*

[プロレス観戦記復刻版] プロレスリングワラビ―INケルベロス 道場(12.4.30 日)

更新日:

プロレスリングワラビ―INケルベロス道場観戦記(12.4.30 日)

イントロダクション

写真はこちらから

HIDEHIKO夫妻の結婚式後、目黒から埼玉へ。ハトえもんさんのリアル昭和号に便乗して、初首都高体験。いや、この道路の粗悪さは福岡の都市高速の非ではない。継ぎ足し継ぎ足しして作ってるんでカーブがやたら多いし舗装はガタガタ。東京都もオリンピック招致とかする前にこの道路なんとかしようよ!

でないと事故が絶えないだろ?これほっとくのを行政の怠慢とはいわないのか?まあ管理してるのは国か公団系かもしれないけどそれにしてもあれで金とる神経が理解できない。

もっともおかげで観光予定のないスカイツリーや東京タワーもみられたし、まあ都心でおなじみの渋滞も体験したんでそれはいい記念にはなった。しかし自分がレンタカー借りたしてもあの道路だけは絶対走りたくない^^

オープニング

で結局日が落ちる頃にケルベロス道場に到着。もっとへんぴなところを想像していたが、意外にも駅前の線路沿いにあってびっくり!

ここの道場主は浜野さんといってなにげに強い方^^普段は指導者で興業時は試合にでないでドリンクとか売ってる裏方だけど、実は内緒で試合にもでてるらしい。ちなみにレフェリーは小笠原先生^^いや、売店の売り子?とレフェリーが選手より最強って・・・・???^^

しかもワラビ―の矢野はわざわざ我々の到着を待ってくれてったらしい。しかも頑固ファン(頑民)のハトさんたちのためにわざわざ頑民シートまで用意してくれたんで晴れて私も頑民デビューができた^^

リングアナはスキンヘッドの強面で名前は「会場さん」というらしい^^その会場さんがホテルカリフォルニアを冒頭で熱唱。なんかFNWみたいな雰囲気だ^^唄っている途中で飛田が「全然、違うじゃんかよ!」って突っ込みいれながら通り過ぎていった^^

でも会場さん、一生懸命歌いすぎてノドからしたらしい^^リングアナなのに序盤でのど使い切るって^^

第1試合

●長瀬館長対○佐野直

ミクロがワラビ―を退団したため、代わりに佐野が館長のベルトに挑戦するのが第一試合に。いや、第一試合でタイトルマッチってどんだけ軽いんだ?

入場と同時に佐野が「長瀬さんのベルトは奪ってはいけないんだよ!」とアピール。いや、あんたこれから挑戦するんだろう?試合は館長がボコボコにやられる展開に。もともとなんかの護身術かなんかのホントの先生なんだけどプロレスが好きすぎて試合をやってるらしい。底辺の青柳館長ともいわれていた(館長ごめんなさい^^)

序盤の佐野クラッチで危うくカウント3が入りかかりひやっとしたがこれは小笠原裁定が異様に館長に甘く佐野に厳しいという気分次第のレフェリングで佐野が攻めてるのにどんどん劣勢になっていく^^

それでも佐野は異様に厳しいボディスラムやリアルに受身の取れないみちのくドライバーⅡでKO寸前まで追い込んだがレフェリーの小笠原先生はどんなに肩が付いていてもカウント2にしてしまう。ひでええ!!!

それでも佐野は厳しく攻め立て打撃でもグランドでも王者を圧倒していく。長瀬館長も一矢報いてコブラツイストをかけたが佐野は「ギブアップなんかしないぞ!俺はクイックでしか負けないんだ」って言っていた。ますますクイックで長瀬館長が防衛しそうな雰囲気になってきた。小笠原マジックがあれば無敵だもんね^^

その小笠原先生は試合中にもかかわらず「ハトさん、危険だよね」って言ってきたり、佐野がレフェリーの気をそらすために「レフェリー!ハトさん!ハトさん!」って言っていた。 ハトさん有名人だなあ。

やられっぱなしの館長だけど、これは実は館長のペース。60年代NWAやAWAを愛する館長ならではのリスペクト?なんだろうと勝手に解釈したが^^過去にこの手の試合展開になると必ず最後は防衛に成功するらしい。

ところがなんと佐野が完璧な3カウントを奪ってしまい長瀬館長、王座転落!まあ、いつも防衛しているベルトではなく、もう1つのWMWパナママーシャルアーツのベルトだったそうだが佐野なにげに初戴冠らしい。歴史の1ページをみてしまったよ!

