[プロレス観戦記] 門司みなと祭り・北九プロレスZ (2013年5月26日:門司港レトロイベントスペース)

門司みなと祭り・北九プロレスZ(2013年5月26日:門司港レトロイベントスペース)

写真はこちらから

注意書き

*ここから先はかなり不快になる表現が含まれます。反論は一切受け付けませんので悪しからずご了承ください。またこの注意書きを無視して読んで不快になられても当方は一切の責任を負いません。

イントロダクション

この日は門司みなと祭りの2日目。ステージであるよさこいが最高潮に盛り上がりその余波を受けてプロレスが始まるという絶好のシチュエーション。なんせ黙っていてもお客がいるのだ。団体と選手の工夫次第ではいくらでもこの観衆を自分たちのお客にすることができるのだから気合いいれて当然。

ましてや今はプロレスそのものを世間が認知していない状況下である。お客を呼び込めるという事は自団体の繁栄のみならずプロレス界の繁栄にもつながっていく。こうしたイベント試合の場は実はとても重要なのである。ある意味プロレス界を代表して世間と闘うというのがイベントでのプロレスなのだから。

第一試合

○谷口勇武 対 ●ヴァンヴェール・・ネグロ

ネグロは磁雷矢率いるレアル・ルチャリブレの門下生。つまり月謝払って教えを乞うてる身なんで厳密にいうとプロであってプロではない。技術はあるんだけどそれ以上のものがない。悪役(ルード)なんだけど自己プロデュース能力がまだ未完成なままなんで悪役としての自己キャラの確立は模索中。こればかりは人前で場数を踏まないといくらリングのある道場で練習だけ積んでもどうにもならない。

で、一方の谷口に自己プロデュース能力があるのか?といえば、はっきりいって「ない」!ないというより欠落してるのだ。だからルックスもよく、運動神経もいいのに総合すると何か残念というのが谷口という選手である。よって谷口がリードして試合を組み立てる事が出来ないので試合は当然盛り上がらずぐだ~っとした空気のままセコンドの介入で反則勝ち。

こういう不透明決着を第一試合からやって喜ぶのは汚れたプロレスマニアだけ。しかし周りでみてるのは一見さんなのだ。その認識があったらこんな結末にはしないし、もっていかないだろう?考えて試合してる?

その証拠に試合前は二重・三重にリングを囲んでいた観客がぞろぞろ帰りはじめたのだ。この大会はもちろん入場無料。ようするに第一試合で観客から「ただでもみたくない」という判定を下された両選手には猛省してほしい。

第二試合

○磁雷矢 対 ●誰か

レアルルチャのマスクマンと師匠のシングルマッチ。相手の名前は覚えてない。というか、レアル自体にいいたのだが、本場のルチャを想定して全員にメヒコでのリングネームを付けるのはやめてほしい。ぞれはいずれメキシコに渡った時に考えればいいことで、スペイン語で見も知らぬマスクマンの名前をなんで日本人の観客が覚えられようか?芸人がよくいう決まり文句の「顔と名前は覚えて帰ってくださいね」は最低人前で試合するときは必要なんじゃないかな?プロとして。

日本人選手が海外に行くと大概わかりやすいリングネームにしてるのはむこうのファンに覚えてもらうためであってその努力を怠っているうちはメヒコに行っても決して大成はできないだろう。

最低師匠越えというテーマも見えるかなと思ったこの試合、ふたをあけたらルチャ教室という体たらくでアイアンマンマッチかと思うくらい磁雷矢の技が面白いように決まっていく。あきらかに決まってるのにわざわざ自分からほどいてもう一回メキシカンストレッチにいくのが見え見え。

で、ルチャを名乗るなら最低限の空中戦くらいあっていいはずがほとんどそれもない。ということは相手に磁雷矢の技を受け止める技量がないことを露呈してっしまったわけでもう試合がはじまって数分で興がそがれてしまった。

せめてわかりやすいとび技主体で会場を盛り上げればよかったのだが第一試合反則、第二試合、わけのわからない技でギブアップ勝ち。この展開でお客が盛り上がる?大会のバランスとか試合での立ち位置を誰ひとりとして理解してない。マニア的にはもう失笑の嵐なんだけど、当の選手たちにその気づきはあったんだろうか?

