[プロレスブログ] プロレス的発想の転換のすすめ(2) 体調管理とプロレス

[プロレスブログ] プロレス的発想の転換のすすめ

プロレス的発想の転換のすすめ(2) 体調管理とプロレス

[プロレスブログ] プロレス的発想の転換のすすめ(1)観察して想像してみる
プロレス的の発想の転換のすすめ(1)観察して想像してみる心理的メッセージとは私がこれからお伝えしたいのは、まず自分の心理状態を知ってみようというお話しです。人間が関わるものや、作り出したものには必ず心理的メッセージが隠されて...

体調管理とプロレス

今回は体調管理とプロレスのお話です。

プロレス会場でも近年は、夏は冷房、冬は暖房が効いており、非常に快適な空間が用意されているケースが多いと思われます。

厄介な気温差

しかし、観戦終わりで一旦外に出てしまうと夏は灼熱の空気が、冬は冷たい木枯らしが吹き荒ぶのです。

この気温差と言うのが非常にやっかいで、特に冷房が効いている空間に長くいると…

2つの厄介ごと

①夏場なのに身体が冷えて、体温が下がる
②外部との気温差で体調がおかしくなる

という厄介ごとが起きうるわけです。

頭を悩ませる

私は男性ですが、長年冷え性・低体温に悩まされており、特に夏場の過ごし方については、毎年頭を悩ませてきました。

この時期はら部屋に閉じこもっていても、外出しても体調を崩しやすいものです。

どうしたらいいか

特に夏場・冬場は自律神経を狂わせてしまいがちです。

では、どうしたらいいか?

自衛できる対策

特に夏場に自衛できる対策としては

①冷房の効いている場所に長時間いる場合、お腹周りを特に冷やさない

②外出する際は、こまめに水分補給して日陰を歩く

とり過ぎてしまうと

①に関しては、特に夏場は冷たいものをとりやすい季節です。

しかし、とり過ぎてしまうと体内から身体を冷やして、不調の原因になりえます。

お腹を冷やさないように

なるべく体温より低い温度の飲料、食品はとらないのも自衛策ですが、こう暑いとそうもいっていられません。

そこで、冷房の効いている空間では夏用の腹巻きをして、お腹を冷やさないようにつとめてみてはいかがでしょうか?

あくまで冷房対策

ポイントは肌に直接ではなく、衣類の上から装着する事と、汗が出たらつけっぱなしにせず、代えることです。

夏という季節柄、腹巻きというアイテムの長時間装着は難しいので、あくまで冷房対策として考えておくとよいかと思います。

自律神経の乱れに対応

もし、あなたがお腹周りより、足元が冷えやすいならば、室内ではソックスを履いて、足先を冷やさないようにするのも手です。

これはプロレス会場にいる時だけでなく、ご自宅でも外出先でも、長時間滞在する時に、適宜気をつけておくと、自律神経の乱れにも対応できるかと思います。

ご参考になれば幸いです。

発想の転換のすすめ
プロレス的発想の転換のすすめについて書き出した2つの理由「発想の転換のすすめ」記事を書き出した理由は大きく分けると2つあります。一つは、ハラダのプロレス 観を文章にしたいという気持ち、もう一つは、40代に心理カウンセラーとし...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました