藤波辰爾さんの「ドラゴンスープレックス」をご紹介したいと思います...

そこしか褒めるところが

しかし、ぶっちゃけていうなら、この「NJPWグレイテストミュージック CLASSIC」は、そこしか褒めるところがない。

不満な点は大きく二つある。

不満な二点

①前回同様、テーマ曲に田中リングアナのコールを被せている

②かつて「新日本プロレススーパーファイターのテーマ」に収録されている倍賞リングアナのコールを流用している

同じ愚を

①については、前回のレビューであれだけ言った

[プロレスアルバムレビュー] 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージック 50th. SP
新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージック 50th. SP40周年記念アルバムの方が・・・「新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージック 50th. SP」は、新日本プロレス50周年を記念して10年ぶりに...

にも関わらず、またこのアルバムで同じ愚を犯している。

選手コールが

ここのスタッフは何も学んでいないのか?

幸いJOE版「ドラゴンスープレックス」には「無事」だったが、なぜか坂口征二、スタン・ハンセン、アンドレ・ザ・ジャイアント、タイガー・ジェット・シン各選手のテーマ曲には、選手コールが被せられていた。

ウエスタン・ラリアートには

確かにハンセンといえば、現在では「サンライズ」のイメージが強いし、引退後新日にハンセンが登場しても「サンライズ」が流されてはいる。

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 サンライズ
プロレス的音楽徒然草 サンライズ三曲合体の入場テーマ今回は、スタン・ハンセン選手が全日本プロレス時代に使用していた「サンライズ」のご紹介です。プロレス入場テーマ曲には、割と原曲改変…というか、今風にいえばリミックス?悪く...

しかし、「NJPWグレイテストミュージック CLASSIC」に収録されている「ウエスタン・ラリアート」は、とある名勝負と切っても切れない関係にあるのだ。

伝説の田コロ決戦

それは、1981年9月23日に東京の田園コロシアムで行われた対アンドレ・ザ・ジャイアント戦である。

ハンセンはアンドレをボディスラムで投げた史上5人目のプロレスラーとなった。

名勝負となった肉弾戦

新日本に来日していた、巨漢外国人トップレスラー同士による肉弾戦は、名勝負として今も長く語り継がれているのである。

この試合でハンセンが入場テーマ曲にしていたのが「ウエスタン・ラリアート」なのである。

大切な想い出

古いファンにとっては、名勝負と共に記憶されている大切な思い出なのである。

記憶違いでなければ「ウエスタン・ラリアート」は「NJPWグレイテストミュージック CLASSIC」で初CD化されたはず。

強い憤り

にも関わらず、こうした形で世に出されたことに、私は強い憤りを感じる。

くどいようだが、私はリングアナのコールに関しては「聴きたい派」である。

曲とは別!

しかし、それは「曲とは別」にしてほしいのだ!

そして、②のように、全部が田中リングアナのコールではなく、部分部分「新日本プロレススーパーファイターのテーマ」から、倍賞リングアナのコールを抜き出しているのもポイントが低い点である。

オール新録でも

確かに倍賞リングアナは、2017年にご逝去されたため、新録できないのは私だってわかっている。

しかし、坂口、ハンセン、シン、アンドレは、ケロちゃんもコールしてるし、どうせならオール新録でもよかったはず。

中途半端な仕事を

この中途半端な仕事を「50周年記念」として堂々と売り出している、「NJPWグレイテストミュージック CLASSIC」のスタッフに問いたい。

あなたがたには、プロレス入場テーマ曲に対する愛はあるのか?プロレスに対する想いはあるのか?

ファンを傷つけるやりかた

あるんなら、こんな形で既存のファンを傷つけるやり方をしなくてもよかったのではないか?

それと収録時間が40分ちょいというのも不可解だった。

メリットがない

どうせなら、旗揚げ記念日でも流れていた新日版「キャプチュード」や、四代目タイガーマスクが使用していた「ローリングソバット」も余裕で収録できたのではないか?

[プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草 キャプチュード
プロレス的音楽徒然草 キャプチュード新日本にUターンしてから今回のプロレス的音楽徒然草は、前田日明選手の「キャプチュード」です。実はこの曲、第一次UWF時代には使われてなくて、新日本にUターンしてから使用されています。当...
[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 ローリングソバット
プロレス的音楽徒然草 ローリングソバット幻のテーマ曲今回は初代タイガーマスクのイメージテーマ曲として作られた名曲「ローリングソバット」のご紹介です。ローリングソバットは、巷でよく言われているタイガーマスクの「幻のテーマ曲」扱...

とにかく「NJPWグレイテストミュージック CLASSIC」については、JOE版ドラゴンスープレックスが収録されている以外のメリットは、全く感じられないアルバムになっていると私は思う。

値段が下がってからでも

正直、Amazonとかで値段が下がってから購入しても全然問題ないだろう。

しかし、よりによってなんで50周年で、これをやるかなあ。

プロレスアルバムレビューについて
プロレスアルバムレビューについてアルバムごとレビュープロレスアルバムレビューは、プロレス入場テーマ曲を扱ったアルバムごとレビューする記事になります。テーマ曲単品を扱う「音楽徒然草」との違いはそこだけになります。オリジナル...
プロレス的音楽徒然草
プロレス的音楽徒然草についてものがたまりやすいプロレス観戦記は、自分でブログの核にしたいという気持ちがあったんですが、プロレス入場テーマ曲記事「プロレス的音楽徒然草」に関して言うと、そこまで能動的な理由はありませんでした...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました