[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 Eclipse(エクリプス)-田上明のテーマ-

[プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草

プロレス的音楽徒然草 Eclipse(エクリプス)-田上明のテーマ-

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 ラストバトル
プロレス的音楽徒然草 ラストバトルアニメのBGM今回は川田利明選手のテーマ曲だった「ラストバトル」を取り上げます。「ラストバトル」も既存の曲なんですが、こうした曲を使う時に困ることがあります。それは「尺」の問題です。...

1990年リリース

今回は田上明選手の入場テーマ曲として知られている「Eclipse(エクリプス)」のご紹介です。

Eclipse(エクリプス)は、スウェーデンのロックギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンさんが1990年にリリースしたアルバムおよび楽曲です。

川田選手が好きな曲

アルバムとしては通算五作目で、アルバムEclipse(エクリプス)の11曲目に収録されています。

Eclipse(エクリプス)は、全日本時代のタッグパートナーだった川田利明選手が好きな曲であり、川田選手の勧めで田上選手が採用したという経緯があります。

鶴田さんと組んで

田上選手は、SWSによる全日本プロレスの大量離脱後、パートナー難に悩んでいたジャンボ鶴田さんからの要望で、当時所属していた超世代軍を離脱し、鶴田さんとタッグを組んで超世代軍との抗争を展開しました。

経験を積むうちにレスラーとして成長し、1992年3月4日には鶴田さんとのコンビで世界タッグ王座を獲得、トップレスラーの一人となりました。

聖鬼軍として

鶴田さんが肝炎で第一線を退いた後は、超世代軍を離脱した川田選手とコンビを結成します。

川田選手とのコンビは「聖鬼軍」を名乗り、トップ戦線で活躍しました。全日本では世界タッグ王座史上最多となる6度の載冠を果たしています。

驚異的な速弾き

Eclipse(エクリプス)を演奏しているイングヴェイ・マルムスティーンさんは、ロック・ギターにクラシック音楽の要素を盛り込み、驚異的な速弾きでギター奏法に大革命をもたらしたギタリストとして知られ、日本では「王者」と呼ばれています。

1983年、ロサンゼルスのメタルバンド「スティーラー」に加入。同年これを脱退し、グラハム・ボネット率いる「アルカトラス(Alcatrazz)」に加入し名声を得ます。

器用なギタリスト

1984年、自らのバンド「ライジング・フォース」を結成しますが、1989年の解散以降は自身の名で活動をしていきます。

驚異的な速弾きばかりが強調されがちですが、頻繁に交代するヴォーカリストに合わせて作曲の傾向を変えたり、即興的なフレーズにも冴えを見せる器用なギタリストとしても知られています。

「蝕」を意味する英語

なおEclipse(エクリプス)は、「日食」や「月食」など天文現象における「蝕」を意味する英語です。

ギリシア語で「姿を消す」「力を失う」ことを意味する εκλειπσιs (ékleipsis) からきており、ラテン語を経て英語へ取り込まれたそうです。

オリジナルより

田上選手のEclipse(エクリプス)は、厳密にいうとアルバム9曲目の「フォールト・ライン」(Faultline)」とEclipseが合体した曲が採用されています。

後年ノアではDDT(「王者の魂」を演奏したバンド)が演奏カバーしたEclipse、Concerto Moonが演奏カバーしたEclipseが利用されていますが、オリジナルより演奏が若干遅めになっています。

ワールドプロレスリングでも

さて、オリジナル「Eclipse(エクリプス)」は、ワールドプロレスリングのBGMとして使用されたこともあります。

辻よしなりアナのナレーションによるBGMとして使用された音源を、友人から譲ってもらった時は、すでにEclipse(エクリプス)=田上明のイメージがついていたので、結構違和感を感じたのを覚えています。

プロレス的音楽徒然草
プロレス的音楽徒然草についてものがたまりやすいプロレス観戦記は、自分でブログの核にしたいという気持ちがあったんですが、プロレス入場テーマ曲記事「プロレス的音楽徒然草」に関して言うと、そこまで能動的な理由はありませんでした...







d払いポイントGETモール

タイトルとURLをコピーしました