*

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 The Rising Sun(ザ・ライジングサン)

更新日:

ましてや2018年9月現在、RAWとスマックダウンでは年に一度の「入れ替え」があります。このタイミングを利用して、ベビーターンやヒールターンするケースも見受けられます。

中邑の今後は?

中邑選手の今後がどうなるかはわかりませんが、団体側が用意したキャラクター付けを、お客さんが拒否し続けた場合、現時点では予期せぬキャラクターチェンジもありうると思います。

そうしたオーダーに対して、いついかなる時も臨機応変に対応できるスキルもWWEスーパースターズには必要とされます。

シンスケ・ナカムラがベビーフェイスからヒールに転向し、またベビーターンするとしたら、それだけ中邑選手の商品価値をWWE側が認めている証にもなるでしょう。

再び「The Rising sun」に!

そうなった時に、テーマ曲がまた「The Rising Sun」に戻っている可能性だってゼロではないのです。

なお、2021年8月現在、中邑選手はベビーターンしており、入場テーマ曲も「The Rising Sun」に戻っています。

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

au公式/ビデオパス

-sekapro, [プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草

『FREEDOMS vs がむしゃらプロレス 対抗戦』

Copyright© sekapro , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。