[プロレスコラム] プロレス想い出回想録 我が青春の投稿常連会プレッシャー①出会いと入会まで

プレッシャーとは?

かつて、週刊プロレスには「投稿常連会」なるグループがあり、誌面の片隅に連載を持っていた。

その事実を知るファンはほぼほぼ四十代半ば〜五十代は超えているはずなんで、今の週プロ読者には全く刺さらない話ではある。

投稿常連会の正式名称は、「週刊プロレス投稿常連会プレッシャー」。以下、プレッシャーのサイトより抜粋・転載。

今も現存している

週刊プロレス100号を記念して読者に対し企画を募集した際に、現在の「あぶない木曜日」の前身であった「読者のワッ」や「読者のリング」の常連が集まり、「常連会」の設立を提案。

週プロが了承して1985年6月に会発足となった。

「プレッシャー」の名の由来は、“プロレス界にプレッシャー(圧力)をかけられるような集団・FCになろう”という意気込みによるものです…。

実は週プロと縁が切れたあとも「(旧)週刊プロレス投稿常連会」と名前を変えて、プレッシャーは、今も現存している。

私が知る限りの歴史

私もごく初期はプレッシャーのブログに投稿していたのだが、ログインIDとパスワード忘れたせいで、現在は見るだけになっている。ちなみに籍は抜いてないので、形式上は現役のプレッシャー会員である。

そんなプレッシャーという存在が過去の遺物になり、プロレスファンの記憶からも消されていくにはあまりに忍びなく、僭越ながら、私が知る限りの歴史を書き残して、後世に伝えたらと思い、駄文を連ねる次第である。

実はコミュ障

さて、私の入会は1992年。プレッシャー発足後、随分時間が経過しているのだが、これには理由がある。

私は学生時代、今でいうところの「コミュ障」であった。大学時代は授業以外はひたすら下宿に籠り、マンガばかりを描いて商業誌に投稿していた。

だが、コミュニケーションが下手だからこそ、人一倍仲間が欲しい気持ちはあったわけで、プレッシャーに入りたい気持ちは80年代からあった。

入会後、常連になった

私が当時投稿していたのは、一般マンガ雑誌で週刊プロレスではなかった。後年、プレッシャー内でも、読者コーナーでも、私はいっぱしの常連になるのだが、それは入会後の話である。

つまり、私は入会時点では、どこにでもいるいちプロレスファンにすぎなかったのである。

実は私が入会した92年当時、プレッシャーには「入会テスト」なるものが存在していた(後年、入会テストは廃止された)。

入会テスト

テストとは、タテオビと称する文章を規定推数書いて提出するもの。以下、プレッシャーホームページより抜粋。

180字~200字(ペンネーム含む)内で書かれる。内容に制限はほとんどない。
1003号までは週プロ・ページ端のスペースである「タテオビ」に掲載されていため、通称タテオビと呼んでいます。

なんで、こんなテストがあったのか?私が想像するに、入会したはいいけど「書き続ける」書き手がだんだんいなくなったためではないか?と思う。

毎週の締め切り

いうまでもなく、週刊プロレスは週刊誌なわけで、そこに掲載されるタテオビにも、毎週締め切りがくるわけである。

それを毎週毎週欠かさず、ひたすら休みなしで文章書き続けるというのは、なかなかハードワークであった。

ましてや、文章を本業にしているわけでもない素人が、仕事しながら文章を書き続けるというのは、なかなかクレイジーな所業でもあった。

あの時の無茶が・・・

ちなみに掲載料は当初会の運営資金になっていたため、私の手元には一銭も入らなかった。こんなクレイジーな事を続けられたのも、若気の至りというやつかもしれない。

今なら絶対、無理だと思うが、あの時の無茶が現在、いろんな駄文書きに役立っている事を考えると、入門時にひたすら基礎を繰り返し、汗が床に溜まるほど練習させられるプロレスラーのタマゴたちの気持ちが、今ならほんの少しだけわかるような気がするのだ。

プロレス想い出回想録
プロレス想い出回想録について回想録とはプロレス想い出回想録は、私(プロレス“ザ・モンスター”ハラダ@チャンネルせかぷろ・YouTube)が、体験してきた回想録記事です。回想録とは、Wikipediaによると、記録ある...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました