[プロレス用語辞典] (カ行)コロッセオ

せかぷろ

[プロレス用語辞典] (カ行)コロッセオ

[プロレス用語辞典](カ行) 喧嘩マッチ
(カ行) 喧嘩マッチルールのある喧嘩「プロレスは、ルールのある喧嘩ですよ!」と言ったのは、かの力道山選手だそうです。若手時代のマンモス鈴木選手が不甲斐ない試合をした際、「どうもスランプのようで・・・・」といったところ、「バカ...

プロレス情報番組

今回のプロレス用語辞典は「コロッセオ」です。

ここでいう「コロッセオ」とは、2000年6月28日から2001年3月まで日本テレビで放送されたプロレス情報番組のことです。

掛布さんがキャスター

番組名の由来は、イタリアの旧跡コロッセオからとられ、当時日本テレビ野球解説者だった掛布雅之さんがメインキャスターをつとめていました。

「コロッセオ」は、全日本プロレスの選手集団移籍騒動を受けて「全日本プロレス中継」が2000年6月21日をもって打ち切られたことから、それに代わるプロレス番組として放送されました。

インディープロレスの時代

「コロッセオ」が放送された2000年の時点で、すでに50以上のプロレス団体が乱立し、インディープロレスが新たな時代を築こうとしていました。

こうした中、スポーツニュースがあるならプロレスニュースやプロレスワイドショーがあってもいいではないかと企画された番組が「コロッセオ」でした。

注目の試合も

プロレスというジャンルならメジャー、インディー、女子プロレス関係なく、その週に起きた試合や出来事を紹介するのが主な内容でした。

試合は、日本テレビに取材拒否を通告した全日本プロレスと、テレビ朝日が地上波放映権を保有している新日本プロレス、フジテレビが地上波放映権を保有していた全日本女子プロレスを除く各団体の試合が放送され、注目の試合の実況も放送されています。

ノア旗揚げも

中でも全日本プロレスから離脱したメンバーで設立した新団体・プロレスリング・ノアの動きを逐次追い続け、選手に対するインタビューも放送しました。

第1回では三沢光晴選手に全日本を離脱した真意に迫っています。

「コロッセオ」8月9日放送で、ノアの旗揚げ戦の模様が放送され、以降も毎回ノアの最新試合がダイジェスト放送されています。

後のノア中継に

この流れが後の日テレによる「プロレスリング・ノア中継」につながっていきました。

2000年という時代は、CSテレビ放送の普及率が現在ほど高くありませんでした。

知名度を向上させた

そんな中、「コロッセオ」において、大日本プロレスや闘龍門、FMW、DDT、女子プロレスのGAEA JAPAN、屋台村プロレスから埼玉プロレスに至るまで、それまで脚光を浴びる機会の少なかった団体を地上波で紹介し、知名度を向上させた功績は絶大でした。

先程も書いた通り、2001年4月の「プロレスリング・ノア中継」発足・開始に伴い、「コロッセオ」は3月をもって発展的終了となりましたが、正直もっと続けてほしかった番組でしたね。

NOAH di コロッセオ」は

なお、日テレG+で放送されていた「NOAH di コロッセオ」は、この「コロッセオ」の名残で残されたタイトルです。

「NOAH di コロッセオ」は、地上波では放送されなかったカードや、試合前後の選手インタビューも放送されていました。

なお、G+の「NOAHスペシャル」が全カード放送であるのに対して、コロッセオは好カード厳選という方針になっていました。

プロレス用語辞典について
プロレス用語辞典について用語辞典を作った意味プロレス観戦歴も長くなると世間の常識と自分の常識が著しく乖離する場面に多々遭遇するようになりました。とはいえ、観戦記や通常の記事でいちいち説明していたら、本文が長くなりすぎて収拾が...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました