[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 Cicatriz(KENTAのテーマ)

[プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草

プロレス的音楽徒然草 Cicatriz(KENTAのテーマ)

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 TEAM FILTHY(トム・ローラー&TEAM FILTHYのテーマ)
プロレス的音楽徒然草 TEAM FILTHY(トム・ローラー&TEAM FILTHYのテーマ)G1初出場今回は2022年のG1クライマックス32に初出場したトム・ローラー選手の入場テーマ曲、 Brickの「TEAM FILTHY...

全日本でデビュー

今回は2022年現在、バレットクラブで活躍しているKENTA選手の現行テーマ曲「Cicatriz」のご紹介です。

KENTA選手は、2000年5月に全日本プロレスでデビュー後、同年6月のプロレスリング・ノアの旗揚げに参加しました。

ジュニアの枠を超えて

NOAHでは、GHCジュニアヘビーに三度君臨しています。

やがてジュニアの枠に留まらずヘビーでも活躍し、2013年1月にはGHCヘビーを獲得しています。

WWE入団→退団

2014年7月には、アメリカWWEと契約しヒデオ・イタミのリングネームで活動開始しました。

2019年2月にWWEを退団すると、同年6月9日の新日本プロレス大阪城ホール大会に登場します。

親友を裏切り

当初は、「親友」である柴田勝頼選手に呼び込まれる形で、G1CLIMAX参戦をアピールしました。

しかし、その柴田選手を裏切る形で、8月12日BULLET CLUBに加入しました。

スペイン語で「傷跡」

「Cicatriz」は、KENTA選手がバレットクラブ加入後、2019年9月15日から使い出した入場テーマ曲です。

「Cicatriz」には、スペイン語で「傷跡」という意味があります。

満身創痍

KENTA選手はデスマッチファイターではありませんが、特に新日本に来てからは、文字通り満身創痍で闘い続けている印象があります。

特に、2022年1月5日、東京ドーム大会において棚橋弘至選手とのIWGP USヘビー級選手権試合は、ノーDQマッチとして行われました。

テーマ曲にあわせて?

この試合でKENTA選手は、鼻骨骨折、左股関節後方脱臼骨折、背部裂傷縫合術、左環指腱性槌指と診断される大怪我を負い、長期欠場しています。

まるでKENTA選手がテーマ曲に合わせていっているかのような凄まじさです。

イタミ=ペイン

KENTA選手は、174cm・85kgとジュニアヘビー級の体格でありながらも、反骨にしてカミソリのようなプロレスを信条に、ヘビー級戦線で闘い続けています。

ちなみに、WWE入団後に使用していたイタミ・ヒデオというリングネームですが、「イタミ」は、アメリカでも人気のアニメ「NARUTO -ナルト-」のキャラクター「ペイン」に由来するものだそうです。

傷や痛みとの縁

ペイン→PAIN→痛み→伊丹として命名されたと言われています。

こちらにも傷や痛みが関わっているのは、興味深いと私は感じています。

吹っ切る意味で

リングネームがKENTAになった経緯は、本名の小林健太時代に、怪我が絶えなかったことから、吹っ切る意味で変えたらしいですね。

とはいえ、KENTAになってからも怪我とは縁が切れていない感じがするので、何かまた自身のモデルチェンジも考えているのかもしれません。

アルバム表題曲

本当のところはKENTA選手にしかわからないところではありますが…。

さて、「Cicatriz」は、チリをルーツに持ちイギリスを拠点にするDJ&プロデューサーKamixloさんのデビューアルバム「Cicatriz」の表題曲でもあります。

来日公演も

Kamixloさんは、2015年にPAN傘下の〈Codes〉からプロデューサーとしてデビューしています。

2016年には来日公演も果たしています。

レーベル名の元ネタ

Kamixloさんが共同設立者として名を連ねているレーベル/コレクティブ〈Bala Club〉は、バレットクラブが元ネタであることは有名です。

このように、Kamixloさんは大のプロレス好きと思われ、アルバム「Cicatriz」には、小橋建太さんの必殺技「バーニングハンマー」から名付けられた「The Burning Hammer Bop」という曲も収録されています。

KENTAの歴史

かつて、NOAH時代に第二次BURNINGとして、小橋さんと共に戦っていたKENTA選手の歴史を考えても、非常に面白いセレクトだな、と私は思っています。

最後に「Cicatriz」は2022年7月現在、NJPWグレイテストミュージックには収録されていませんが、曲単体ではiTunesなどで購入が可能となっています。

プロレス的音楽徒然草
プロレス的音楽徒然草についてものがたまりやすいプロレス観戦記は、自分でブログの核にしたいという気持ちがあったんですが、プロレス入場テーマ曲記事「プロレス的音楽徒然草」に関して言うと、そこまで能動的な理由はありませんでした...







d払いポイントGETモール

タイトルとURLをコピーしました