*

プロレス居酒屋がむしゃら 祝15周年記念イベント『GAMSHARA MANIA'2015』~TEAM凱 vs GWO全面対抗戦~観戦記1(2015.11.1 北九州芸術劇場大ホール)

プロレス居酒屋がむしゃら 祝15周年記念イベント『GAMSHARA MANIA'2015』~TEAM凱 vs GWO全面対抗戦~観戦記1(2015.11.1 北九州芸術劇場大ホール)

がむしゃらプロレス年間最大のイベントGAMSHARA MANIA'がくるといよいよ今年も残り僅かなんだなと思う。今年は居酒屋がむしゃら15周年記念ということもあって前日にパーティーがあってさらに機運も高まっていた。パーティー自体もとても楽しくて、2時間があっという間だった。

10周年の時も思ったのだが、5年というのは本当にあっという間。特に居酒屋がむしゃらとがむしゃらプロレスの旗揚げ時期に時間差があるため、間に「がむしゃらプロレス

10周年」というのもはさんでいたから余計にそう思うのかもしれない。

しかも、例年になく今年は気温が低く肌寒い。もう冬に近い感覚になっているのも余計時間の速さを感じたのかもしれない。

▼オープニング全面対抗戦 & マサル プロレスチャレンジマッチ!!(30分1本勝負)

①マサル(スーパーワン=福岡よしもと) & ジャンボ原 & ○尾原毅 vs ×MIKIHISA & 豪右衛門 & マスクド・PT

(11分00秒)

理想をいうと、第一試合にはメインを張れる人材か、新人枠でやってほしいのだが、このカードには最初から両方入っていた。そういう意味ではよく考えられたカード。

ただし、マサルに関してはあくまで本業は芸人である。多くの場合、社会人プロレスラーは職場とリング内の顔が違う。

それはプロレスのリングと言う非日常な場所で、人前に立つから至極当たり前なんだが、芸人と言う職業は常に非日常の舞台に立ち続けているので、本人はどう思っているかはわからないが、顔を変えるにしてもかなり難しくなるような気がする。

見ている側もいち新人レスラーとして純粋に見づらいので、どういう気持ちでプロレスに取り組んでいるのかは、試合をみないとわからないのだ。

最近でこそ芸人さんがガチで頑張る姿が売りになるような時代にはなったが、そもそも笑いをとりにいく人間に感動はいらないと言う考え方は依然根強くある。

かといってふざけ半分でプロレスに挑まれても不快感がのこる。このさじ加減が非常に難しい。かつて福岡よしもとの同僚芸人たちは真摯にプロレスに挑んだので好感は持てたが、反面笑いの部分は捨てざるを得なかった。

しかし、後々彼らは自分たちが真面目に取り組んだことを話のタネにして、笑いには結びつかないが、つかみには使えているように思う。

多分マサルの落とし所は、先にチャレンジした同僚同様、ガチでプロレスに挑むしかなかったのだ。だから、格好こそ白ブリーフだけど、新人レスラーなみにローンバトルにも耐えたし、対戦相手のマスクドPTを挑発することもした。

やはりマサルにばかり目がいきがちだが、PTにしろ、尾原にしろ試合が久々とは思えないコンディションのよさ。尾原の蹴りと関節はMIKIHISAを凌駕していたし、PTも因縁あるジャンボと激しく渡り合う。見応え充分すぎる攻防が第一試合から惜しげもなく繰り出される。

仕事が第一である社会人だからこそ、限定出場になる彼らが彩ったことで、単なるマサルのチャレンジマッチという意味以外の色合いを試合につけられたのは、怪我の功名かもしれない。

確かに彼らが第一線で活躍し続けていたら、がむしゃらの歴史も大きく変わったことだろう。しかし、彼らの仕事が忙しくなったのもまた何かの巡り合わせかもしれない。そう思うといろいろ感慨深い試合だった。

マサルのプロレスチャレンジについては成功といっていいと思う。新人レベルとしては及第点をあげられるだろう。豪右衛門やMIKIHISAにしても、あまり触れる機会のない尾原毅の凄みに対峙できたのはいい経験になったと思う。特にMIKIHISAが尾原のファイトスタイルを会得すれば本物では絶対実現しえないスタイルを確立できるだろう。

▼大阪・なにわ vs 小倉・片野2丁目 対抗戦10人タッグマッチ!!(30分1本勝負)

②○なにわ1号 & なにわ3号 & なにわ16号 & DIEZEL & ベポちゃん vs 紅 & タシロショウスケ & ブラック☆スティック & パンチくん & ×竹ちゃんマン

(14分15秒)

第一試合と色が被りそうな第二試合だが、こちらもうまい具合に色分けができていた。なにわはセンセーショナルな出方をした割にはやはりお仕事の関係(多分)で、限定出場になってしまったのだが、今やがむしゃらのビッグマッチには欠かせないメンツ。当初の殺伐とした雰囲気はなくなったものの、プロレスを楽しんでいるのが好感もてるポイント。

一方皿倉山で出直しを迫られた紅はさすがに一週間では、軌道修正はできないでいたが、それでも何とかしようと言う気持ちは伝わってきた。

だが、前説で紅夜叉に間違えられているようではまだまだ。がむしゃらに所縁ある芸人さんに最低顔と名前を覚えてもらえるくらい、試合でインパクト残さないと、七海健大のゲキも無駄になる。ただ強いだけではやっていけないプロレスの難しさはこのあたりにある。

パンチくんや竹ちゃんマンや黒棒は安定しているし、彼らがいつも通りなんで久々の試合になったタシロも安心して試合ができていたみたいだった。

なにわ側に入れられたDIEZELも忙しい時間を割いてコンディションを整えてきていた。彼も限定出場にするにはもったいない逸材なんだが、やはり仕事第一である社会人プロレスでは避けがたいことではあるので、たまにこうして元気な姿が見られるだけでもよしとしたい。

▼6人タッグマッチ(30分1本勝負)

③スサノオKID(MDP) & ALLマイティ井上(MDP) & ×KAG大塚 vs グレート・カグラ(JOKER) & L.O.C.キッド & ○SMITH

(11分18秒)

さて、注目の松江だんだんプロレスの本格参戦。ゆくゆくは西日本の社会人プロレスオールスターをみてみたい私としては、彼らがこの大舞台で実力を発揮してもらわないと、先の夢もみられないと思っていた。

2年連続の登場になった井上とカグラは相変わらずコンディションがいい。ただ今回は若干サポートに回っていたようにみえた。その分初登場のスサノオが大活躍。同じキッドの名を持つLOCキッドと素晴らしい攻防を連発。被災地プロレスの提供試合の映像をみて、いつか生でみたいとは思っていたが、これほどLOCキッドと手が合おうとは!

ジュニアのトーナメントが無理なら正直YASUのタイトルに挑戦してほしい逸材でもある。これは他のがむしゃらジュニアもうかうかしてはいられまい。何よりLOCキッドがかつてないくらい試合から燃えるものを感じたし、いつかキッドコントラキッドで闘ってほしいくらいである。

多分今年初試合になるスミスも相変わらずののらりくらりぶりで、突貫型の井上を煙に巻いていたし、師弟対決になるKAGとの絡みでは非情な一面もみせていた。カグラは変幻自在のファイトで魅了させてもらえたし、もうこの時点でお腹いっぱいになっていた。

▼全面対抗戦タッグマッチ(30分1本勝負)

④○阿蘇山 & 菊タロー vs ×ダイナマイト九州 & くいしんぼう仮面

(14分16秒)

対抗戦の色合いか一番薄いのがこのカードだと思ったのだが、ダイナマイト九州のコスチュームには明らかに手製とわかるGWOの文字が…

しかし近年のプロアマ混合の流れで一番違和感なく溶け込んでいるのは、さすが九州。鉄板対決のくいえべに引けを取らないあたりはさすがとしかいいようがない。

面白いのはお笑いファイトもこなせる阿蘇山があえて厳しめの闘い方をしていたことで、これはベテランなりに自分の立ち位置を計算した結果なのだろう。だから試合内容が金太郎飴にならずに、コントラストをうみだしていた。このあたりはさすがである。

そしてここまで第三試合を除くと比較的いろもの系なカードが並ぶ中、老舗の意地をみせたくいえべもまたあっぱれである。特に本職の芸人が参戦する中で、笑いで勝ちに行く姿勢は彼らのプライドを感じずにはいられなかった。

▼GWA 無差別級タッグ選手権試合(30分1本勝負)

⑤[挑戦者]マツエ デラックス(MDP) & ○ミステリコ・ヤマト(MDP) vs TA-KI(TEAM凱) & ×ジェロニモ(TEAM凱)[王者]

(11分53秒)

さて、チャンピオンチームには悪いんだが、じつは波乱の予感しかしてないタッグタイトル戦。なにせチャレンジャーは現・山陰統一王者とだんだんプロレスのエースなのだ。巨漢のマツエデラックスと均整の取れたヤマト。パワーとテクニックでも穴がなさそうだし、このメンツだけで、だんだんプロレスの本気が伝わってくる。

一方のチャンピオンチームは、がむしゃらで酸いも甘いも噛み分けてきた2人である。当然デラックスやヤマトのようなタイプとの対戦経験もあるのだが、実はここに落とし穴があった。

確かに経験はあるのだが、あまりに経験則に固執しすぎると、かえってそれが足かせになる。当たり前だが、今回のチャレンジャーチームの2人と、かつてチャンピオンチームが闘ってきた相手は「同タイプだけど違う人間」なのだ。

仮想敵としてのシミュレーションはできても、対策としてはそれだけでは不十分だったのかもしれない。普段なら二重三重と周到な準備を怠らない彼らが、なぜかこの試合に限っては個別で立ち向かっていっているようにみえた。

連携してないようで、モチベーションが予想以上に高いだんだんプロレスサイドは、リズムよく試合を進めていたし、それは多分TA-KIやジェロニモが今迄闘ってきたどの相手とも違う気がしていた。

団体内で実力を競い合う場合、ある程度自分を過信するくらいでないと、なかなか頭角は表せないが、他団体との対抗戦ではそれが裏目になる場合もある。かねてより他団体と絡んできた経験値があるだんプロと、ここ数年でプロや他団体と直接絡み出したがむしゃら。敢えて差を探すならそこが勝敗の分かれ目だっだかもしれない。まあ、団体ごとにカラーや方針の違いはあって当たり前だし、だんだんプロレスと同じことをがむしゃらに求めてはいないのだが、今回の試合に限っては明暗を分ける結果になってしまったかな。

しかし、驚いたのはデラックスとヤマトが完璧な意思疎通ができていて、しかも素晴らしいくらい頭がいいこと。特にチームの司令塔、TA-KIを長時間出させないという点では徹底していた。完全にジェロニモをローンバトルにしてしまうのも分断だけど、少しずつ相手に悟られないように、巧妙にTA-KIを釘付けにしていく様は圧巻だった。試合後にTA-KIがかなりカリカリしていたが、たぶんジェロニモのせいで負けたように見えたかもしれない。

だが、見ているとだんだんサイドが綿密な罠を張り巡らせていた。まさか自分たちの得意分野である頭脳戦で、それを上回る相手にしてやられるとは想像もつかなかっただろう。

ともあれ、この時点でチーム凱、というか九州からGWAのベルトは全て本州に流出するという異常事態になってしまったのだった。

▼REINA女子プロレス 提供試合!!(30分1本勝負)

⑥×真琴 vs ○朱里

(6分50秒)

最初に結論いっておくと、試合内容は悪くなかった。ただどこか物足らなかった気がした。それは真琴が目指す目標にWWEディーヴァがあるということを知っていたからかもしれない。

正直全女全盛の頃なら「日本の女子プロレスは世界一!」と言い切れたけど、今は違う。海の向こうでは、ディーヴァ同士の女子王座戦が史上初のメインを飾り、しかも素晴らしい内容を残しているのだ。あのベイリーとサーシャのアイアンマンマッチは、WWE(NXT)の女子部門の実力を満天下に知らしめた。そして会場と視聴者を熱狂の渦に叩き込んだ。しかもダスティローデス杯決勝を脇にしてのメインである。その役割を全うしたことがいかにすごい事か!やはり世界は違うなと思い知らされた試合だった。

で、それらを踏まえた上で、この試合を振り返ると、まず朱里にとって真琴という対戦相手は必ずしも本領発揮できるタイプの選手ではない。朱里の持ち味は鋭い蹴りであるから、WNC時代に対戦した下野佐和子のような受けて耐えるタイプだとより攻撃が映える。

しかし、真琴は相手の技を受けて耐え忍ぶ姿が下手をすると痛々しくなりかねない。もちろん今の真琴には一流の技能が備わっているので、昔の彼女ほど弱々しくはみえないが、耐え忍ぶ泥臭さはやはり似合わない。

だが、これは朱里にもいえることで、仮に真琴に朱里を追い詰められる武器があったとしても、やはり彼女が受ける絵は想像しがたい。

そうなるとある程度お互いの出せるものを最初から出し合う展開になりがちになるのは仕方ないかもしれないし、実際持ちうるすべてを出し合ったこの試合は確かに素晴らしい試合になっていた。

ただ、彼女たちが全力で闘っていた(強いていえば朱里が蹴りを繰り出す割合は少なめではあったが)にも関わらず、ややダイジェストみたいな内容になり、約6分強闘い抜いても「意外とあっさりしてたな」とか「もうちょっと見たかったな」という声が出てくる結果になったのかなと想像しているのだ。これが15分一本勝負ならまた違う感想になったかもしれない。もちろん満足したお客も多かったのは事実だし、会場の総意ではないことは十分に承知している。ただ、物足りないと感じたお客が一定数いたことにはなる。これもまた事実である。

でも、個人的には彼女たちが、いつもと違う新鮮なお客の前で生き生きとした表情で試合をしていたのは脳裏に焼き付いているので、次回があるのであれば、これに懲りずにまた来てもらい、再び素晴らしい試合を見せていただけたらと思う。

正直真琴と朱里がここまでレスラーとして成長していたのは予想外だったし、うれしかったけれど、だからこそ「頑張ったね」では終わらせてあげたくないのだ。

やはり彼女たちにはどうせなら世界を目指してほしいのだ。かつての同僚だった華名改めASUKAが全米デビューした事実があるからこそ、さらなる研鑽と奮起を期待したい。

-プロレス観戦記