[プロレスコラム] プロレス想い出回想録 ブルースブロディ氏との奇妙な縁③なんとなくの出会い

プロレス想い出回想録 ブルースブロディ氏との奇妙な縁③なんとなくの出会い

いつのまにか

プロレス想い出回想録 ブルースブロディ氏との奇妙な縁②ラジオとプロレスと武道館はこちらから

実は、長い付き合いだったブルースブロディ氏との初対面は、あまりよく覚えていない。

昔の事を事細かに覚えている私にしては珍しいのだが、プレッシャー関連の付き合いは、いつのまにか友人になっていたパターンが多い。

プレッシャーに入会してからは多分、実際に会う前に手紙や会報で先に交流していたからかもしれない。

不便なりに楽しい時代

私が入会した当時、中国地方には会員は、私一人で、他の会員さんと交流するには、文通もしくは固定電話しか手段がなかった。

今なら個人情報保護の観点から完全にアウトだが、当時は会員名簿と住所録が、会員全員には配布されており、それを頼りに、他地域の会員さんと交流していた。

SNS全盛の時代からは信じられない話だが、不便なりに楽しい時代でもあった。

奇妙な出会い方

とは言え、個人情報の概念が違っていた時代でも、大半の会員の顔まではさすがにわからなかったのだが、ブルースブロディ氏だけは、顔を先に知っていた事になる。

繰り返すけど、それが日本武道館のスクリーン越しというのも、なんとも奇妙な出会い方ではあった。

ちなみにやりとりしたお手紙は今でも実家に保存しており、当然ブルースブロディ氏のものもたくさんある。

一発でわかる個性

彼のイラストと筆致はかなり独特で、一発で「ブルースブロディだ!」とわかる個性を放っていた。

ブルースブロディ氏は元々がラジオのハガキ職人だけあって、かなり筆まめな人間だった。

そして、やはりネタが面白い。切れ味も目の付け所も、コサキンのハガキ職人時代より、プレッシャー時代の方がパワーアップしていたくらいである。

ソウルメイト

プレッシャーに関して言えば、私が五期入会で、ブルースブロディ氏はそれ以前の入会になるので、プロレス的にいうなら、彼は歳下だけど「先輩」という形になる。

しかし、ほかの会員もそうなんだが、プロレスファン歴の長い、短いは関係なく、皆が同志のような不思議な感覚があった。

特にブルースブロディ氏とは、ラジオとプロレスとお笑いという部分で、共通項があり、より「ソウルメイト」という感じが強かった。そんな感じがしているのである。

プロレス想い出回想録
プロレス想い出回想録について回想録とはプロレス想い出回想録は、私(プロレス“ザ・モンスター”ハラダ@チャンネルせかぷろ・YouTube)が、体験してきた回想録記事です。回想録とは、Wikipediaによると、記録あるいは文学作品の一形式で、






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました