[プロレスコラム] プロレス想い出回想録 我が青春の投稿常連会プレッシャー②真の投稿常連への道

[プロレスコラム] プロレス想い出回想録 我が青春の投稿常連会プレッシャー①出会いと入会まで
プロレス想い出回想録 我が青春の投稿常連会プレッシャー①出会いと入会までプレッシャーとは?かつて、週刊プロレスには「投稿常連会」なるグループがあり、誌面の片隅に連載を持っていた。その事実を知るファンはほぼほぼ四十代半ば〜...

入会は1992年

我が青春の投稿常連会プレッシャー①出会いと入会まで はこちらから

私がプレッシャーに入会したのは1992年。テストに合格して入門を許された同期は確か100名近くいたはずである。

私を含めた合格者は、通称「五期会員」と呼ばれていた。ちなみに先輩会員からは、当時週刊プロレスに在籍し、現在もライターとして活躍中の小島記者がいた。

文章書きのトラウマ

私と同期の五期会員からは、のちに紙のプロレス→ KAMINOGEの編集スタッフ、堀江ガンツ氏や、何名かがプロライターもしくはスタッフとして巣立っている。

実は、私には文章を書くことにちょいとしたトラウマがあった。かつて某アニメ雑誌に、ロボットと人間の友情を描いた作品を否定する感想文を、ある月刊誌に投稿した。まあ、まだ10代だったし、今考えれば、若気の至りではあったのだ。

ところが、それが運悪く採用されてしまい、編集や読者、カット書きのイラストレーターにいたるまで「思いあがりだ」と非難されたのである。

活字時代の炎上

SNSなどまだない時代に、いわゆる「炎上」を経験したのは、今となっては財産だが、当時はそんな余裕もなく、駅のホームから身をなげようか?と本気で考えもした。

結局、即謝罪文を書いて、それが掲載されるまでの数ヶ月は、まさに針の筵状態で、結局、謝罪が受け入れられた後も、10年近く文章が書けない状態だった。

そのトラウマを乗り越えられたのは、それでも同好の士が欲しいという気持ちと、プロレスが好きだという気持ちだけだった。

自分への荒療治

入会してからは、とにかく原稿用紙のマス目を埋めまくった。当時営業の仕事についていたのも、文章によって生まれた対人恐怖のトラウマを克服させるために、自分に課した荒療治だった。

だが、実際「向き・不向き」でいうと、全く自分には向いてない営業職は毎日が苦痛だった。

意味不明な長時間労働。パワハラも酷かったし、職場の人間関係にも馴染めなかった。

まだ自由はあった

ただ一つだけよい事があって、営業にでれば、休憩時間は自分の裁量で決められたのだ。

後にポケベルの所持が義務付けられると、その旨味はなくなったし、辞職した後に出てきた携帯の時代になったら、位置情報も把握され、外出しても管理されてしまっていただろう。

そういう意味ではまだ自由があったよき時代だったのだ。

圧倒的ボツの量

その「空き時間」で営業車(と言ってもマイカーなんだが)に原稿用紙を常備して、いつ何時アイディアが浮かんでも即書けるようにしていた。

私が投稿常連になった頃は、書き手になる会員も少なくなり、自動的に拙文の掲載数も増えていたのだが、それでも多くて週に2〜3本が採用されていた。

実は、その6倍くらいの本数を毎週毎週締め切りまでに投稿していたので、ボツ原稿は圧倒的に多かった。

隙間時間で書いていたとはいえ、ずっと仕事しないわけにもいかない。メインはあくまで営業だからだ。

週プロに掲載され

余談だが、タテオビ原稿はペンネーム込みで約200文字と決まっており、当時使っていた「向維新」は、三文字で非常に使い勝手がよかった。

そんな生活を繰り返して採用される本数が増えると、私はプレッシャーの中でも有名人になっていった。

厳密にはプレッシャーだけではなく、私の文章は、週刊プロレスに掲載されていた。

実感はなかった

当時の週刊プロレスは、いわゆる「活字プロレス」全盛期で、私が思う以上に「向維新」は、有名になっていたらしいのだが、①でも書いた通り、私の周りには会員はおろか、プロレスファンの友人もいなかったため、実感は全く無かったのである。

ただ、年間採用本数No.1は2回とっていて、これは手応えを感じていた。

トラウマに救われた

とはいえ、さすがに連続してくるとネタ切れも起こすし、かなり疲弊してきてもいた。本業に支障きたす可能性もあり、何度か休会もした。

それでも人並み以上の文章量を締切つきで、ひたすら書き続けたのは、今でも血となり肉となっている。

何より、電車のホームに飛び込もうとまで思い詰めていた私が、トラウマの原因になった文章で救われたわけである。こればかりはプレッシャーに入る決断をして、実際に乗り越えた自分を褒めてもいいと思っている。

プロレス想い出回想録
プロレス想い出回想録について回想録とはプロレス想い出回想録は、私(プロレス“ザ・モンスター”ハラダ@チャンネルせかぷろ・YouTube)が、体験してきた回想録記事です。回想録とは、Wikipediaによると、記録あるいは文学作品の一形式で、






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました