*

[プロレス] プロレススーパースター烈伝⑤大木金太郎

2020/05/30

若手三羽烏

今回は韓国の猛虎・大木金太郎選手のご紹介です。

大木金太郎さんは、大韓民国出身で、本名は金一(キム・イル)、1958年、同郷の英雄力道山先生に憧れて漁船で日本に密入国し、プロレス入りのチャンスをうかがっていたが、1959年に入管法違反で逮捕されてしまいます。

結局力道山先生が身元引受人となり、日本プロレスコミッショナーの大野伴睦代議士を動かしたことで釈放され、日本プロレスに入門して同年11月にデビュー。翌年にはジャイアント馬場さんとアントニオ猪木さんがデビューしており、日本プロレスの「若手三羽烏」と称されました。

1963年12月8日に力道山先生が刺され12月15日に死亡したことで、師を心の拠り所にしていた大木さんは居場所がなくなり、韓国へ一旦帰国します。

しかし、東京プロレスの旗揚げで選手がいなくなった日本プロレスは、大木さんを呼び戻し、馬場さんに次ぐ日本プロレスNo.2のレスラーとして活動していましたが、活動を停止した東京プロレスから猪木さんが日本プロレスへ復帰してきたことで、再びBI砲の陰に隠れた存在となっってしまいます。これが後々馬場さんや猪木さんとの確執につながっていきます。

後世に残る名勝負

1973年の日本プロレス崩壊後は一旦他の日本プロレス選手とともに全日本プロレスに入団しますが、対等合併と仲介者に聞かされていたのに実質吸収合併でありマッチメイクで冷遇されたことから退団します。

大木さんはインターおよびアジアヘビーの防衛戦が組まれずに不満がたまっていたところに、馬場さんがザ・ファンクスの保持していたインターナショナル・タッグ王座に挑戦した際、パートナーに新人の鶴田友美(ジャンボ鶴田さん)が起用されたことが決定的な原因だったといいます。

その後、新日本プロレスに参戦し、1974年10月10日、蔵前国技館にて猪木さんとのシングル戦を行います。この試合は猪木さんが大木さんの頭突きをひたすら受け続けてバックドロップで仕留め、試合終了後には二人が感極まって抱き合うという後世に残る名勝負となりました。

大木さんの最晩年には、テレビ番組の企画でアントニオ猪木さんが闘病中の大木の自宅を訪問しています。大木さんと猪木さんは再会を大いに喜び、若き日の思い出話を語り合いました。若手時代の猪木さんは力道山先生に徹底的にしごかれ、時には付き人として理不尽な仕打ちを受けていたことは有名ですが、最も親身に相談に乗ってくれたのは大木さんだったそうです。なお、猪木さんのデビュー戦の相手は大木さんが務めています。

-[プロレス] 私的プロレススーパースター烈伝, プロレスよありがとう!クレイジーでモンスターな好事家がマニアに捧げるメモリアルブログ

『FREEDOMS vs がむしゃらプロレス 対抗戦』