*

[不穏試合] プロレス謎試合~自分はこうみた!~#3前田日明vs.アンドレ・ザ・ジャイアント

更新日:

プロレス謎試合~自分はこうみた!~#3前田日明vs.アンドレ・ザ・ジャイアント

伝説の不穏試合

今回は、1986年4月29日に三重県津市体育館で行われた前田日明 対 アンドレ・ザ・ジャイアント戦です。アンドレ選手が前田選手にセメントを仕掛け、応戦した前田さんが蹴りで戦意喪失させて無効試合となりました。

「ワールドプロレスリング」の録画中継として古舘伊知郎の実況で収録されたが、放送は中止になり、長らくファンの間で伝説の不穏試合として語り継がれています。映像は動画投稿サイトができる以前、一部のプロレスマニアの間で裏ビデオとして流通していました。

アル中状態

これは最近の研究で明らかになったことなんですけれど、とにかく大酒飲みだったアンドレ選手っていうのは、新日本の後期ぐらいからアル中状態だったという説が流れているわけですね。

で、それに加えまして当時の新日本プロレスっていうのは日本人と外国人とそして UWF サイドという風に派閥が分かれていたわけです。

そしてそれぞれがお互いに疑心暗鬼になっていたという流れがあったわけなんです。

生意気な奴は制裁してやる

特にUWFはキックと関節技を主体とした新しいプロレスを標榜しておりましたので、何をやってくるかわからないという恐怖が、特に外国人サイドには強かったようなんですね。

そこで外国人サイドのボスでもあったアンドレ選手が「そんな生意気な奴は俺が制裁してやる」みたいな流れになっていた、という流れになりました・・・

アンドレ選手っていうのは先ほども言いましたように非常にお酒が大好きだったのです。

いきなり踊りだした

ですが、新日本プロレスの後期に至ってはそのお酒がすぎたせいでちょっと奇行が目立つようになってきていたらしいんですよ。

とある地方大会ではそのいきなり踊りだしたりとか、そういったこともしていたらしいんです。

そういった流れの中で行われたこの試合がいわゆるシュートマッチになってしまったようなんですね。

結果的にはノーコンテスト

動画を見た限り、前田日明選手はどちらかと言うと試合を成立させようと思って必死になっているんですけれども、アンドレ選手が前田選手の首を不自然な形で押さえ込んで行ったりとか、明らかにこの前田日明選手を破壊しようとしているシーンがいつも散見されるわけです。

そしてそれが叶わないとなるや大の字になって寝転がってしまうわけなんです。この辺も不穏試合らしいなぁというところがいくつもあるわけなんですね。

やっぱり謎の多い試合っていうのは後々語り草になりやすいなと、私も思うんですけれども、この試合は最後にそのね星野さんや猪木さんが、出てきて、前田さんが「いっちゃいますよ?いいんですか?」と聞いています。で、結果的にはノーコンテストみたいな形で終わってしまうわけなんです。

WWF遠征時は・・・

もし、前田日明選手とアンドレ選手がお酒抜きという形でプロレスをやっていたとしたらどうなっていただろうかということに関して言えば想像の膨らむ試合なんですね。

ただ、前田さんがWWFに遠征した25歳の時に、一人でホテルのバーで飲んでいる時に、アンドレ選手が、ウイスキーのボトルを差し入れしてくれたそうです。だから、不穏試合になった試合までは、前田さんも、敵意はなかったんだそうです。

残念ながらこの試合自体が不成立になってしまったということでこの辺はシュートマッチというより、、結果的にはノーコンテストかなという風に私は思うんです。

-sekapro, [不穏試合] プロレス謎試合~自分はこうみた!~

『FREEDOMS vs がむしゃらプロレス 対抗戦』

Copyright© sekapro , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。