*

[プロレス想い出回想録] 世界的ルードになったOKUMURA選手と邂逅した3日間~その2

投稿日:

世界的ルードになったOKUMURA選手と邂逅した3日間~その2

はじめに

今回は「逆輸入ルード」OKUMIURAこと奥村茂雄選手のお話です。奥村選手は、栗栖正伸トレーニングジムでトレーニングを積み、その後、IWA格闘志塾に入団しました。その後、東京プロレスから全日本を経て、現在はメキシコCMLLで活躍されています。

ここからは、奥村選手が全日本在籍当時、営業で下関に来関された際、私が通っていたジムで偶然出会った時のお話です。以下は当時メモに残していた
私の日記をサルベージしてきたものです。「その1」はこちらからどうぞ。

では「その2」をどうぞ・・・

奥村選手滞在2日目

滞在は3日くらいといわれていた奥村選手。今日も朝からジムで熱心に練習中。

私が通っているジムはビジネスホテル併設なので営業とトレーニングを同時にやるのはうってつけ。

昨日の会話で「はじめてここ来たとき館内放送で「プロレスラー練習中」って流されて、おばさん達に囲まれてしまって参りましたよ(笑)」といわれていたので声はかけずに自分のメニューこなしました。

時間遅くまで営業

私も仕事前なので時間惜しかったし。そうこうしているうちに私のメニューが終わり、風呂へ向かうと一足先に汗を流した奥村選手が着替え中。

「楽しみにしていますのでがんばって下さい」というと笑って礼を言ってくれました。

九スポ紙上によると早朝4時半まで営業した後、朝10時にはトレーニングを開始する日々だとかで、さすがのプロレスラーといえどややお疲れの様子でしたので、会話はその程度でうち切ると奥村選手の方からわざわざ頭を下げて「じゃ、お先に失礼します」といって出ていかれました。

2月が今から楽しみです。

さらに昨日のつづき(3日目)

本日が奥村選手の滞在最終日。しかしこの冬一番の冷え込みにも関わらず毎日通っている病院が満員で、大幅に遅れてジム入り。

既に奥村選手は練習中と言うこともあって、先に自分のメニューをこなしてから約1時間後ウェート室の方へ行くと奥村選手はまだ練習中。

ジムの人が色紙に私宛で奥村選手のサインを頼んでいてくれていたので、その礼を言うとしばし手をとめて色々話しをして下さいました。

普通運動後は血圧が下がっているもの(ましてや低血圧だし)なんですが、やはり選手を目のあたりにすると緊張の度合いが違うのか、はかった脈拍はもの凄い値でした。

奥村選手との会話その1

奥村選手(以下「奥」) 「仕事はよるからですか?」

私 「ええ、夜の時は必ず来てから仕事行かないと腰が悪いもので」

奥 「ああ、こういう寒い時期は柔軟を中心にされた方がいいですよ。僕も昔は柔軟なんて休憩中にやるものだと思っていましたが、今はみっちり20分くらい柔軟やってからでないと怖くてウェートもできませんから。」

私 「参考になりました(実は柔軟やっているものの割と短時間で済ませてしまうので内心反省しきり)」

奥 「頑張って下さいね。といってお前ががんばれよって言われそうですけど(笑)」
ここでお先に失礼して私は風呂へ。上がって着替えていると昨日とは逆のシチュエーションで奥村選手が登場。

私 「山口は下関以外は来られないんですか?」

奥 「周南は決定しています。宇部は予定ですがまだはっきりとは...」

奥村選手との会話その2

私 「全日本は実は年間で一番たくさん見ているんですよ(と去年行った会場を言う)」

奥 「ありがとうございます。近くに来たら是非いらして下さい。」

私「馬場さんの時は5年に一回とかしか来てくれなくて川田さんの試合(下関で)7年くらい見られなかったこともあったんで今有り難いです。」

奥 「毎年来ていますからね。」

奥村選手との会話その3

私 「ところで1.4は出られないんですか?」

奥「いやあ僕なんかはおよびじゃないですよ。いつもカズとか小島、カシン、あと川田さんとか」

私 「勿体ないなあ、仲間内では奥村選手の評判凄くいいんですよ」

奥「また誰にでもそんなこといっているんじゃないですか(笑)でもチャンスはつかみ取るものじゃなくて回ってくるものなんです。回ってくるまでこつこつやって(時が来るのを)待つしかないんです。だから応援よろしくお願いします。」

一見ネガティブに聞こえますが、この3日間で地道な姿勢は十分拝見させてもらいました。何もしないで待っているわけではないのです。腐らずにこつこつやっていく姿勢に派手さは無いけどプロレスラー魂を感じました。がんばれ奥村!

最後に

私はジムの人に一言もプロレスファンだと言ったこと無かったのですが、なんでわかったのかなと思っていたら、昨年の全日本下関大会で観戦している私の姿を見られていたそうで、たぶんこいつならプロレスのチケット買うだろうという計算があって?声かけてきたらしい。つまり最初からバレバレだったというわけ。

お恥ずかしい話しで...(苦笑)

で、この日奥村選手が営業で来られていた、2004年2月17日の全日本下関大会の模様を明日UPします。






follow us in feedly

-sekapro, [プロレスコラム]プロレス想い出回想録, 世界的ルードになったOKUMURA選手と邂逅した3日間

『FREEDOMS vs がむしゃらプロレス 対抗戦』

Copyright© sekapro , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。