[プロレスコラム] プロレス想い出回想録 ブルースブロディ氏との奇妙な縁⑨ 根拠のない確信

プロレス想い出回想録 ブルースブロディ氏との奇妙な縁⑨ 根拠のない確信

楽しい記憶しかない

プロレス想い出回想録 ブルースブロディ氏との奇妙な縁⑧ 下関散策と相撲博物館はこちらから

ブルースブロディ氏との想い出は数々あって、思い出しても楽しい記憶しかない。

書ける範囲内だけで、8章あったわけだが、当然書けない話も多数ある。

それは内輪受け話や、ヤバい話が中心になるわけだが、その手の話になればなるほど盛り上がるのは、世の常である。

数年会っていなくても

ブルースブロディ氏とは、数年会っていなくても、まるで昨日会ってからの続きを話すかのように、そうした話題で盛り上がった。

側からみたら、何がそんなに面白いのか?まず、第三者にはわからなかったと思うが、我々はそんな他愛ない話が大好きだったのだ。

一つ例を挙げておこう。我々の会話の中でよく出てきたのが、ストロング小林さんだった。

書けない話が大半

もちろん書けない話が大半だが、昔のプロレスラーにはそうした話題は事欠かない。

唯一ご披露できるとしたら、ラジオ番組「真夜中のハーリー&レイス」に、元・新日本プロレスの選手で、小林さんの付け人も務めていた小杉俊二さんが明かしていたエピソードになろうか。

付け人時代の話

番組内で、小林さんの付け人時代の話になり、そこで小杉さんは次のような話をしていた。

付け人の仕事として、付いているスター選手のコスチュームなどの洗濯がある。通常試合が終わったら、付け人は汚れた洗濯物を洗うわけである。

根拠のない確信

しかし、小林さんはなぜかゲン担ぎをしており、アンダータイツはずっと洗わないまま、履き続けていたらしい。

このエピソードを聴いて、大爆笑した私は、さっそくradikoのリンクを貼って、ブルースブロディ氏にメッセージを送った。

予想通り、彼も放送を聴いて大爆笑したらしい。このようにレジェンド選手級になると、迷&名エピソードに事欠かない。

そんなバカ話をこれからもずっと続けていける。そんな根拠のない確信が私にはあったのだ。しかし…

プロレス想い出回想録
プロレス想い出回想録について回想録とはプロレス想い出回想録は、私(プロレス“ザ・モンスター”ハラダ@チャンネルせかぷろ・YouTube)が、体験してきた回想録記事です。回想録とは、Wikipediaによると、記録ある...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました