*

[プロレスブログ] 200%元気になれる!老害プヲタ・プロレス“ザ・モンスター”ハラダの発想の転換のすすめ(50)恋愛未経験とデスマッチ

更新日:

老害プヲタ・プロレス“ザ・モンスター”ハラダの発想の転換のすすめ(50)恋愛未経験とデスマッチ

親密な関係に発展しない

今回は私が一番苦手にしている「恋愛」の話です。実際、趣味に時間を取られて異性と付き合ったことがないというのは、半分本当で半分は違うと思っています。

多趣味を理由にして、他人からの詮索を逃れたいだけで、趣味そのものには何の罪もありません。

とはいえ、ずっと一人きりでいるということもなく、幸いなことに今まで孤立してはいませんでした。それこそ趣味を介した友達が今もいますしね。しかし、男女問わず、親密な関係に発展することはできませんでした。

過剰な自己防衛

学生時代はもちろん、社会に出てからも普通の人が通常するような女の子を誘うことは全くしてこなかったですね。

自分では女性と付き合えないとはおもっていませんでした。ただ自信のなさと、自分を魅力的だと思ってくれる人などいないという気持ちが心の奥底にあったのが大きな理由でしょう。

ここ最近はそうでもないんですが、この一件で友達に相談したことはないし、聞かれたこともそんなにありません。聞かれたら過剰に自己防衛的になったでしょうね。恥ずかしいという気持ちが今も強くありますし、それこそ自分の趣味をスケープゴートにして、自分自身を傷つけていく事くらいは平気でしていたでしょう。

自尊心を腐らせた

大人になることを扱った有名な歌や映画をとってみても、恋愛関係の始まりがテーマになっているものが多いし、一人前の男になるという文化的な「パターン」は、自分を恥ずかしい気持ちにさせました。

友達が付き合い始めてから、やがて結婚するまでを、傍観者として見てきました。そのことは私の心にポタポタと落ちてきて、自尊心を腐らせていきました。だから自分にとって大切な趣味を、羞恥を隠すために自分で問題視して、結局「自分が悪いんだ」という負のループにはまっていく。これが私の人生のパターンです。

負のループから抜け出せない

自分の好意に応えてくれる人なんていないと確信していたから、断られるという可能性は関係がなかったのですが、いざ行動に移しても結局断られるので、なかなかこの負のループからは抜け出せずにいます。

かつて、友人関係だった女性たちは、自分など求めていないと確信していました。本当にそうだったのかは正直分かりません。もちろん誘われたことはありません。もしそんなことがあったなら、どんなに嬉しかったでしょうか。

こうして自分を守るはずが、自分を傷つけてきたことによって、自分の心身は病にむしばまれていきました。直近では肺にリンパ腫ができていたことも判明しました。

デスマッチの血はポジティブ

この記事を書いてて思うのは、デスマッチファイターと自分との「差」です。

 

 

 

デスマッチファイターは承認欲求を満たすために、身体を傷つけ血を流しているわけではありません。彼らの傷や血は非常にポジティブで、またエンターテインメント性にも優れています。

何よりデス(死)を表現しながら、観る側に生きる活力を与え続けてきているのです。対して私の「誰かから傷つけられるかもしれない」という恐怖は、「(人並みに)生きたい」気持ちとは裏腹に、死に向かっている・・・・

今の世はかくも生きづらい

これは多分そう外れてはいない感覚だと思います。還暦が迫り、老いも身にしみる中、今までの生き方がはたして正しかったのかどうかは定かではありません。実際「正しかった」と言い切れる自信があったら、ここまで自分を追い込んではいないでしょう。

でも、もし「このまま」でいいのなら、無理くりエンタメにしなくてもいいし、人目を気にしなくてもいいと思うんです。多様性と言いつつ、今の世ほど生きにくい時代はないと思います。

私が生きているうちに、「誰かとつきあわなければ、人にあらず」みたいな考え方が、少しでも減って、生きやすさが僅かでも現実のものになるといいなと今は願ってやみません。

-sekapro, [プロレスブログ] 200%元気になれる?老害プヲタ・プロレス“ザ・モンスター”ハラダの発想の転換のすすめ

『FREEDOMS vs がむしゃらプロレス 対抗戦』

Copyright© sekapro , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。