でも勝った佐野が「今、2で返しただろ!」と抗議していたので大笑いしてしまった。

第2試合

○大久保一樹対●チュパカブラ

大久保がワラビーに登場!しかもマスクマン相手にUWFルール・・・リングのないケルベロス道場では仕切り線から肘が出るとロープエスケープ扱いになるらしい^^この肘が出ないとというところ「だけ」小笠原先生は厳格に守っていた^^なんでだろう???

頑民は一斉に頑固コールに大久保コール。チュパカブラにもメヒココールが発生。

格闘スタイルの大久保に対してチュパカブラはルチャスタイル。でもルールはUWF^^まあ第一次Uまで含めれば広い意味でU系の試合なんだけど^^でも不思議なことにチュパカブラはメキシカンなのに「いてっ!」とか「苦しい!」という悲鳴をあげていた。あれ?

ところが試合中に地震が発生するハプニング発生!最初は電車が通ってたんでその揺れかと思ったら地震警報が鳴って本物と判明。しかしリング上では大久保にチュパカブラが関節を決められた状態で「ドントムーブ!」を命じられてしまった。

いや、アクシデントとはいえこれはないだろ!^^

さらに小笠原先生の自由っぷりが本領発揮しはじめた。ダウンをすると「多分、3回目くらい!」とか。もう先生の独壇場!そのドントムーブが分かれ目だったかふらふらの相手に大久保容赦ないハイキック一閃!そのまま勝利を収めてしまった^^

第3試合:メイン

矢野啓太&ばってん多摩川&サバイバル飛田対勇者アモン&ウインガー&ピンクタイガー

入場前にこの試合のルールが発表された。「頭から落とす技禁止、急所打ち禁止以上です!」・・・・これって明らかに後楽園で勇者アモンが全部やらかしたことらしい^^

一応行きでレクチャーうけてたんでこの段階で大笑いできた。みると浜野さんも大笑いしていた。矢野が出てくると頑固コールとハス!ハス!の大合唱。ああ、これが噂の^^
入場はテクニコ側の入場順がピンクタイガー~ウインガー~勇者アモンという順番。

ウインガー、もうすぐ20年選手なのにアモンさんの入場が最後ってどういうことだろう?そしてキャリアが一番浅くてなんもできないアモンがラスト・・・・

思ったのは「お金もってる人はキャリアも凌駕する」 ってことだった。でもイヤミな金持ちじゃなくて勇者アモンだから許されるんだと思う^^

キャプテンフォールマッチでキャプテンにまでなってたのには驚いたけど!本当にいいのかなあ・・・・・

この試合テクニコ対ルード、メヒコ対アメリカという図式が完全に出来ていたが全員日本人・・・・あ、アモンはメヒコだから違うのか^^ルード軍がアピールすると一斉にブーイングやクレーロスという声が飛ぶ。埼玉なのに^^

しかしゴングと同時に矢野とウインガーは流れるようなレスリングを披露。こんな間近でこういう展開が見られるのはなかなか体験できないんで羨ましかった。

今大ブレイク中の勇者アモン人気が凄い。とにかく出てくるだけで大歓声、不格好で今のマスカラスより打点が低いフライングクロスチョップ、決めるまでやたらと時間
のかかるメキシカンストレッチといちいちツボにくる。このトホホ感満載の選手が一番エラそうというのが凄い!

