[プロレス旅日記] 1990年代の私的東京遠征噺④ 両国界隈の散策と浅草詣

1990年代の私的東京遠征噺④ 両国界隈の散策と浅草詣

[プロレス旅日記] 1990年代の私的東京遠征噺③狂乱の貴公子とG1クライマックス
1990年代の私的東京遠征噺③狂乱の貴公子とG1クライマックス第五回G1 CLIMAX今回は1995年8月11日 -~15日に開催された第五回G1 CLIMAXの思い出です。両国国技館5連戦で行われたこの大会は、8選手による2ブ...

試合以外の想い出

今回は1995年8月11日 ~15日に開催された第五回G1 CLIMAXの試合以外の思い出です。

第五回G1は、両国国技館5連戦で行われたわけですが、当然休みをとってきているため、試合開始までは暇でした。

真夏の東京

今ほどではないものの、やはり真夏の東京は暑さも半端なかったのです。

一人で散策したのは主に両国界隈でしたが、江東区の東京都立現代美術館にもいきました。

隅田川散策

プロレス関連でいうと、やはり隅田川は外せませんでした。なんで隅田川?と思われた方もいるでしょう。

プロレスの歴史において、隅田川決戦といえば、1968年1月3日に国際プロレスがTBSと放映権契約を結んで「TBSプロレス」と団体名を変更した後、最初に行われた興行が日本プロレスと同日開催となった出来事があります。

両国中学へ

それぞれの会場の位置関係(日プロが蔵前国技館、TBSが日大講堂)から「隅田川の対決」または「隅田川決戦」などと呼ばれたのです。

その隅田川で少し涼んだのち、今度は1963年12月、二所ノ関部屋に入門したのち、中学2年途中で転校した天龍源一郎さんの母校、墨田区立両国中学校へ向かいました。

友人と待ち合わせ

この日はG1五連戦のチケットをお願いしていた、故・ブルースブロディ氏と待ち合わせしてました。

彼には東京に行くごとにお世話になり、五連戦の間、一泊させてもらいました。

浅草詣で

ブルースブロディ氏の案内で向かった先は浅草。当然浅草寺ではなく、その近くのアニマル浜口トレーニングジム!

1988年、アニマル浜口さんが東京都台東区浅草に開設したジムは意外と質素な感じのジムでした。

マルベル堂へ

格闘技などで実績のない人や身長が足りずにプロレスラーの道を閉ざされていた人にも門戸を開放して多数のプロレスラーを輩出しており、 人間形成をする場所としての役割も重視しているそうです。

浜口ジムは外から眺めるだけでしたが、その近くにあるプロマイド専門店のマルベル堂はじっくり見学しました。

貴重な思い出

のちに、群雄割拠観戦で上京した際、マルベル堂のプロマイドを購入したのですが、この日は何も買いませんでした。

この日もそうでしたが、5日間のうちブルースブロディ氏には色々お世話になりました。

今となってはどれも貴重な思い出ばかりですね。

プロレス旅日記
プロレス旅日記について○○には土地の名前がプロレス旅日記のカテゴリーは主に「○○見聞録」というタイトルで、プロレスにまつわる旅の話をしています。〇〇には、その土地の名前が入ります。過去に書いたものだと、東京とか広島、岡山とか...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました