*

映画鑑賞記・ミル.マスカラスの幻の美女とチャンピオン

投稿日:

ミル.マスカラスの幻の美女とチャンピオン

09年11月5日鑑賞。

1970年製のルチャ映画。

ブルー・デーモンミル・マスカラス

ルチャ・リブレ(メキシコ版プロレス)の

“正義の戦士団”5人衆は、今日もリングで

熱い戦いを繰り広げていた。

 ところがそこにマシンガンを持った

謎の小人軍団が襲来。敵の親玉は5年前に

ルチャ界を追放され、マッドサイエンティスト

化したマノ・ネグラだ。証拠はないがそうに

決まっている。街のミスコンに出場している

彼らの恋人たちも次々とさらわれてしまった。

怒りに燃える正義の戦士団!どうする正義の

戦士団!

 1970年当時にメキシコで人気だったルチャドール

(メキシコのプロレスラー)を主要キャストに据えた

SFアクションムービー。リンピオ(善玉)の

ブルー・デーモンミル・マスカラス、メディコ・アセシーノ、

ティニエブラス、ソンブラ・ベンガドーラ

(=ラヨ・デ・ハリスコ)が正義の戦士団を、

ルード(悪玉)のブラックシャドウが敵マノ・ネグラ

一の子分をそれぞれ演じている。

日本未公開。スタンダードサイズ。81分。

 いやー、この作品、頂き物なんだけど、久しぶりに

頭の悪い映画がみられて大満足。

いや、頭が悪いっていっちゃいけませんね^^

B級の中のB級と言い直しましょう(余計悪いかも^^)。

まず、マシンガンで半裸の人間を襲撃するという

むちゃくちゃなスタートからして凄いのだが、

なぜかスナイパーのミゼットは試合が終わるまで

律儀に待っているし^^そんなのねらっているんだったら、

リング上でなくてもできるじゃん...

という突っ込みはさておいて^^マシンガンで

撃たれたのに絆創膏張っただけの治療で

動き回るマスカラスもどうかとは思うのだが...

 この後、なぜか敵が銃火器を使う頻度は

どんどん減っていき、かわりに肉体と肉体の

ぶつかり合いの「どこでもルチャ」が場所を

選ばずに展開する。野っ原はもちろん、

空中でも、水中でもルチャドールたちは

「マスクを決して取らずに」戦い続けるのだ。

ビバ!メヒコ!

 「街のミスコン程度の美女」をさらって、

マスカラスに復讐しようとするマノ.ネグラの

頭の悪さも相当なものだが、このマッド博士、

なぜか発明だけはしょーこりもなくいろんなもの

を作り出すのだが、どれも役に立たないもの

ばかり作るという、ボヤッキー並の天才なのだ^^

 後はひたすらジャジーな音楽がどんなシーン

にも延々流れているというルチャ映画おきまりの

抑揚のなさが、見ている我々を催眠状態に

陥れていく。つまり、だんだん「これってアリ」

だよなあ...と薄ぼんやりとした頭で思うように

なってしまうから怖いぞ、ルチャ.リブレ!

さすが自由への闘いである。もう自由すぎるくらい

自由なのだ。闘う必要がないくらい自由^^

 もうここまで来たら、筋書きなんてどうでも

良くなってくる...

というか最初から筋なんて期待していないんだけど^^

かわりに嫌と言うほど、脳天気な闘い模様が

延々と繰り返される。しかし、ルチャ映画はこう

でなくてはならない。たとえブルー.デモンが

主役なのに、日本版では「ミル.マスカラスの」、と

謳われていても、目くじらたててはいけないのだ。

そんな事例ごまんとあるんだから。

 いやー、堪能したね、メヒコはいい!

本当にすばらしい。太陽の国は頭の中まで

とろけているのだ。グラーシアース!

こんなのアメリカじゃまずとれはしまい。いや、世界中

探したって、こんな映画があるのはメヒコだけである。

すばらしい文化だと思う。

 ビバ!メヒコ!

ビバ!ルチャ.リブレ!

-映画鑑賞記

『FREEDOMS vs がむしゃらプロレス 対抗戦』

Copyright© sekapro , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。