プロレスよありがとう!クレイジーでモンスターな好事家がマニアに捧げるメモリアルブログ

sekapro

[プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草 プロレスよありがとう!クレイジーでモンスターな好事家がマニアに捧げるメモリアルブログ

[プロレス入場テーマ曲] プロレス的音楽徒然草 another side of (PEPSIMAN)

投稿日:

今回はプロレスリングFREEDAMSが誇る職人レスラーGENTARO選手のテーマ曲「another side of (PEPSIMAN)」をご紹介します。

実はこの楽曲、音源がYouTubeなどにはありません。演奏しているD.B.M.N.:ドーベルマンというバンドが発売したアルバム「collection of rare skins」に収められているのですが、リリースされたのが2002年とかなり前なため、CDは絶版。オークションでも比較的高値がついているアルバムなのです。

GENTARO選手といえば、九州、山口以外ではその名が知られた選手ですが、GENTARO選手のもう一つの顔「ナスティ・ブラックパンサー」についてはあまり語られていないので、この際、語ってみたいと思います。

最近でこそFREEDAMSの選手として煩雑に九州、山口方面で試合することが多いGENTARO選手ですが、その昔、覆面レスラーとして活躍した時代を覚えているオールドファンは意外に多いのです。ですから、世代によっては、ナスティ・ブラックパンサーの知名度が、GENTARO選手の知名度を上回ることもあるわけです。

ナスティ・ブラックパンサーがどんな選手かというと、私の主観では、ショーン・マイケルズを思い切りチャラくして、黒いマスクを被せた感じの選手です。当時の決め技は、マイケルズと同じスイート・チン・ミュージック(アゴを蹴り上げるキック)で、何ともいえない異才のレスラーでした。

それだけ強烈な印象を残したナスティ・ブラックパンサーですが、年月を経てGENTARO選手の体型も変わったため、本人による再現は事実上難しくなっています。

ということで、FREEDAMS代表、佐々木貴選手には、2代目ナスティ・ブラックパンサーの登場をリクエストしています。もしかしたらGENTARO対ナスティ・ブラックパンサーという試合も将来的には見られるかもしれません。本人たちにその気があれば、の話ですが(笑)

その雰囲気、佇まいから高い技術まで、ナスティ・ブラックパンサーに憧れてプロレス入りした選手までいるのもまた事実です。できたら21世紀にまたナスティ・ブラックパンサーの勇姿を観たいものです。

話はだいぶ逸れましたが、「another side of (PEPSIMAN)」は、なんせバンドや楽曲自体のデータが乏しく、CDなのに入手が困難というマニア泣かせの一曲です。できたら再発売なり、ダウンロード販売できるようしていただきたいのですが、いかんせんその兆候はないようです。

そこへいくと、ナスティ・ブラックパンサーのテーマ曲はジャネット・ジャクソンのBLACK CATであるため、今でも入手は比較的容易です。キャリアが前になるほど、テーマ曲の入手は困難だと思われがちですが、実は現役のテーマ曲でも手に入りにくいものがあるわけです。

その代表選手が「another side of (PEPSIMAN)」なのです。












au公式/ビデオパス

-[プロレス入場テーマ曲]プロレス的音楽徒然草, プロレスよありがとう!クレイジーでモンスターな好事家がマニアに捧げるメモリアルブログ

Copyright© sekapro , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.