[プロレスブログ] プロレス的発想の転換のすすめ#56 がんとプロレス

プロレス的発想の転換のすすめ#56 がんとプロレス

[プロレスブログ] プロレス的発想の転換のすすめ#55 プロレスとは協業である
プロレス的発想の転換のすすめ#55 プロレスとは協業である協業とは今回は協業とプロレスのお話です。協業という言葉には、元々「労働者が集まり、協力して作業する」という意味があるそうです。今の時代協業とは、異なる立場にある企業同...

決して舐めてない

今回はがんとプロレスの話です。少し自分語りが過ぎるかもしれませんが、お付き合いください。

まず前提として、私はがん自体を決して舐めているわけではありません。

また、抗がん剤治療の副作用は、私にとって、想像以上に大変で厄介だったという事はお話しておきます。

どちらがきついか

その上で…

私は精神疾患も体験していますが、極論がんと精神疾患、どちらがきついかというと、圧倒的に精神疾患だと私は思っています。

なぜなら

①精神疾患はゴールがない
②精神疾患は保険がおりない
③精神疾患は同情されない

からです。

3つの理由

①に関していうと、私の場合「血液のガン」であるため、寛解がわかりにくいというのはありますが、それでも治療スケジュールは半年と区切られています。しかし、精神疾患はそうではありません。

②については、私が加入している生命保険系は皆そうです。公的な障害年金も申請はしましたが、はねられました。

③については、がんだと入院しようが何しようが、誰しもが認めてくれますが、精神疾患は身内にすら理解されないため「サボり」であるとすらみなされます。

変化していく過程

更にいうなら、がんになった事は、私自身の身体が変化していく過程ではないか、とも考えています。

二人のうちひとりはがんになる時代です。確率は50%。そりゃならないに越した事はないですが、保険が降りた事で長年手に入れられなかった「生活の安定」を昨年ついに手に入れられました。

もちろん抗がん剤治療には、ゴールがある以上、収入も永遠ではありません。でも、がんによってできた「元手」を、新しい年にどう活かしていくか?は、新年の課題となるでしょう。

闘病生活者の希望

年末年始はテレビみないので、RIZINの猪木さん登場はネットニュースで知りました。

猪木さんは生登場したわけではないようですが、今でもがんよりタチが悪い「全身性トランスサイレチンアミロイドーシス」と闘われています。

ゴールの見えない中、それでも「元気」を発信する猪木さんの姿は、闘病生活者の希望でもあります。

今までは決して猪木信者というわけではありませんでしたが、難病と格闘する猪木さんの姿には胸打たれるものがありました。

現実にしなくてはならない

私は決してガンを軽く見てはおりませんが、ガンと向き合い、ガンと戦っております。

そして必ず復帰するという強い意志のもとで、日々を過ごしてます。

当たり前にあった日常を取り戻して、当たり前を掴み直す!それが私の希望であり、強い願いです。

そして、それは現実にしなくてはならないミッションでもあるのです。

マイストーリー
怒り、苦しみ、破壊し、創造する!「プロレスモンスター」のマイストーリー七歳くらいから死にたい人間だった自分はいらない人間私、こう見えて七歳くらいからずっと死にたいと思ってきました。二歳くらいの時から「長男だから」「お兄ちゃんなんだから」と、






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました