[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 悪巧み〜Merry Christmas Mr.Lawrence

プロレス的音楽徒然草 悪巧み〜Merry Christmas Mr.Lawrence

ベストバウト

今回は、がむしゃらプロレス大賞’2020-‘2021受賞記念と言うことで、ベストバウト(土屋クレイジー&YASU vs HIROYA&トゥルエノ・ゲレーロ
ー2021/12/5 GWA無差別級タッグ選手権試合ー)に選ばれたYASU選手の現テーマ曲「 悪巧み〜Merry Christmas Mr.Lawrence」のご紹介です。

「悪巧み〜Merry Christmas Mr.Lawrence」は、1999年に京都府で結成した、ROTTENGRAFFTY(ロットングラフティー)という日本のミクスチャーロックバンドのメジャー第一弾シングルです。

「悪巧み」は本家「公認」

「悪巧み〜Merry Christmas Mr.Lawrence」は坂本龍一教授による「戦場のメリークリスマスのテーマ」にROTTENGRAFFTY流のアレンジを施し、それにオリジナル曲の「悪巧み」を融合させた意欲作です。

2002年11月にリリースされると、そのインパクトは各地で話題となったそうです。ちなみに「悪巧み〜Merry Christmas Mr.Lawrence」は、本家・坂本教授「公認」の楽曲になっています。

ラップとプロレスは

ただ、私が知る限り、ラップとプロレス入場テーマ曲というのは、意外と食い合わせが悪いようです。

近年ですと、プロレスリングNOAHの中嶋勝彦選手の「KICK START」など数例ありますが、メジャーになった曲はわずかしかないのです。

異色のタッグ

「KICK START」はよくよく調べてみると、彼の人生やファイトスタイルに感銘を受けたK-FORCEさんが、インスパイアされて作られたようです。そりゃ中嶋選手のイメージにはあっているはずです。

とはいえ、「KICK START」は異色のタッグという紹介もされているようで、ラップとプロレスは世間的にも「珍しいタッグ」という捉えられ方をされているようです。

選曲したのは

「KICK START」は、中嶋選手のために書き下ろされた曲ですが、「悪巧み〜Merry Christmas Mr.Lawrence」は、既存の楽曲で、YASU選手のためのオリジナル楽曲ではありません。

でもこの曲を選曲したのはYASU選手本人で間違いないのです。

もともと「悪巧み」は

もともとYASU選手は、Merry Christmas Mr.Lawrenceのアレンジバージョンを入場テーマ曲に使ってきました。

とはいっても以前、YASU選手本人に聞いてみたところ、この曲の大元が「戦場のメリークリスマス」という映画であったことは、知っていたものの、選曲当時、映画自体は見たことがないといっていました。

センスは抜群

ということになると、この曲を選んだYASU選手のセンスは抜群といわざるを得ません。このあたりがほかの格闘技にない、プロレスラー独特の感性だなと私は思います。

ちなみに「悪巧み〜Merry Christmas Mr.Lawrence」に入場曲を変えても元ネタの「戦場のメリークリスマス」自体は変えていないのもミソです。ちなみに曲を変えたのは、YASU選手がヒールターンし、GWOというユニットに加入してからで、GWO解散後も一貫して使い続けています。

支持され記憶に残っていくから

パロディをやる選手はあえて意図的に、元ネタの選手のテーマ曲を使いますが、そうでない場合は自身で選んだり、スタッフが選んだりと入場テーマ曲の選び方は千差万別です。

ですが、「この選手にはこれ!」と思えるものを皆、独自の感性で引っ張ってくるのはプロもアマも変わらないですね。

お客さんに支持され記憶に残っていくからこそ、こうした記事も書けるわけですから。

プロレス的音楽徒然草
プロレス的音楽徒然草についてものがたまりやすいプロレス観戦記は、自分でブログの核にしたいという気持ちがあったんですが、プロレス入場テーマ曲記事「プロレス的音楽徒然草」に関して言うと、そこまで能動的な理由はありませんでした。...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました