*

[プロレス] プロレススーパースター烈伝㉑ ジョー樋口

更新日:

プロレスラー時代を経て

今回は全日本プロレスでレフェリーを務めプロレスリングノアでも活躍を致しました、ジョー樋口さんのお話をしてみたいと思います。ジョー樋口さんは少年時代から柔道を習っておりました。

そして終戦後に進駐軍に対して柔道を教えていた経験がありました。その時に学んだ英語力が後々日本プロレスや全日本プロレスでの外国人係の仕事に役に立ってきます。柔道からプロレスに転向したのは1955年のことであります。当時山口敏夫さんが取材をしていた全日本プロレス協会に入団をいたしました。

しかし全日本プロレス協会が全日本プロレス協会が団体崩壊をした後は吉村道明さんとともに日本プロレスに移籍を致します。そして1960年に引退をいたしまして一旦プロレス界からは離れることになります。

日本プロレスには外国人が日本プロレスには外国人係として復帰をいたしますが、1966年に沖識名レフェリーの後釜として期待をされ、レフェリーデビューを果たすことになります。

毅然とした態度

ジョー樋口さんが日本プロレス時代から外国人係に抜擢されていた原因の一つはもちろん英語の力も大きいところがあるんですけれどもジョー樋口さんは大層な料理好きでありました。

そして遠征中に選手が滞在する旅館で無理を言って厨房を借り、ステーキやサラダスープなどといった、日本では当時まだ珍しかった洋食を次々とつくり外国人選手にたいそう喜ばれたということであります。幼い頃からそうした西洋文化に接していた体験がこうした仕事にも役立っていたわけですね。そうしたことを耳に挟んだ力道山先生からも「直接わしにも食わせろ」という風に言われて料理を作る料理を振る舞ったこともあるんだそうです。

このように外国人レスラーからは多大な信頼を寄せられておりました。キングイヤウケア選手などは正月シリーズの際には早めに来日をして樋口さんのお宅に泊まっておせち料理おせち料理を食べるのを楽しみにしていたんだそうです。

しかしわがままなレスラーに対しては毅然とした態度をとるところもありました。あるレスラーがあまりのワガママを言うものですから、樋口さんがそこにあったビール瓶を持ってケースごと持ってその選手に叩きつけなおかつそこに落ちていたナイフでそこに落ちていたナイフを振りかざしたこともあったんだそうです。そのぐらいジョー樋口さんというのは実は毅然とした人物だったんですね。

巻き込まれて失神

日本プロレスが崩壊した後はジャイアント馬場さんが率いる全日本プロレスに旗揚げから入団はいたします。こちらでもレフェリーと共に外国人係という外国人が角で外国人係を担当することになりますけれども馬場さんの試合は必ずと言っていいほどジョー樋口さんがさばいていたと言っても過言ではありませんでした。

あの青いあのスキンヘッドに青いコスチュームというのは非常に印象に残り、テレビ杯をいたしまして、画面でも印象に残るそういったレフェリーでもありました。その厳格なのレフェリングぶりは NWA からも信頼を置かれておりまして、 NWA のオフィシャルレフリーという役割を担って行くようになっていきます。

また1974年にはジャックブリスコ対ドリーファンクジュニアの NWA 世界ヘビー級選手権をさばいて日本人で初めてオーディトリアムで行われた試合をさばいた日本人となりました。

それまでジョー樋口さんが登場するまでのレフリーのイメージというのはどちらかといえば地味な黒子という存在でありましたけれども、ジョー樋口さんの場合は元プロレスラーという特性も活かし、よく足を使い試合がストップした際でも観客を飽きさせないレフェリングを心がけていたんだそうです。また1980年代中盤から煩雑に見られた樋口さんが選手にぶつかって巻き込まれて失神をするというそういった一連の流れがありました。

これもジョー樋口さんが元プロレスラーでなかったらできなかった芸当ではないかと思います。と言いますのも樋口さんがさばいていた選手達というのは、大体当時2 M 近くはある選手たちばかりでした。日本人のジャンボ鶴田選手もしかり天龍源一郎選手もしかり。そして外国人選手で言えばスタン・ハンセン選手やブルーザー・ブロディ選手を筆頭にして、どれも190から2 M 近くの選手だったのです。

不透明決着を経て

全日本プロレスに限った話ではないのですが新日本プロレスでも当時はかなり大きい選手たちが来日をしておりましたので、今の小型化したレスラーから比較すると比べ物にならないダメージがあったのではないかと思います。

そうした選手たちがまともにぶつかってきたということになれば、いかに元レスラーといえどもひとたまりもなかったというのは正直なところあるんではないかと思います。

と言いながらもやはり例外なく無法地帯になるって言うのは昔も今もあまりファンには歓迎されないことでありましたので、失神状態になったっていうのはまあお約束ごとといえばお約束ごとではあったんですけれども、ファンの中からするとやっぱり不透明決着を嫌うという流れが出てきました。

これは1980年代後半には見られなくなっていくようになるんですけれども、それはやはりジョー樋口さんの体力的な問題もあったように思います。

ちなみにこの当時のこのジョー樋口さんの失神の流れというのは受け身を取っていたために大事には至らなかったようであります。この一連のシーンを見ていたジャイアント馬場さんは「現役の頃よりも良い受身を取ってるじゃないか」というふうにジョーさんを褒めていたんだそうです。

身体へのダメージ

しかし、1980年代後半になってくると樋口さんの体力的な問題もありまして、こうした流れはこうした流れは徐々に消えて無くなっていきます。と同時にトップレフリーを和田京平さんに譲ったことによって、第一線から徐々に退いていく形になっていきます。

なおかつ試合の流れも1990年代に入ってくると四天王時代の激しくて激しくてスピーディなファイトに移行していきましたので、ジョー樋口さんのように巻き込まれて失神をするというそういったお約束事はだんだんなくなっていくたわけです。

ジョーさんはレフェリー生活でマットを叩きつけマットを叩き続けたため肉体にダメージが残ってしまい、左手と右手の手のひらの大きさが違うという風になっていたのは有名な話であります。また腕の曲げ伸ばしも思い通りにできなかったそうで日常生活でも手が震え食事の際に箸が持てずスプーンで食べることが多かったんだそうです。

1990年代になるとリングアナが選手をコールした後「レフリー。ジョー樋口!」と宣言すると観客が「ジョー!」と大歓声をあげるという流れがお約束になってきました。これは元々和田京平さんに対して京平コールが起きた時を同じくしておりまして、全日本プロレスではこう言ったと約束事は未だに守られております。

晩年は・・・

ジョーさんは1999年のジャイアント馬場さんがお亡くなりになられた後、ジョー樋口さんは東京ドームで行われたジャイアント馬場引退記念大会で特別レフェリーとして来場した後、全日本プロレスを退社いたしました。以降プロレス界とは関わりを持たないというふうに宣言をしていたんだそうです。

けれども旧知である三沢光晴選手がプロレスリングノアを立ち上げた際どうしても手伝ってほしいという風に来られたということもあり、 GHC管理委員長ならびにプロレスリングノアの監査役に就任をいたしました。

そんなジョー樋口さんなんですが2010年9月上旬から東京都内の病院に入院して治療を受けておられましたが11月にガンのためにお亡くなりになられております。享年81歳でした。

長年のプロレス界での功績が称えられ2010年度プロレス大賞特別賞特別功労賞がジョー樋口さんには送られております。

また2017年10月25日全日本プロレスのレフェリー兼外国人係を務めて、来日していた外国人の面倒を見ていたことが評価され、レフリーとしては初めてアメリカのテキサスプロレス殿堂入りを果たしているということも合わせてお伝えしておきたいと思います。

-sekapro, [プロレス] 私的プロレススーパースター烈伝

『FREEDOMS vs がむしゃらプロレス 対抗戦』

Copyright© sekapro , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。