*

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 明日への叫び

2019/04/15

あしたのジョー2とは?

今回は、第一次・第二次UWFや、UWFインターナショナルで活躍した中野巽耀選手のテーマ曲である「明日への叫び」をご紹介します。この曲は、劇場版あしたのジョー2の主題歌になっています。正確なタイトルはあしたのジョー2〜明日への叫び〜といいます。

主題歌を担当したのは、もとボクサーでもあった歌手の故・ジョー山中さん。山中さんは劇場版のあしたのジョー2では、ジョーのライバルでもあるカ―ロス・リベラの声も担当しています(テレビ版の「あしたのジョー2」では、中尾隆聖さんが担当)。

アニメ版あしたのジョー(PART1)は、原作に追いついてしまい、止むを得ず途中で終了することになりました。そして、時を経て1980年にテレビシリーズの力石徹との死闘までを再編集した、劇場版「あしたのジョー」が公開になりました。

「あしたのジョー2」というのは、力石戦から、原作最終回にあるジョーが真っ白に燃え尽きるシーンまでをアニメ化したものです。要するに一度目のアニメ化では描かれなかった原作後半の部分をアニメ化したのです。監督はテレビ版パート1と同様、出崎統さんが起用されました。

「あしたのジョー2」は、劇場版に先んじてテレビシリーズが作られて、放送されていました。ちなみに、放送枠はルパン三世(第2シリーズ)が放送されていた月曜夜7時から放映されていました。

テレビ版と劇場版の違い

ルパン三世は、試験的に一部のエピソードにステレオ音声が導入されていますが、テレビシリーズのあしたのジョー2は、日本ではじめてフルシリーズ、ステレオ音声で制作・放送されました。当時出ていたラジカセではテレビ音源を拾う機能があり、モノラルだった我が家のテレビの前に、ラジカセをおいて「ステレオ音声」を楽しんでいたものです。

ちなみに、あしたのジョー2はルパン三世同様、山口県ではリアルタイムでは放送されていませんでした。1980年代は山口県に民放は二局しかなく、日テレ系列の山口放送が、テレビ朝日とのクロスネットをしていたからです。同じ理由で全日本プロレス中継も長らく見られずにいました。

さて、話をあしたのジョー2の話題に戻しましょう。先程から述べている「劇場版」というのは、公開当時「テレビより先にジョーが燃え尽きるエンディングが見られる」という触れ込みで、再編集ではなく、完全新作で作られました。

劇場版の画は、公開後テレビシリーズにも流用されますが、キャストや音楽の一部が劇場版とテレビシリーズでは異なります。個人的には劇場版のキャストや主題歌に若干違和感があって、公開当時は「明日への叫び」に関しては、しっくりこないものを感じていました。

のちにドラゴンゲートの望月成晃選手が入場テーマ曲にした「傷だらけの栄光」はテレビシリーズのあしたのジョー2の、前期オープニング曲でした。どうしてもテレビ版は毎週流れていて、しかも映画より先行していたので、私にはある程度イメージができあがっていたのです。

 

ご本人から音源提供

また劇場版ではテレビシリーズにおけるオリジナル場面も多々カットされており、正直劇場で鑑賞していて納得がいなかったことはよく覚えています。

そんな劇場版あしたのジョー2ですが、版元のレコード会社が倒産し、しばらくは幻の楽曲になっていた時期があります。実は中野選手が「明日への叫び」を使い出しな時分が、ちょうどこの「幻」だった時期にあたりました。

したがって当初の入場音源は、CDではなく、劇場版あしたのジョー2のビデオからのものを使用していました。そこで当時の週刊プロレスが、「明日への叫び」の音源を募集したところ、何とジョー山中さんご本人から、音源の提供があり、晴れて「あしたへの叫び」の正規版が入場テーマ曲として使われた経緯があります。

2019年3月31日。博多スターレーンのさよなら興行に出場した中野選手の退場時には、この「あしたへの叫び〜UWFプロレスメインテーマ」という流れの合体曲が使用され、大「中野」コールを巻き起こしました。

あれから半月ばかり、私の中ではこの「明日への叫び〜UWFプロレスメインテーマ」がヘビーローテーション化しており、何かといえば車の中で流したりしています。

最初は拒否反応があった「明日への叫び」がヘビーローテーションできるくらい大好きになったのは、ひとえに中野巽耀選手とプロレスのおかげです。本当に感謝しかないですね。

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

au公式/ビデオパス

-[プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草, プロレスよありがとう!クレイジーでモンスターな好事家がマニアに捧げるメモリアルブログ

『FREEDOMS vs がむしゃらプロレス 対抗戦』