さらには勇者アモンが相手の腕を掴んだだけで笑い声が起きた。勇者ホイップ(垂直落下式アームホイップ)という、要はアームホイップを失敗してしまも相手を危険な角度で落としてしまい、数多くの対戦選手を激怒させてきた「技」をこの日も出そうとしたらしい^^

芸人ばってんにまで「プロレスを舐めるな!」と言われて蹴りまくられ、飛田からはトイレ掃除のすっぽんで殴られ、矢野からも背中をひっかかれたりUSA軍はド素人のアモンに厳しいプロの洗礼。というかばってん、芸人だよね?^^

勇者なのにボコボコにされるとアモンはすぐさまタッチを求めていく。キャプテンなのに。その姿にも大爆笑!!!!

まさに時代は東京多摩ルチャス!アモンコールが止まらない!この後ついにDDTや頑固にまででてしまった勇者アモンの勢いは止まらない!!

ばってんのエルボーはご存じ「アイダホ・ミネソタ・ミシシッピ」だけどこの日は変形パターンでその名もルチャエルボー!「アミーゴ!アミーガ!アヤミーガ!」で繰り出したのだった。なんでもうちわ受けだったらしいがお客さん大爆笑^^

頑民シートからは一斉に「アヤミーガ!アヤミーガ!」というコールが発生。さらにウインガーとピンクタイガーがばってんを逆さまにして両足を持つ。。。
あっ、これはまさしく「たけむらドロップキック」!これもレクチャーされたんだがかつてアモンが失敗して金的になってしまいこれでも対戦相手を怒らせたらしい^^

走り込んでジャンプして急所に!その瞬間、会場が爆発!一斉に「たけむら!たけむら!」という大きなコールが発生。いや、この瞬間ただの失敗作が技の名前として認知されたのだ! この会場にいない選手なのに・・・・^^

この後、ルード軍が一斉に反則行為に!ピンクタイガーのマスク剥ぎをすると一部の客から「どうせ見たって」「○●(本名)だし」という声が飛んでいた。おいお・・・・
ルード軍はウインガーのマスクも剥ぎ取り、アモンにはパイルドライバーで頭から落としていく。ここでゴングが鳴り、3本勝負の3本目はルード軍の反則負け。

後楽園では頭から真っ逆さまに落としたらしい勇者アモンが今日は逆に頭から落とされていた。しっかりおかえしされてたのだ!

さらにゴングが鳴った後、飛田が火を使おうとした(以前本当にやったらしい)瞬間に道場主の浜野さんが飛田にドロップキック。そしてルード軍を蹴散らして浜野さんが
マイク。「ミクロが退団してもワラビーとケルベロス道場は永遠に不滅だ!」とアピールしたらすかさずなぜかみちプロのテーマが?なんで???

会場は大・浜野コール!そしてアモンコールも起き、ファンがリング(ないけど)を囲む。そこを握手で回る浜野さんとアモンさんとタイガー。なんと凄い光景だ^^勇者アモンがサスケを超えた!^^

一旦選手は控室に帰ったが鳴り止まぬアモンコールに勇者再登場!控え室から出てきて「アミーゴ!」とアピールする勇者アモン。試合後、客を見送る勇者アモン!
すっかり主役になってる!キャリア一番浅くて一番プロレス下手なのに主役って!!!!

佐野は「長瀬さん!このベルト、持って帰ってもいいですか?」って聞いていたのがおかしかった^^メインはまあ透明決着だったんだけど誰も怒らないっていうのも素晴らしい。大満足で会場を後にすることができた。

後記

大久保にサインもらった時山口からきたことを告げ「是非!頑固巌流島を!」といっておいた^^ 当然勇者アモンからはサインもGET!終わった後は友達5人で大袋名物の通称インディー中華で食事。深見さんの話や勇者アモンの話で盛り上がった。そこに長瀬館長も合流して一緒に食事。帰りはなんと電車で池袋まで館長の護衛付きで帰る事ができた。館長お世話になりました!

楽しかったなあ^^初ケルベロスで色んな初体験ができた。みなさん本当にありがとう!Muchas gracias!!!(アモンさんはこう書くと多分読めない^^メキシカンなんだけど、日本滞在が長すぎてスぺイン語がでてこないんだろう^^)






follow us in feedly

-sekapro, プロレス観戦記, プロレス観戦記復刻版

『FREEDOMS vs がむしゃらプロレス 対抗戦』

Copyright© sekapro , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。