*

WWCG Hall of Fame 2019 試合編

候補は…

拙ブログはプロレスに特化して、主に観戦記とプロレス入場テーマ曲記事の二本立てで構成しています。

数あるMVP系の賞は巷にたくさんありますので、私はあえてWWE方式で「殿堂入り」という形にしています。殿堂ということは、一回受賞してしまうと「次はない」点が特徴であります。

しかもたくさん項目を作らないで済むので、管理人兼ライターの私としては非常にありがたいわけです。

さて、今年もテーマ曲、試合、選手の三つに対して「殿堂入り」してもらうわけですが、今回は試合編です。

候補としては、FREEDAMS対がむしゃらプロレスでの葛西&竹田対陽樹&鉄生、DDTさざんぴあの「イス対イス(レフェリー・ポコたん)」らを候補にしました。

決定したのは・・・

とりあえず葛西&竹田対陽樹&鉄生は、がむしゃらプロレス内のベストバウトにもなりましたし、個人的にはそれで十分かな、と思いました(ひでえ)。

他所はがむしゃら含めて投票形式で賞決めてますが、当ブログはあくまで殿堂入りなんで、これもありです。

そして「イス対イス」ですが、正直試合内容は出落ち感が否めず、あれ以上膨らませるのも判断して、結局試合編はこちらになりました。

獣神サンダー・ライガー&コスモ☆ソルジャー&小川聡志 対 アステカ&新泉浩司&エル・ブレイブ

ひとついっておきますが、私は表にみえたものだけでしか評価はしません。裏の事情はあくまで裏でしかないからです。

大会テーマ自体が成功

したがってこのカードも見た範囲でのみ評価しました。というか、この日のライガーを気持ちよく博多で送り出す、という大会テーマ自体は成功していたのは事実です。

おまけに、ライガーが所属する新日における博多ラストマッチは、1.4の予告編的カードに組み込まれており、本来の意味合いがぼやけていました。

何より殿堂入りという性質上、今後二度と組まれないカードであるという点もポイントに加算しました。

ということで、今回は試合編をお届けいたしました。

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

au公式/ビデオパス

-WWCG Hall of Fame, WWCG Hall of Fame 2019, プロレスよありがとう!クレイジーでモンスターな好事家がマニアに捧げるメモリアルブログ

『FREEDOMS vs がむしゃらプロレス 対抗戦』