*

[プロレス大賞] チャンネルせかぷろアワード2020始動!

チャンネルせかぷろアワード

2020年は実施しなかったWWCGHall of Fame(いわゆるブログにおける各年の表彰・殿堂入り)ですが、2020年よりYouTubeチャンネルをはじめたので、装いも新たに「チャンネルせかぷろアワード」として、復活させました。

いままでやってきたHall of Fameと違う点は…

①生観戦部門と配信部門でそれぞれ表彰する
②各賞は東スポプロレス大賞に準ずる
③ 殿堂入りは廃止(たぶん)

となります。

部門分けした理由

①は、2020年に私が生観戦した大会と、配信で見た大会で部門を分けました。

2020年はコロナ禍で、巣ごもりする事が増え、代わりに生観戦回数が激減しました。

この傾向はしばらく続くでしょうし、各団体とも配信に力を入れ始めているので、ならばいっその事部門を分けた方が現実的だな、と考えたのです。

②の各賞に関しては東スポプロレス大賞を参考にしました。

しかし、東スポプロレス大賞は、国内のしかも首都圏で行われた試合や団体・選手を対象にしています。ただし、審査するのはあくまで私1人です。

これだけローカルプロレスが盛んになり、その土地土地にそれぞれのプロレスが存在する現在、発信力のあるなしだけで、全国統一の賞を決めるのは乱暴だと私は思います。

配信が増えたことにより

とはいえ、全国津々浦々に存在するプロレス団体を全て網羅した上で表彰するというのは、物理的に無理です。

そこで、私の生活圏で見られる範囲のプロレスを、私が選んで勝手に表彰する「チャンネルせかぷろアワード」の価値が生まれると考えました。

配信が増えたことにより、全国区や首都圏の大会も地方で見やすくなりました。これも非常に大きな変化でしたね。時間的には試聴時間確保のため、以前にも増してスケジュールがタイトになっていて、これが非常に困った問題なんですけれど(笑)

③の殿堂入りですが、動画配信にエネルギーを費やしていると、毎年殿堂入りを決めるのが困難になってきました。そもそもせかぷろアワード自体、受賞対象なしがかなりありました。

これは2020年における対コロナにおける各団体の足並みがバラバラだったためですが、2021年は観戦も配信も最初からある前提でスタートしますので、廃止している殿堂入りも、復活する可能性があると言う含みはもたせておきます。

継続して開催予定!

また2020年度はなかった賞も来年度はあるかもしれません。ちなみに期間は1月1日から12月31日までとしてます。だから発表は通常なら年明けになるんです。

ただ、昨年末に引っ越しをした関係で今回は動画を前倒しで作成させていただきました。

「チャンネルせかぷろアワード2020」各賞の結果は、動画をご覧いただければ幸いです。2021年もブログならびにYouTube「チャンネルせかぷろ」をよろしくお願いいたします!

-WWCG Hall of Fame, チャンネルせかぷろアワード, チャンネルせかぷろアワード2020, プロレスよありがとう!クレイジーでモンスターな好事家がマニアに捧げるメモリアルブログ

『FREEDOMS vs がむしゃらプロレス 対抗戦』