第三試合

○皇牙 対 ●KAZE

昨年の試合では腕があがらないのど輪で観客から失笑されていた皇牙。せめて元力士なら相撲のキャリアくらいまともに使えないでどうする?と思ったが今回はさすがにそこまではひどくなかった。が、問題はKAZEである。この選手もデビューからずっと見てるけど自己
プロデュース能力が欠落してる。だから周りからどう見られてるかが全くわかってない。確かに所属3名の北九プロで誰かがヒールやるとしたらKAZEしかいないのは事実だけど団体の代表がヒールってすでに同じ九州のFTOが先んじてやってる事でこれも二番煎じ感ばりばり。

まだいいたいことはある。入場テーマというのは昨今、どのスポーツも取り入れていて大概その選手のお気に入りをかけるものだが、基本、この曲が流れたらこの選手が出てくることをお客に一発で認識させるツールでもある。そこをころころその日の気分で曲を変えていたらKAZEという選手がお客さんに認識されにくい。にも関わらずまたテーマ曲かえてるし、しかもアニソン。

KAZEが真正のオタクなのは長い付き合いだから知ってるけど他選手の使ってるテーマ曲も平気で使ってしまうあたりはセンスの欠落を感じずにはいられなかった。

しかもKAZEは中身がオタクなのだけどチャラ男にあこがれている部分がある。実際チャラいところはあるんだけど、それを演じきれる能力はないに等しい。KAZEというキャラを自己プロデュースできていたらこんなグダグダな感じにはならなかっただろうに・・・・
なまじプロレスには真面目に取り組んでる分、残念感が半端ないのだ。

で試合はまた反則。反則~ギブアップ~反則って・・・・しかも途中でお客が続々帰ってるのに・・・・・空気も読めないというのは致命的ですらある。

試合後谷口が乱入してきたがこの時のマイク合戦がまたひどい。マイクのスイッチははいってないわ、KAZEと谷口はカミカミで何いってるかわかんないし「いつやるの?今でしょ」っていって第4試合をスタートさせてたが、本人的には流行の最先端なつもりで引用したんだろうけど世間的にはこのフレーズ微妙にあきられてるし、のっかったつもりがすべってるというのもダメダメ感たっぷり。

第四試合

○谷口勇武&皇牙&磁雷矢 対 ●KAZE軍

試合はベビー軍が勝って悪の軍団を薙ぎ払ってハッピーエンドとなるはずがもうこの時点でお客は三分の一に減ってるのでここまで引っ張った意味がない。結果はベビー軍が勝ったけど全然盛り上がらない。そして大事なところでまた噛みまくる・・・・

さすがにマニア的に面白いといってもこの時点では飽きてきたし、どうでもよくなっていた。

次回大会の宣伝もしてたけど、これを有料で見に行こうと思った一見さんがいたとしたら相当なもの好きである。

で、今回のまとめ。試合以外でも色々気になることがあった。まずレフェリーが邪魔!360°お客の目線に入らない位置にいるのは不可能だろうけどあきらかに選手を遮る位置に立ってることが多く、写真撮るたびにいらっとした。レフェリーは試合進行をする側として黒子でもあり、主役でもある。ただ審判したいならほかのスポーツに鞍替えしてほしい。

そして音響。これも大して期待はしてなかったけどマイクのスイッチ入ってないわ、テーマ曲の出だしはきれてるわまあ、素人仕事も甚だしい。

そしてもともとショー的にストーリーラインを作ってみせるエンタメ路線が好きなプロモート側もエンタメをなめないで真摯に勉強しなおしてほしい。まあ無理だろうけど・・・・・

そしてエンタメ路線のスキルがほとんどない選手たちにも自分がやりたいこととできることの区別は最低つけてほしい。できないならできないなりの方法はあるのだから、知恵をしぼるべきでしょ?プロ団体を名乗ってる以上それは最低限やるべきことでしょ?ってかあんたら本当にプロ?

後記

終わってみればプロレス界にも自団体にも大きな爪痕と残し、立つ鳥跡を濁しまくった大会だった。

これでも十分オブラートに包んで書いたんだけど、会場では聞くに堪えないような発言をしてたからね。あれを再録したらこんなもんじゃすまないですよ!

プロレス観戦記
プロレス観戦記についてブログの肝ブログ「sekapro」において、肝の一つに据えているカテゴリがプロレス観戦記です。そもそもは自分が観戦した大会の備忘録代わりにはじめました。スタートしたのは、1996年くらいからです...






follow us in feedly

タイトルとURLをコピーしました