*

[プロレス観戦記復刻版] プロレスリングノア下関大会(08.7.12 海峡メッセ下関)

2018/06/10

プロレスリングノア下関大会(08.7.12 海峡メッセ下関)

考えてみればノアも4年ぶりくらいかな。 顔ぶれもずいぶん変わっていて、覚えるのが
大変だった。いつの間にか、ムシキングは いなくなっていたし(どんだけ来ていないか
わかるでしょう)

第1試合 太田 対 石森

純正ノアの太田対闘龍門X出身の石森。スタイルが全然違う。かみ合わないけど おもしろい。これはこれで若手同士の試合としては ありだと思った。

第二試合 百田.井上 対 志賀.川端

デビューの頃から見ている井上がこんな位置なのかナーなんか寂しい。 パンチまだいたのね...

第三試合 斉藤.相島 対 田上.佐野

田上は見れば見るほど馬場火山化している。 背中そっくり。一方懸賞の肉がかかって俄然やる気の斉藤組。三試合とは思えぬ 激戦で、結局田上に軍配が上がったのだが、まいくで彰俊が「半分だけでも」という 一押しのお願いもあえなく却下。

お肉はもらえませんでした。

休憩。

第四試合 平柳.金丸 対 リッキー KENTA

平柳のキャラがおもしろい。うまくいけば いきのいい外道みたいに化けそう。KENTAは容赦ないね。

第五試合 丸藤.杉浦 対 ブキャナン.デイビー

この試合はよかったですね。 デイビーの奮闘が試合をおもしろくした。ここまで見ていて、プロレスだけで客をわかせる 団体は必要だなと感じた。

第6試合 青木.力皇.秋山
 対 鈴木(鼓)小川.三沢

この試合は青木の頑張りにつきる。一生懸命試合していたのあの若手は だれも素晴らしい。

第七試合 ヨネ.森嶋 対バイソン.キース

文字通り肉弾相打つ闘い。森嶋が外人勢に うちまけない体を持っているのは本当に強み。 プロレスは肉体と肉体のぶつかり合いなんだという事を思い起こさせてくれる。

第8試合 宮原.中嶋.健介
 対 伊藤.本田.小橋

大小橋コール。いきなりの入場から健介と小橋のチョップ合戦。あとはもう数え切れないほどの チョップの嵐嵐嵐嵐嵐!!!!!!!!!!!!!! 冷房は効いていたんだけど、汗が背中から額から 滝のように流れる。その時間たるや、29分21秒。本当に凄かった。

試合後でまちをしてみた。 なかなかタイミングが合わない中、偶然 小橋とツーショットが撮れた。友人のあとおしに感謝したい。 誰とでもイヤな顔一つしない。それが素晴らしい。小橋のサインもらって、うるうるしていた子供がいた。 君、その涙をわすれるなよ。

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

au公式/ビデオパス

-プロレスよありがとう!クレイジーでモンスターな好事家がマニアに捧げるメモリアルブログ, プロレスリングNOAH観戦記, プロレス観戦記, プロレス観戦記復刻版

『FREEDOMS vs がむしゃらプロレス 対抗戦』