[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草U.W.F.インターナショナル公式メインテーマ

プロレス的音楽徒然草U.W.F.インターナショナル公式メインテーマ

同一曲で、アレンジが違う

今回はかつて存在していた団体UWFインターナショナルの団体テーマ曲「 U.W.F.インターナショナル公式メインテーマ」のご紹介です。

といってもこれは以前取り上げた「UWFプロレス・メインテーマ」と同一曲で、アレンジが違うという楽曲です。

作曲は、桜庭伸幸氏で、演奏はキングレコードオーケストラです。

なぜ、アレンジが違うのか?

ではなぜ「U.W.F.インターナショナル公式メインテーマ」と「UWFプロレス・メインテーマ」はアレンジが違うのか?

私が推察するに「UWFプロレス・メインテーマ」の発売元はキングレコードでした。

そして、「 U.W.F.インターナショナル公式メインテーマ」を収録したアルバム「UWFインターナショナル・オフィシャル・ミュージック・セレクションWINNERS」は、ポニーキャニオンが販売していました。

過渡期にあった

UWFインターが存在していた時代より少し後になって、「プロレスQシリーズ」が登場し、レコード会社の垣根を越えて、オリジナル音源が収録されるようになりますが、「WINNERS」が発売された1994年はまだその過渡期にあったことも原因として考えられます。

もう一つ原因として考えられるのは、この時代UWFインターに所属していた山崎一夫選手のテーマ曲として「UWFプロレス・メインテーマ」は既にファンの間では認知されていました。

別のUWFのテーマ

さりとて、第二次UWFから分派した中では唯一「UWF」の名を冠した団体がUWFインターでしたから、団体のテーマ曲として「別のUWFのテーマ」が必余だったとも推察されます。

そこで折衷案として、「UWFプロレス・メインテーマ」の別アレンジバージョンが公式テーマという扱いになっていたと思われます。

選手退場時に

UWFインターが存命中、私は何度も生観戦しましたが、「 U.W.F.インターナショナル公式メインテーマ」は選手退場時に流されていたと記憶しています。

特定の選手のテーマ曲ではなく、また退場テーマになっていたというのも面白いところです。

作曲された桜庭伸幸氏は

「UWF」の代名詞とも言えるこの団体テーマ曲は、山崎一夫選手がUWFインターナショナルを退団した後も、引退まで使用し続けたテーマ曲です。

作曲された桜庭伸幸氏は、福岡県八女市立花町出身の作曲家で、プロレス入場テーマの代表例としては、木村健吾選手の「ビューティフル・ライト」やハルク・ホーガン「ザ・マッスル」、極悪同盟の「BLACK DEVIL」等があります。

入場テーマとして使われる

そして時代を経て、ついに「U.W.F.インターナショナル公式メインテーマ」が入場テーマとして使われる時代が来たのです。

それは北九州のがむしゃらプロレスで、2021年末、悲願のGWAヘビー級王者になり、がむしゃらプロレスの同年MVPも獲った尾原毅選手。

彼が一貫して「 U.W.F.インターナショナル公式メインテーマ」を入場テーマとして使い続けているのです。

高田延彦選手に憧れて

作曲の桜庭氏と同じ福岡県で、「 U.W.F.インターナショナル公式メインテーマ」が入場テーマ曲として、脈々と受け継がれていた事実は、非常に興味深いところです。

尾原選手に以前話を聞いたところ、このテーマ曲をチョイスした理由は「高田延彦選手に憧れているから」というものでした。ただ、いずれ戴冠したら高田選手のテーマ曲でもある「Training Montage」にしたいとも語っていました。

テーマ曲を変えるのか否か?

その時はまだシングルベルトに手が届いていませんでしたが、苦節10数年を経て令和に自身初のシングルベルトを奪取した尾原選手は。、2022年に果たして「Training Montage」にテーマ曲をかえるのか?

それとも長年慣れ親しんだ「U.W.F.インターナショナル公式メインテーマ」を使い続けるのか?

その答えは2022年のがむしゃらプロレス一発目の大会で明らかになるでしょう。今から楽しみでなりません。

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 UWFプロレス・メインテーマ
プロレス的音楽徒然草 UWFプロレス・メインテーマUの魂を受け継ぐテーマ2018年一発目の音楽徒然草は、色々考えた末に、1月4日の東京ドームを沸かせたこの曲にしたいと思いました。個人的にはShoot itか、これか迷ったので...
プロレス的音楽徒然草
プロレス的音楽徒然草についてものがたまりやすいプロレス観戦記は、自分でブログの核にしたいという気持ちがあったんですが、プロレス入場テーマ曲記事「プロレス的音楽徒然草」に関して言うと、そこまで能動的な理由はありませんでした。...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました