[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 竜人戦線(レイジング・スタッフのテーマ)

[プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草

プロレス的音楽徒然草 竜人戦線(レイジング・スタッフのテーマ)

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草・はげ山の一夜(Night On Bold Mountain)~ブロンド・アウトローズのテーマ
プロレス的音楽徒然草・はげ山の一夜(Night On Bold Mountain)~ブロンド・アウトローズのテーマ名付け親は・・・今回は1990年代に活躍した新日本のヒールユニット・ブロンド・アウトローズのテーマ曲である、ボブ・...

難波弘之さん

今回は新日本プロレスのヒールユニット「レイジングスタッフ」の入場テーマ曲だった「竜人戦線」をご紹介します。

「竜人戦線」は、アニメ「蒼竜伝」の劇伴音楽で、作曲はプログレッシブ・ロックバンド「SENSE OF WONDER」の難波弘之さんです。

ゲームミュージックも

難波さんは、1980年代後半から日本ファルコムのゲームミュージック『ソーサリアン』『イースII』のアレンジを手がけるようになり、以後、数年にわたって日本ファルコムのゲームミュージックのアレンジを多数手がけていらっしゃいます。

また山下達郎さんのコンサートメンバーとしても活躍されています。

SF作家の顔も

難波さんは、音楽だけでなく、SF作家の顔ももっていらっしゃり、1968年に中学三年生の15歳にしてSF短編『青銅色の死』で安倍能成文学賞を受賞しています。

難波さんは、日本SF作家クラブ会員として、日本SF大賞の審査員も務められました。

蒼竜伝とは

音楽家としてもSF作家の小説作品のイメージアルバムも多数手がけている関係上、同じくSFを主戦場とする、蒼竜伝原作者である田中芳樹さんの作品は、難波さんにとってはそう難しくなかったのではないか?と推察されます。

「蒼竜伝」は、四海竜王の子孫であり転生した姿でもある四人兄弟が、人界や天界の悪と戦っていく物語で、執筆期間は、昭和~令和にかけて延べ33年に及びます。

至るところがチグハグ

そのため、その時々の時事ネタを多分に盛り込んだ作風と開き過ぎた刊行ペースの影響でストーリーの至る所がチグハグになっており、度々物議を醸し出しました。

しかし、それらを差し引きしても、辛抱強く「蒼竜伝」の最新刊を待つファンが多数いるくらいの作品であり、アニメ化されるくらいの人気作ではあったわけです。

マスクマンに

さて、レイジングスタッフは、もともとブロンドアウトローズというユニットでした。メンバーは、ヒロ斎藤、後藤達俊、保永昇男、スーパー・ストロング・マシーンの4選手です。

1992年頃、チーム名をレイジング・スタッフに改め、マシン選手以外のメンバーもマスクを被り(紫=マシン、赤=斎藤、緑=後藤、オレンジ=保永)、タイツにはイニシャルの「RS」を織り込んだロゴマークがあしらわれていました。

方向性の違いから分裂

そして1993年秋頃、メンバー間の方向性の違いから分裂し、自然消滅しました。

後年、メンバーの一人だった保永昇男さんは、「絶対に上手くいかないと思ってた。絶対に空中分解すると思っていた」そうです。

メンバー仲は

最も「予想に反して4人で、うまく仕事が回るから巡業に行くのも楽しみだった」とも回想されており、メンバー仲は決して悪くなかったようですね。

個人的に「竜人戦線」はレイジング・スタッフに合っている曲だと思っていましたし、結構気に入っていたんですが、いつの間にか後藤選手のMr.B.D.に差し替えられてしまいました。

頑張れ!レイジング

余談ですが、Mr.B.D.が、レイジング・スタッフのチームテーマ曲であった時期には、「頑張れ、頑張れ、レイジング!頑張れ、頑張れ、レイジング!」と歌詞を加えられていました。

ヒールなのに「頑張れ」ってどうなんだろう?と個人的には思っていましたが、案の定レイジング・スタッフは空中分解してしまいました。

メンバー的には玄人受けする選手の集まりだっただけに、色々惜しいユニットだったなと思っています。

プロレス的音楽徒然草
プロレス的音楽徒然草についてものがたまりやすいプロレス観戦記は、自分でブログの核にしたいという気持ちがあったんですが、プロレス入場テーマ曲記事「プロレス的音楽徒然草」に関して言うと、そこまで能動的な理由はありませんでした...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました