*

[プロレス観戦記復刻版] FREEDAMS&大日本博多大会前夜祭

2018/05/31

FREEDAMS&大日本博多大会前夜祭 (11.3.25 金:於・プロレス居酒屋がむしゃら)

ほぼ前日まで体調絶不調だったのだが、なんとか出ていけるようになったから不思議なもの。だが残念ながら前夜祭は20時開始予定でどうしても19時女子プロレスの放送とバッティングしてしまう。

アーカイブ残らないと嫌だなとは思いながら苦肉の策 して、ケータイでUSTREAMを音声だけながして 移動という手段をとった。まあ見ながら運転はできないしだいたいケータイのアプリ自体が不安定な出来なので画像は映らないのは覚悟していたが、案の定全く映らない!

まあさしずめラジオプロレスってとこか。幸い通常放送ではなく震災後初のアイス後楽園大会を振り返るという企画だったし、 のちにサムライで放送される素材を使っていたので 音声だけでも楽しめた。

しかし小笠原先生の試合だけは音声だけで聞くと余計混乱してしまった。対戦相手だった葛西選手がこられるので後で聞こうという事にして先を急いだ。

小倉についてもあいにく映らないままでしょうが ないので音声のままがむしゃらへ向かった。 で中に入ってみたらまあぎっしり!! 要予約の会合だったんで、事前に行く旨は伝えてあったが ひとつだけあいていた席に座らせてもらった。

電波状況の悪い場所ではないので画像入ると思ったらこれが全く映らない。ようやく入ったらメイン終わってた!そうこうしてる内にダイナマイト九州選手をはじめ野本・林組や がむしゃら勢も続々参戦。

20時開始予定ながらまあ 当然定刻にはじまるわけでもなくツイートしながら時間をつぶしていたら 林選手が横に来てくれて、しばし談義。 実は林選手は山口県宇部市 にお住まい。同県人 なのだ。でもやっぱ宇部市民からすると下関は ほとんど九州という印象があるという。 まあ仕方ないか。

ぶっちゃけ下関でも減ってるプロレス大会は宇部まで行くと数年に一回の機会しかない。 実をいうと小野田・宇部近郊はテリトリーの一部である私は宇部の俵田翁記念館 にはほぼ皆勤でいってるので、話がかみ合うのだ。大谷と藤田が初めて組んだ新日もみられてるそうでこの話ができたのは嬉しかった。

で林選手、外見が二枚目で、最近はジェロニモ選手につっこまれまくりのちゃらいイメージをもたれやすい らしい。 「自分ドラゲー(のスタイル)を めざしてるように思われ
がちなんですが 実はプロレスそのものが 好きなんです!」 といわれていた。

林選手には厳しいことも書いたことがあったけど皆が「林には将来性がありますから!」と口をそろえるだけあって実に好青年だった。

やっぱそれだけ期待かけられるって事は信頼があるってことだから。そうこうしてる内にマスター が本日のゲストを連れて登場!大日からは沼澤選手、先日奪取したばかりのアジアタッグベルトケースをもった!関本選手、FREEDAMSからは佐々木貴選手、葛西選手の4選手が登場!

いきなり凄いムードになってきた。プロレスファン的にはぶっちゃけこの場にいられるだけでいいくらい!

まずは乾杯からはいって、歓談タイム。 選手たちはテーブル席についていたので カウンター席の自分たちはそれをながめる感じになっていた。まあこれはいつもの事なんだがやっぱそうそう恐れ多くて近寄れるものではない。

林選手や晴シェフにも数回すすめられてようやく沼澤選手とお話しすることに。この中では一番きっかけが 作りやすい選手でよかった。なぜって、沼澤選手は過去3回19時女子にゲストで登場してるからだ。

とはいえいきなりそれもないと思ったんでまずは自分が古くから大日見てる事をアピール。 で沼澤選手が入る前の大日の話から山口最後の大会になった青年の家大会の話を振ったら沼澤 さん覚えてた!「ありましたねえ! あの時どんなデスマッチでしたっけ?」と聞かれたので「さすがに青年の家ですからアイテムはなしのストリートファイト形式でしたよ」と答えると 「そうですよね。青年の家ですものね」と笑ってらした。

しかしアイテムは使わなくても青年の家でデスマッチした事実は変わりなく実は伊東選手大流血しているのだが^^

でここからやっと19時の話題に。本編では埼玉にある制作会社に仕事で来られてた沼澤選手が蕨を通りかかって見学していた という紹介だったが、「あれは本当に 所要で埼玉に来てて 見学してたらGENTAROさんに呼ばれて出る事になったんですよ」。そうだったのか!

しかし19時とアイスに関しては素直に 凄いと。無観客の中であれができるってこと自体が凄いし、後で「声援」を 「読める」のも 凄いと絶賛!特に藤本つかさ選手の頭の回転
の良さを絶賛していたので 「彼女は教員免許もお持ちですよ」といったら 驚かれていた。

ちなみに藤本選手と真逆に いるのがM本都らしい。

で「デスマッチをUST でやりません?」 といったら即座に「無理です!」といわれました^^ まあそりゃそうだ。 でも古戦場でデスマッチをしたいとはいっておられたのでぜひ巌流島で! とお願いしておいた。

ちょうどきりのいいところでジェロニモ選手と交代して野球の話になったので聞いていたら横浜ではなく西武ファンという事実も発覚。これも面白かったが^^

で沼澤選手が退席された後、 ジェロニモ選手に2・20でTA-KI選手をぼこったボックスの「破片」を見せると笑ってらした。「会場ではジェロニモさまが降臨してくる」らしい。「ヒールはやってて 楽しい」とも。

でそうこうしているうちに 時間がきてしまったので サイン&写真撮影会に。まずは佐々木貴選手と沼澤 選手にお願いしたが、うっかり佐々木 選手のケータイに足引っかけて しまうという失態! いい方だったんで許して下さったが冷や汗ものでした。

サインいただくとき「さっき たまたまツイッター みてたら佐々木選手の事 ほめてましたよ」(これは 全くの偶然でアンチ佐々木だった ファンが気が付いたら 佐々木ファンになっていたと いうもの)と告げると喜んでらした。沼澤選手には 「また19時でお会いしましょう」といわれてしまった^^ まあ7割アイス& 19時の話しかしてなかったしなあ^^

で葛西選手には例の小笠原先生との試合を聞いたら「あの先生だけは何してくるか わかんないっす!」 で本当にフライングクロス チョップとかやったらしい。「おれっちくらいすよ。 あの先生の技受けられるのは」と笑ってらした。

「またアイスにも上がりたいですしオファー もらえるよう頑張ります」と笑顔でサインして下さった。

関本選手が一番遠かったのでサインと写真のみになったが店内の人数の多さでは致し方ない。 で拍手の内に選手の 皆さんはマスターに連れられて退場。

ひとしきり混乱もおさまりいつもの がむしゃらの空気に戻っていった。ここで帰られたかたも大分いたし。がここから今度はアニメ・特撮話で 盛り上がりすぎてしまい (ほぼ私が一方的にまくしたてただけだが^^)数限りない話を際限なくしてたらあっという間に閉店時間を大幅オーバー。

気が付いたら一時まわってた! さすがに申し訳ないんで晴シェフとニッキーさんジェロニモさんたちに礼と お詫びをして帰らせてもらった。いや実際後半の話の方が個人的にはテンション高かったのだが。しかし本番は明日。こんなに前夜祭から飛ばして大丈夫なのか?

結局帰ったのは午前2時をまわっていた・・・

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

au公式/ビデオパス

-FREEDAMS観戦記, プロレスよありがとう!クレイジーでモンスターな好事家がマニアに捧げるメモリアルブログ, プロレス観戦記, プロレス観戦記復刻版

『FREEDOMS vs がむしゃらプロレス 対抗戦』