[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 TEAM FILTHY(トム・ローラー&TEAM FILTHYのテーマ)

[プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草

プロレス的音楽徒然草 TEAM FILTHY(トム・ローラー&TEAM FILTHYのテーマ)

[プロレス入場テーマ曲] プロレス“ザ・モンスター”ハラダの「今月はこれを聴こうぜ!」入場テーマ曲・名曲5選!08
プロレス“ザ・モンスター”ハラダの「今月はこれを聴こうぜ!」入場テーマ曲・名曲5選!08はじめにこの記事は、プロレスの入場テーマに興味をもってもらったあなたに向けてかいています。そんなあなたに、私ことプロレス“ザ・モンスター...

G1初出場

今回は2022年のG1クライマックス32に初出場したトム・ローラー選手の入場テーマ曲、 [Q]Brickの「TEAM FILTHY」のご紹介です。

トム・ローラー選手は、NJPWのアメリカ大会である「NJPW STRONG」で同名の「TEAM FILTHY」に所属して活躍しています。

MLM世界王者

2007年にプロ総合格闘家としてデビューしたのち、2008年からはUFCで活躍しました。

それと並行し、17年にアメリカのプロレス団体MLMに入団し、2019年にはロウ・キー選手を破ってMLM世界ヘビー級王座を獲得しています。

初代STRONG王者

2020年6月「NJPW STRONG」に登場し、TEAM FILTHYを結成します。

2021年4月には「NEW JAPAN CUP USA」で優勝すると共に、初代NJPW STRONG無差別級王者に君臨しました。

[Q]Brickの正体

この「TEAM FILTHY」がローラー選手個人のテーマ曲なのか?文字通りTEAM FILTHYのテーマ曲なのかが、個人的にはイマイチ判別がつかなかったので、いろいろ調べてみました。

その前に、 [Q]Brickという謎のアーティストですが、その正体はオランダの音楽プロヂューサーである 「Peter Garnefski 」ペーター・ガーナセフ(googole翻訳で私がこう聞こえたのでそのまま表記しています)さんです。

英国№1

Peter Garnefski さんは、1993年に音楽プロデューサー二人の匿名ユニットとして「DOOP」(ドゥープ)を結成します。

シングル「Doop」でデビューし、イギリスのポップ・チャートでナンバー1を獲得した実績をもっています。

2007年までにシングル5枚、アルバム二枚を発表しています。

新日との関係性

新日本プロレスとは関係性があって、2016年4月 から2019年1月まで、タマ・トンガ&タンガ・ロアのタッグチーム「ゲリラズ・オブ・デスティニー」が使用していた「Guerrilla Tactics」も、[Q]Brick名義で手掛けています。

ちなみにyoutubeにはトム・ローラー選手のテーマとして「TEAM FILTHY」があがっていますが、UPしているのは新日本プロレスです。

WWEと同じ?

おそらく、[Q]Brickさんに新日本が発注をかけて、音源の権利ごと買い上げているものと思われます。

やり方としては、お抱えのアーティストに選手の入場曲を作らせているWWEと同じでしょう。

大の日本通

トム・ローラー選手は大の日本通で、闘道館でグッズを買ったり、充実した日本ライフを送っているようです。

ジョナ選手のテーマも

なお、同じくG1クライマックス32にエントリーしているジョナ選手の入場テーマ曲「Ready For The War」も [Q]Brickさんが関わっています。

こちらの名義は「Brick Feat. Ben Varney」となっています。

itunesでも

ちなみに「TEAM FILTHY」も「Ready For The War」も2022年7月現在、itunesなどで単体購入できます。

私も買ってしまいました(笑)

G1以降も

トム・ローラー選手はじめ初顔の外国人選手の活躍が大きいとシリーズも盛り上がります。

ぜひともG1以降も継続して参戦してもらいたいところです。

プロレス的音楽徒然草
プロレス的音楽徒然草についてものがたまりやすいプロレス観戦記は、自分でブログの核にしたいという気持ちがあったんですが、プロレス入場テーマ曲記事「プロレス的音楽徒然草」に関して言うと、そこまで能動的な理由はありませんでした...







d払いポイントGETモール

タイトルとURLをコピーしました