[プロレスアルバムレビュー] 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージック 50th. SP

新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージック 50th. SP

[プロレスアルバムレビュー] NJPWグレーテストミュージックⅠ
NJPWグレーテストミュージックⅠオリジナルでない楽曲も今回のアルバムレビューは、NJPWグレイテストミュージックシリーズの「Ⅰ」をお届けします。このアルバムにはワールドプロレスリングのOPテーマである、「ザ・スコアー」や、真壁...

40周年記念アルバムの方が・・・

「新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージック 50th. SP」は、新日本プロレス50周年を記念して10年ぶりに三枚組にしたというのが売りになっている。

が、正直に言うと、40周年記念アルバムの方がまだ出来がよかったとしか言い様がない。

正直言って個人的には「とんだいっぱい食わせ物」感満載のアルバムになっている!

声がテーマ曲に・・・

まずその前に「 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージック 50th. SP」のレビューをしておくと、三枚組の一枚目は田中ケロリングアナによるコールが入っているのだが、会場使用音源にしたつもりか?ケロさんの声がテーマ曲の上から被せられているのだ。

かつて私にはケロさんのコール以外は全てカバー曲である「ヘルレイザーズ」というCDをつかまされて泣いた記憶がある。

猪木さんと坂口さんの曲は

そんな私としてはまさにそのときの悪夢がよみがえったのだ。

これはケロさんのせいというより、完璧に「 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージック 50th. SP」の制作スタッフがプロレステーマ曲マニアの気持ちを理解していないとしか言い様がない。

その上、一枚目はわずか七曲で、猪木さんとか坂口さんの曲が収録されていない。

レガシーを中途半端に

この辺にレガシーを中途半端に扱っている今の新日本の迷走ぶりがあらわれていると思う。こんなの誰も得しないぞ!

二枚目はNJPWグレイテストミュージックⅨとなっており、このDISC2には、2022年3月時点では活動してないゴールデン☆エースのテーマをはじめ、ワト、O-カーン、EVIL、YOH、SHO(闇落ち後)、鷹木(2020VER・)オスプレイなどかなり頑張って新作が詰め込まれている。

Ⅸだけ別売りに・・・

であるならば、このⅨだけ別売りには出来なかったのだろうか?

どうも調べた限り、三枚組しか販売してないようなのだ。2022年3月3日の時点ではダウンロード販売もないようだ。

特装版の特典は

ちなみに三枚目は2021年に使用されたテーマ曲のベスト版になっている。

私が購入したのは、通常版4500円だが、6980円の特装版というのもあって、この特典が何かと思って調べてみたら、なんと!

「クリアファイル付き」

値段差2460円

え?クリアファイルしかないの?スペシャル音源とかでなく?

クリアファイルの値段が6980円-4500円=2480円。サインも入っていないクリアファイルにしてはずいぶんな値段差である。

いっぱい食わせ物感

せっかく50周年を謳ったんだし、1月のドームで復活した柴田勝頼のテーマとか、JOE版の「ドラゴンスープレックス」とか、旗揚げ記念日で4代目タイガーマスクが使っていた「ローリングソバット」とか入れようがあっただろう!

「新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージック 50th. SP」は、かつて「プロレスQ」シリーズを世に出したKINGとは思えないような「一杯食わせもの感」満載のアルバムになっている!

人様にはお勧めできない

正直に言おう。よっぽど今使用されている選手の音源がほしいとかでないのだったら、配信を待つか、CDの値段が下がるまで買わない方がいい。

いや、まさか令和の時代に昭和のパチモン感満載の(オリジナル音源なんだけど・・・)「 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージック 50th. SP」は、歴代のテーマ曲をコレクションしている私でも「ちょっとこれは人様におすすめできないな」と思わせるアルバムである。

まさかオールオリジナル音源のアルバムでこんなに「つかまされた」アルバムに出会うとは・・・やっぱりプロレス入場テーマ曲の沼は深くて恐ろしい・・・。

CDの評価は・・・

このCDの評価をまとめると・・・

①DISC1はいらない
②DISC2だけばら売りしてほしい
③三枚組の価値がない

となる。

DISC2だけだったら・・・

DISC2のみの販売だったら結構評価は高くしてもいいが、1と3の水増し感と、価格が釣り合っていないので、評価は厳しめにした。

というか、柴田のテ-マくらいは収録しようよ・・・お願いだからさあ。

プロレスアルバムレビューについて
プロレスアルバムレビューについてアルバムごとレビュープロレスアルバムレビューは、プロレス入場テーマ曲を扱ったアルバムごとレビューする記事になります。テーマ曲単品を扱う「音楽徒然草」との違いはそこだけになります。オリジナル...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました