[プロレスアルバムレビュー] 格闘音楽大全プロレスQリターンズJack

[プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草

[プロレスアルバムレビュー] 格闘音楽大全プロレスQリターンズJack

[プロレスアルバムレビュー] 格闘音楽大全プロレスQリターンズQueen
格闘音楽大全プロレスQリターンズQueenQueenのレビュー1998年にリリースを開始し、12作を世に送り出した「選手名の表記されないプロレステーマ曲CD」が「プロレスQ」シリーズです。2022年に同時発売になったのは、...

選手名が表記されない

1998年にリリースを開始し、12作を世に送り出した「選手名の表記されないプロレステーマ曲CD」が「プロレスQ」シリーズです。

2022年に同時発売になったのは、男子編のJackと、女子編のQueenの2枚。

下手したら全てが

ただ、発売前に二枚同時リリースというのを失念しており、Jackのみ購入(Queenは別途購入)しました。

JackのウリはNOAHの未発売音源だと思われます。

確かに経営母体が二転三転していた時代のNOAHだと下手したら全てがお蔵入り音源になりかねなかったのです。

一定の仕事は

そういう意味では「発掘」という点で、プロレスQとして一定の仕事はしている事になります。

もっともリターンズになってからは、アルバムの内容が新作ばかりではないのが残念でなりません。

W☆ING色が強いかな

ただ、アルバム全部を聴いてみて、個人的なイメージとしてW☆ING色が強いかな、と感じました。

プロレスQのファーストアルバムにも収録されたW☆INGバージョンの「デンジャーゾーン」に、W☆INGの会場を彩った大宝リングアナの熱いコールが被せられているからかもしれないですね。

「これは!」と思ったのは

個人的に「これは!」と思ったのは、「ぶっちぎりの青春」。川口オートレース場のテーマにして、歌うはささきいさお大王。

作曲の平尾昌晃氏とはTVシリーズの「銀河鉄道999」「青い地球」でタッグを組んだこともあり、アニソン界の大王とは切っても切れない縁があるのです。

会場限定発売

しかし、「ぶっちぎりの青春」のCDは会場限定発売になっており、2017年2月22日に全国販売されたリメイク盤の「ぶっちぎりの青春☆NOW」をのぞき、地方では手に入れようがない音源だったのです。

従って私が知る限り、大王のベストアルバムにも収録されておらず、佐々木×平尾の黄金コンビの歌の中ではまさに「幻の一曲」だったのです。

プロレス以外でも

この「ぶっちぎりの青春」は、プロレス以外でも使用されており、プロ野球中日ドラゴンズの川又米利選手の打席テーマとして使用されていました。

2014年までは、中日のチャンステーマのひとつとしても使用されているのです。

日本ハムでも

また、北海道日本ハムファイターズの芝草宇宙投手の入場テーマとしても使用されていたのですが、芝草投手が大のオートレースファンであることから、入場テーマとして採用したのだそうです。

芝草投手は本拠地球場が東京ドームの時代から使用していましたが、札幌ドーム移転後も使用し、登板時になると球場で流され、ファイターズファンによる合唱が始まったらしいですね。

リマスターしてくれたら

話は脱線しましたが、ほかにもW☆ING系の音源がいくつか入っていて、どれもが印象に残るのが特徴ともいえましょう。

最後に、「リターンズJack」に再録された楽曲は、前回より音質がよくなっており、おそらくリマスターしたものと思われます。

まあ同じ音源には違いないですが、前のプロレスQシリーズもリマスターしてくれたら、もしかすると買うかもしれないなあ・・・などども思ったりしました。

プロレスアルバムレビューについて
プロレスアルバムレビューについてアルバムごとレビュープロレスアルバムレビューは、プロレス入場テーマ曲を扱ったアルバムごとレビューする記事になります。テーマ曲単品を扱う「音楽徒然草」との違いはそこだけになります。オリジナル...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました