[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 Under The Northern Star(ティタンのテーマ)

[プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草

プロレス的音楽徒然草 Under The Northern Star(ティタンのテーマ)

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 Where's Your Hero Now?(TJPのテーマ)
プロレス的音楽徒然草 Where's Your Hero Now?(TJPのテーマ)14歳でプロデビュー今回は2022年のBEST OF THE SUPER Jr.29に、ユナイテッド・エンパイアの一員として、11年ぶりにエント...

NJPW WORLDで

今回はCMLLのスペル・エストレージャであり、日本のファンにも馴染み深い「インモルタル」ティタン選手の入場テーマ曲「Under The Northern Star」のご紹介です。

残念ながらティタン選手の試合は生観戦したことがなく、NJPW WORLDで見聞きしている印象しか語れませんが、ご了承ください。

2011年に

ティタン選手は、2008年、パラシオ・ネグロ(Palacio Negro)のリングネームでプロレスラーデビューを果たします。

2011年に現在のリングネームのティタンとして活動し始めます。

3年ぶりの参戦

2013年1月、CMLLと新日本プロレスの合同興行「FANTASTICA MANIA」で初来日を果たすと、同じ年の6月には新日本が主催するBEST OF THE SUPER Jr.に初出場を果たします。

2022年のBEST OF THE SUPER Jr.参戦はそれ以来3年ぶりとなりました。

荘厳と激しさ

「Under The Northern Star」で入場してくるティタン選手は、その神秘的な雰囲気と相まって、私には荘厳なイメージを受けています。

しかし、あくまで個人的な見解ですが、「Under The Northern Star」を曲だけでフルコーラスで聴くと、荘厳というより、激しさを感じるのです。

印象の違い

この印象の違いがプロレス入場テーマ曲を聴いていると時々おきる現象だな、と私は思っています。

さて、「Under The Northern Star」は、スウェーデン出身のメロディックデスメタル・バンドであるアモン・アマース (Amon Amarth)の楽曲です。

雄々しいメロディー

アモン・アマースは、Wikipediaによると、

デスメタルの中にフォークメタルやヴァイキングメタルを思わせる雄々しいメロディーを取り込んだ曲が特徴である。北欧神話やヴァイキングについて歌う曲が多い。

とあります。

当たらずとも

ですから、私が楽曲から感じた「荘厳」や「激しさ」というのは、当たらずとも遠からずという感じなのかもしれないですね。

ちなみに、「Under The Northern Star」は、iTunesでもダウンロード購入が可能です。

検索できなかった

CMLL系の楽曲はだいたいiTunesにあるとみて間違いないでしょう(もちろん例外もあります)。

なぜか私がスマホに入れている音声検索アプリでは、「Under The Northern Star」を検索できませんでした。

異なるお国柄が・・・

では、曲名がなぜわかったのか?というと、「ティタン テーマ曲」で検索して、出てきたティタン選手のWikipediaに、テーマ曲名が記載されていたのです。

私の場合、CMLLの選手テーマ曲は大体このパターンて知ることが多いですね。

それにしても、北欧とメキシコというイメージ的には全く異なるお国柄が、プロレス入場テーマ曲で繋がるというのは、なかなか興味深いことだなと思います。

プロレス的音楽徒然草
プロレス的音楽徒然草についてものがたまりやすいプロレス観戦記は、自分でブログの核にしたいという気持ちがあったんですが、プロレス入場テーマ曲記事「プロレス的音楽徒然草」に関して言うと、そこまで能動的な理由はありませんでした...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました